フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1)

第11回

フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1)

2019.04.12更新

 なんだか当たり前に足元にあって、地味で、取り立てて興味を持つこともない・・・そんな存在「土」。農業でもやっていない限り、特に「土」について考えたり、学んだりする機会もないかもしれません。

 『ミシマ社の雑誌 ちゃぶ台』でお百姓さんを取材したり、発酵について取材したりしてきたミシマ社ですが、ご多分に漏れず土についてはほとんど知らないことばかり。
 そんななかで、ある著者さんから興味深いを話を聞きました。
「農家さんを訪ねたときに、フカフカのお布団みたいな畑の土があって、寝転んでみたらめちゃくちゃ気持ちよかった」
 そんな土があったら、ぼくも寝てみたい・・・!!

 俄然、土に興味が湧いてきたミシマ社メンバーが偶然にも出会ったのが、藤井一至先生の『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』(光文社新書)という本。
 読んで一気に「土」の世界に引き込まれてしまいました。
 せっかくお庭もあるのだから、土についてもっと勉強して、「フカフカの土」を自分たちでつくれないか?
 そんな妄想にも似た夢を抱きつつ、まずは土についてのアレコレを藤井先生に教えてもらおう! ということでお話をうかがってまいりました。

 ここに、ミシマ社と「土との共生」の第一歩がはじまる!?

(文・池畑索季、写真・須賀紘也)

0412_1.JPG

学校では教えてくれない「土のはなし」

―― 『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』を読みました。文章がめちゃくちゃ面白くて、一気読みでした! まず、土(土壌)は地球にしかないという話があって、ガツンと衝撃を受けました。

藤井 月や火星には、岩や砂(レゴリス)しかないんですよね。土(土壌)には動植物の死骸が混ざっているけど、レゴリスにはそれがない。
 そもそも学校で土について教わる機会がないですよね。だから講演するときは、小学生相手でも、大学生や大人相手でも、同じスライドを使います。みんな情報ゼロからスタートなんです。

0412_2.JPG

藤井一至(ふじいかずみち)

土の研究者。国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所主任研究員。
1981年富山県生まれ。京都大学農学研究科博士課程修了。博士(農学)。

京都大学研究員、日本学術振興会特別研究員を経て、現職。カナダ極北の永久凍土からインドネシアの熱帯雨林までスコップ片手に世界各地、日本の津々浦々を飛び回り、土の成り立ちと持続的な利用方法を研究している。
第1回日本生態学会奨励賞(鈴木賞)、第33回日本土壌肥料学会奨励賞、第15回日本農学進歩賞受賞。

著書に『土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて』(光文社新書)『大地の五億年 せめぎあう土と生き物たち』 (山と溪谷社)など。

―― 本当に知らないことだらけですよね。藤井先生がそもそも土に興味を持ったきっかけはなんだったんですか?

藤井 僕が高校生だったころに、中国の人口増加で世界的に食糧不足になるという話がニュースで流れて、食糧問題を意識するようになりました。あと、ナウシカとかラピュタに土が出てきますよね。宮崎映画はなんであんなに土をクローズアップしてくれるんだろうと思うぐらいに。僕だけじゃなく、あれで土に興味を持ったという人は結構いると思います。「あ、土って大事なんだ」と。
 元々子どもの頃から岩が好きでした。それがだんだんと、土と岩がこんなに違うのはどうしてだろうという興味になっていって。似ても似つかないものに変わっていくことに対する興味ですね。それからちょっと打算的な部分もあって、岩の知識がある分、土を理解するのに有利じゃないかという・・・(笑)

―― アドバンテージですね(笑)

藤井 大学に入ってからは、もうちょっと技術的なことに興味が湧いてきました。
 中国の西の乾燥地帯にあるアルカリ性の土壌は、塩が噴き出した土で植物が育たないという問題がある。じゃあどうすれば育つようになるか? 
 元々中国では、燃料に石炭をいっぱい使うんですけど、そこで不純物の硫黄が余ってゴミに出ます。ゴミは、カルシウムと硫黄をくっつけた、いわゆる石膏です。その余った石膏を西の乾燥地へ持っていくと、ナトリウムの塩でいっぱいの土にカルシウムが混ざって、土がすごく良くなって作物が育つんです。その話を聞いた時、「おお、すごい! 土を改良するって素晴らしいことだな・・・ほう、土壌学というのがあるのか」と。だから最初は食糧問題をなんとかしようと思っていたんです。それで研究室に入ったんですけど、いざ入ってみたら「中国とか乾燥地は、うちではやっていない」と言われてしまって・・・。

―― それはショック・・・。

藤井 大学の時、森林のことなんかも勉強していたんですけど、木の名前は全然覚えられなかったので、木だけはやりたくないと思っていたんです。でもなぜか吉田山という裏山の森林について研究することになってしまって・・・まあ自分で選んだんですけど(笑)

困った酸性土壌の犯人は・・・

藤井 結局そんなに選択肢がなくて、裏山の森の土の成り立ちとかを研究することになった。しかもやってみると、そこは元々やりたかったアルカリ土壌じゃなくて、酸性土壌だった。

―― 全然思った通りに進まないのですね。

0412_3.JPG

藤井 でも実は酸性土壌というのも結構世界中にあるんですね。アルカリ土壌の地域って雨が元々少ないので、灌漑でもしないとあまり作物が育たないんですけど、日本みたいに雨が多いところは水が豊富でいっぱい作物が育つんです。だから農業では、むしろ雨がいっぱい降る地域のほうが大事なんですけど、雨が降ってしまうと、今度は土が酸性になってしまい、だんだんと収穫量が落ちていきます。それで酸性土壌も結構問題だと思って。どういうふうに酸性になるのか、どうしたら酸性になるのを遅くできるのか、というような研究をずっとやってきて、それをまとめたのがこの本(『大地の五億年 せめぎ合う土と生き物たち』(ヤマケイ新書))です。

―― 本の中で、土を酸性にする犯人が、実は植物自身だと書いてあって驚きました。

藤井 そうそう。でももっと言うと、やっぱり究極の原因は人間なんですね。僕たちは畑から取ってきたものを食べて、それをトイレに流してしまっていますよね。つまり畑に返していない。僕たちは食べたものから、カルシウムとか、いろんな生活に必要な栄養素を取り入れているんですけど、それを畑に返していないということは、それだけ畑から養分が失われているということです。僕たち自身が畑から栄養分を奪っているんです。
 養分をなんらかの形で返してあげないと、どんどん土が弱っていくという現実がある。結局自分たちが原因なんだ。植物や、人間、動物が、お前が畑を酸性にしているんだ、と。それって面白いことだなあと思って。

0412_4.JPG

文明は土壌に始まり土壌に終わる

藤井 森の土って酸性なんですけど、植物からしたらダメなことじゃないんです。木だったら大丈夫。そこでトウモロコシを育てようとしたら枯れてしまうけど、日本の在来の品種というのは実は酸性土壌に強いことが多いんですよ。
 でももし仮に、世界的に農業をどんどん単純化していこうということになると、日本の酸性に強いタネが、だんだん捨てられていく可能性もあります。昔はみんな好き勝手にいろんな植物を育てていたのに。
 もちろん効率化も大事なんですけど、これまでやってきた農業は、そこの気候とか、土に対応するものだったりするので、伝統農業も残ればいいなあと思うんです。グローバル化の中でも「そもそも土が違う」「気候だって違う」ということを忘れないでほしいなと。結構忘れるんですよ、人間って、ある程度のサイクルで。
 たとえば、メソポタミア文明というすごい文明があって、建物の遺跡だけはありますけど、なぜ廃墟になったかについては、みんなあまり知らない。それが『土の文明史』(デイビッド・モントゴメリー/著、片岡夏実/訳、築地書館)という本では、メソポタミア文明は土壌の侵食で終わってしまったと書かれているんですね。そしてそれは乾燥地の農業に依存している今の自分たちにも当てはまる話なんです。

文明崩壊は食卓から?

藤井 実は僕たちは小麦を乾燥地域から輸入しているのですが、そこではあまり雨が降らないのに、バンバン小麦を育てています。それは地下水を汲み上げて、撒いているおかげなので、一歩間違うと地面に塩分が集積してしまって、不毛の地になってしまうんですね。メソポタミア文明が土壌侵食で滅んだのと、同じ轍を踏むかもしれない。
 実際そういうリスクが高い場所に依存している状態はあんまり良くなくて、輸入小麦のパンを食べ続けていると結果的に、乾燥地にプレッシャーをかけていることになるんです。食卓やスーパーマーケットでの選択から、土壌侵食の問題ははじまっているはずなんですけど、あんまり実感として繋がってこないですよね。学校の社会科の授業で、「自給率が何パーセント」って覚えろとは言われるけど。
 もっとそういう意味でも、みんな土とのつながりを知っているといいかなとてほしいと思うんですけど、あんまり言うと説教じみた感じになっちゃう。

一同 (笑)

藤井 そこは僕も考えていて。僕の本をよかったって言ってくれる人に、「他の土の本は説教じみていてねえ」なんてよく言われたりするんですけど、「あっ、でも僕も中身はまったく同じです」「思っていることは同じで、表現を変えているだけなんです」というところがあって(笑)。土のことをもうちょっと理解してほしいなという気持ちが大元にはあるんです。

0412_4.JPG

(つづく)

編集部からのお知らせ

4/13(土)から、藤井先生の講座がNHK 文化センター町田教室で開催されます!
(月1回・全3回)

 土についてもっと掘り下げて知りたい!という方はぜひチェックしてみてください*

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

この記事のバックナンバー

04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ