「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

第25回

「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ

2019.09.04更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 突然ですが、今や「筋トレ」全盛の時代です。

「加齢のせいか、運動機能が低下してきた気がする」

「少し体型が気になるから、ダイエットしないと...」

「毎日デスクワークばかりで運動不足が続いているから何か対策をしたい」

 そういう思いから、まずは今晩筋トレでもやってみよう、そう思った方。

 あるいは、自分はそもそも筋トレに興味はないけれど、学校や職場で周りがこぞって「筋トレ」に励んでいる。テレビのコマーシャルやポスティングされたジムのチラシ、書店の目立つところに並ぶタイトルに目を向ければ「筋トレ」だらけ。「どうしてみんな、筋トレにハマるのだろう?」そんなことを思った方。

 先月末に発刊したミシマ社の最新刊『脱・筋トレ思考』は、あらためて筋トレの功罪を問う一冊です。これまで多くの人が筋トレによって身につけてきた「見た目の強さ」や「目に見える達成感」によってではなく、コツやカンをつかみ、からだの「しなやかさ」によってハイパフォーマンスを生む、そういう一歩を踏み出すためのヒントが詰まっています。

 ここで平尾さんによる「まえがき」を引用します。

現代スポーツには勝利至上主義や商業主義、過度な競争主義がはびこっている。勝利、カネ、ランキング上位といった、目に見えてわかりやすい目的を掲げ、それに向けてシンプルな方法で解決を図る考え方を、本書では「筋トレ主義」と呼ぶ。
(略)本書は、スポーツ界のみならずいつしか社会全体にまで広がり、知らず識らずのうちに内面化しつつある、この「筋トレ主義」を乗り越えるための思索である。複雑に絡み合った現象を、その複雑さを損なわないように根気強く紐解いてゆく思考を「脱・筋トレ思考」と名付け、その道筋を描いてみた。ーー『脱・筋トレ思考』まえがきより

 スポーツの場面に限らず、いまの社会を見渡してみれば、教育や仕事、日常生活においても知らずしらずのうちに蔓延する「筋トレ主義」があるように思います。

 そういう時代において、スポーツに取り組んでいる人、スポーツの現場に限らず、あらゆる状況で「教える」ことに従事する指導者や教育関係者、数字や勝ち負けだけで結果を判断されることに疲れてしまった人、何かで思うようにコツやカンをつかめずに試行錯誤している人...幅広い読者の方々にこの本をぜひ読んでいただきたいです。

 本書の「まえがき」は以前のミシマガ記事にて全文公開しておりますので、ぜひこちらをご覧ください。

まえがきを読んでみる

ミシマ社メンバー、ラグビー部潜入レポート

 さて、『脱・筋トレ思考』の編集作業が大詰めを迎えていた8月上旬、実際に平尾さんがラグビーの指導をする様子を見てみたい! ラグビーボール、ちょっと触ってみたい...! 本のなかで解説されている「スクリューパス」を教えてもらいたい! ということで、平尾さんが教鞭をとる、神戸の大学まで行ってきました。平尾さんはラグビー部で学生ラグビーの指導をおこなっています。向かったのはワタナベ、アライ、タブチ、ノザキの4名。

 午前中にもかかわらず、じっとしているだけでもジリジリと暑さが体力を奪う炎天下のなか、高台にある大学にたどり着いた頃にはもう全員汗だく。グラウンドの隅から練習を見学させてもらうことになっていました。

 ところが、です。グラウンドに着くやいなや、するする〜っと、なめらかにグラウンド中心へと颯爽と向かう一人の男子を目撃しました。


 タブチです。

 ミシマ社営業チームのタブチ、特技は「急に歌う」「急に走る」。しかも急に歌う唄は、オペラの一節であったり、急に走る速度は尋常じゃない速さであったり、という京都メンバーの1人です。

 「コンチワ」とでも言っているのでしょうか、ペコペコとおじぎをしながら、学生さんたちの輪に入り、気づけばダッシュの列に並んで、自分の番を見据えています。

 そのあまりのナチュラルさに驚いたのもつかの間。

 タブチは本気でした。

190904-1.JPGパスを受け取り、

190904-2.JPGそして走り出す

190904-3.JPG平尾さんにも立ち向かう(写真右側、ボールをもつのが平尾さん)

190904-4.JPG平尾さんは、やはり強かった

 練習メニューに全力で立ち向かい、パスを取り損ねると悔しそうに声をあげ、平尾さんにも果敢に向かうタブチ。しかしさすがは元ラグビー日本代表、するするっと走り抜いてしまうのでした。

 そして何より印象的だったのは、学生さんたちが、もうそれはそれは笑顔で、楽しそうに練習をしていたことです。楽しく、全力で取り組む。田渕は一緒に練習に参加させてもらい、見学している他ミシマ社メンバーもその姿を間近で見て、スポーツってこんなに楽しいんだ、そんなことを肌で感じて自然と笑顔になりました。

tabuchi.jpg平尾さんの教え子の学生さんたちに交じって練習に参加させてもらいました。試合形式の練習中に思ったのですが、ラグビーでは、野球のように仲間がいるところへボールを投げるのではなく、仲間の走るスピードを瞬時に判断し、仲間がそこまで走ってくると信じて空にボールを投げるスポーツだということに改めて気付き感動しました。また、平尾さんのステップも生で体感でき感激です。(田渕洋二郎)

watanabe.jpgカメラで平尾さんや生徒さんを追いましたが、ひとりひとり考えながら動くだけでなく、連携をとるために声を掛け合う姿が印象的でした。合間合間での活気、笑顔の絶えない練習風景に驚きました。(渡辺佑一)

arai.jpg自分自身、小中高とずっとスポーツをしてきたのですが、ばりばりの熱血・気合い・根性指導に辟易して心が疲れ、大学ではスポーツから離れました。平尾さんの文章を読んでいると、そうだよな、スポーツって楽しいんだよなって思えて、身体を動かすよろこびを感じます。で、そんな平尾さんが学生さんたちに指導をされている姿をみて、的確に言葉を伝えながらも、「怖くない(恐怖で指導しない)」指導者というものの大切さを深く思いました。無意識で身に染み付いてしまっているであろう、自分のなかの「筋トレ思考」、そろそろ脱したいなぁ。(新居未希)


 本書の内容が気になった方、ぜひ、お近くの本屋さんでお手にとってみてください。ミシマ社のオンラインショップ「ミシマ社の本屋さんショップ」でもお買い求めいただけます。

9784909394255.jpg

『脱・筋トレ思考』平尾剛(ミシマ社)

ミシマ社の本屋さんショップ

編集部からのお知らせ

平尾剛さんによる既刊『近くて遠いこの身体』好評発売中です。

『脱・筋トレ思考』とともに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

9784903908557.jpg

『近くて遠いこの身体』平尾剛(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ