「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

第72回

「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー

2021.06.29更新

 益田ミリさん作「今日の人生」が本誌で始まったのは、ちょうど本誌が「みんなのミシマガジン」と 誌名を改め、リニューアル創刊した2013年4月でした。以来、毎月、一度も休載することなく、続いております。この8年間で唯一、毎月掲載されている読みものでもあります。2017年4月には、連載を再編集して『今日の人生』という一冊になりました。そして、昨年10月に『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』が「ミシマ社創業15周年記念企画」として発刊。ともに装丁・デザインを大島依提亜さんに手がけていただき、抜群にかわいい本となりました。おかげさまで、累計12万部に迫る大ヒットとなっております。2021年6月30日(水)には、NHK総合の「おはよう日本」にて、「"コロナ禍の日常" 広がる共感」として2冊を特集いただきました。

 この「今日の人生」が来月(7月)2日に連載100回を迎えます。それを記念して、今回、著者の益田ミリさんへ特別インタビューをお願いしました!連載100回を目前に控え、益田さんはどんなことを思っているのでしょう? 益田さんにとって「今日の人生」とは?? ・・・などなど、とても面白いお話をうかがいました。ぜひ、ぜひご高覧くださいませ。

取材・まとめ 三島邦弘

jinsei12_shoei.jpg『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』

日常を描くということについて

――いよいよ「今日の人生」が連載100回を迎えるのですが、いまどのようなご心境ですか?

益田 ふつうの日常を描くことに、コロナ禍において、自分がすごく助けられているんです。いつも通りの小さな世界、たとえば遊歩道の花が咲いたとか、のら猫を見つけたとか。それが自分にとってこんなに大切になるとは想像もしてなかったので。

――コロナ前は、日常を描くことそれ自体はとりたてて重要とは思わずに描かれていた?

益田 もちろん重要ではあったんですが、これまで経験したことがない非日常の中で、日常のありがたみを噛み締めているという感じがします。

――このコロナ禍で、私自身、『今日の人生』、『今日の人生2』、そしてミシマガの連載を読むことが、すごく救いになっています。

益田 うれしいなぁ。『今日の人生』1と2を読み返したんですけど、1を久々に読むと、こっちが非日常になりつつあったのが、ちょっと怖かったです。
「あ、マスクしてない」、「こんな急に旅行とか行ってたんだ」みたいな。

――けっこう至近距離で会話をしていることとか(笑)。今はそれがないですからね。

益田 ね。
 コロナになってから実家には帰ってないのですが、1を読んでいると、「あ、母と一緒にご飯食べてる」とか、そういうことに驚いている。ご飯を一緒に食べるなんて、本当に当たり前のことなのに。そういえば、三島さんとも自由が丘オフィスで一緒に体操している漫画がありましたね!

――そうですよね。

kokyuhou.jpg『今日の人生2』、25~25ページ。ミシマガでの初出掲載日は2017年8月)

外に出れば、誰でも必ず描けるのが「今日の人生」

――ついに連載はこの4月から9年目に入りました。

益田 ちょうど、ミシマガがはじまるときにお話をいただいたんですよね。打ち合わせのときには、観た映画や読んだ本の話を書く、みたいなことでしたが、いざ描いてみると自分の日常全般だったという経緯だったと思います。それが9年って。

――あっという間だったような感じがします。

益田 連載100回とか9年目というのは、教えていただくまでまったく気づいていませんでした。気負いなく描いている漫画なので、余計に100回という感じがしないんです。けれども、連載をしたことによって自分自身が変わったとも感じます。街に出たときの世界の見方は、この連載の影響を受けていると思うんですよね。
 例えばなんですけど、子供の頃に「色鬼いろおに」ってしたことありますか?

――・・・あると思います。

益田 鬼の人が「赤」と言うと、街の中にある赤い色のものを触っていないと、鬼に「でん」ってされちゃう。「タッチ」って言うのかな? 大阪では「でん」って言うんですけど。その色鬼を始めようと言った瞬間に、世界にぱぁっと色が広がる瞬間があるんです。今までこの看板のこのおじさんのネクタイが赤だったとは気づかなかったとか、団地の階段の縁のところに黒い線が入っていたとか。普通に生活をしていたら見落としているんだけど、色鬼が始まった瞬間に、「あっ、あそこにも色がある!」という感覚になる。
「今日の人生」の連載が始まったことによって、日常の色がより鮮明に飛び込んでくるようになったと感じます。

――色が飛び込んでくるように、「今日の人生」の絵が飛び込んでくる・・・?

益田 そうですね。ひとんちのベランダに、ハロウィンの腐ったかぼちゃが置いてあるとか、ひょいっと目に飛び込んできて。

――なるほど(笑)

益田 そう、目に飛び込んできて、きっとその家ではすごく楽しいハロウィンがあったんだろうな、と思う。感情が少し増えるというんですかね。

――益田さんの目を通して描かれた光景がすごく気になって、自分が見たような感じになりますね。

益田 誰もが描けるのが「今日の人生」。わたしはわたしの「今日の人生」しか描けないので、三島さんの「今日の人生」もぜひ読んでみたいです。

――そう言ってくださいますが、実際にやろうとしてみると、やはり全然観察していないんですよね。

益田「色鬼、スタート!」と言われたら描けるんじゃないですか?(笑) 年中、鬼ごっこをしたまま生きている感じで。

世界から私にプレゼントがやってくることがある

――年中、鬼ごっこしたまま生きている感じかぁ・・・。

益田 本当に何気ないんですけど、例えば、満員電車の中で、リュックサックのポケットにアザラシの人形が入っていた漫画(『今日の人生1』、160ページ)。これも、鬼ごっこをしていないと、スルーしていたかもしれない。けど、「色」を探していれば、あんなに満員で苦しい中でも、良いものを見つけたという気持ちになれる。

――満員電車って、ただのネガティブなことになってしまうものですからね。

azarashi.jpg『今日の人生1』、160ページ)

益田 これを読んでくださった方が、なにかのときに、ちょっとしたものを見つけて、ちょっとほっとしてもらえたら何よりだなと思います。

――ほんの少し視点を変えるだけで、とたんに日常が気持ちよく流れていくことがありますよね。

益田 小学生の男の子が傘を逆さまにして雪を集めながら帰ってきたというシーンを偶然見かけました(『今日の人生2』、53ページ)。そういう時は、世界から私へのプレゼントじゃないかと思いました。こんな素敵なものを見させてくれて、今日はすごいプレゼントをもらったという気持ちになりますね。自分も嬉しいけど、その男の子が体感しているすごく楽しいひとときと自分の心が同期する。雪が傘に積もっているのがきっと彼は本当に嬉しいんだろうなぁという気持ちと、それを見て嬉しいと言う私の気持ち。この2つの気持ちが同時に広がります。そういう時は本当に世界が輝いて見えますね。

――2の帯(裏面)に掲載している漫画もすごくいいですよね。

jisei2_hyou4.jpg

『今日の人生2』、帯の裏面)

益田 世界から本当に良いプレゼントをもらったという気持ちがして、しばらく幸せな気持ちがつづきました。この人たちの顔はもちろん忘れているんですけど、これをいいなと思った時の自分の気持ちは覚えているから、今読んでもほっとします。

――益田さんがその光景に同期するように、読んでいるほうも益田さんにどんどん同期していきます。そうそう、『今日の人生2』に、「時刻が不正確だった電波時計を買い換えようと思ったとたん、正しい時間を指した」というエピソードがありますが(170~171ページ)、わが家でも同じようなことが起こったんですよ。

益田 うそー!

――こういうことは起こりうるんだなと思いました(笑)。

どんなビジネス書より『今日の人生』が効く

――あと、仕事で少し大変なことがあったりとか、ちょっと今辛いなという瞬間とかに、「今日の人生」の一言がすごく効きます。

「なんか/ビミューなズレがあるなと感じる人がいた場合、/積み重なっていくとかなりのズレが生じ、疲弊します/どこで気をつけておけばよかったのか?/と、振り返ってみるわけですが、/やっぱり/あそこなんや/最初に違うと感じたら、ずっと違うんやわ」(『今日の人生』、219ページより)

 そう! って思えるだけで、前進できます。

益田 ああ、よかった。心からそう思って書いた8コマでした。

「割り切って考える/って/なんなのでしょう?/たとえ割り切れるのだとしても/わたしの中の/この、/割り切りたくない気持ちは」(『今日の人生2』、p18-19)

――「割り切りたくない」。この一言が挟み込まれているだけで、滞っていたものを流してくれますし、ストッパーにもなり、すごく助けになります。

益田 私自身も、「ちょっと聞いてくださいよ~」という気持ちで描いていることが多いです。「嫌いな人と許せない人はちがう」とか、「無理して笑って疲れるのって、全責任自分やな、と思った」とか。読んだ方はこれをどう受け止めるんだろう? と思いながらもやっぱり聞いてほしいという。

――よく言ってくださった、という感じだと思います。そういう気持ちって、コロナの前とか後とかにかかわらず、なかなか言語化できないで自分の中に溜めて、自分の中に滞っていた部分が流れるという感じがあります。
 すくなくとも私は、どんなビジネス書よりも今日の人生だ、と思っています。

益田 まじですか。

一日中、家にいても何も起こらない日はない

――『今日の人生2』の212ページに、去年の7月の時に「2月14日に仕事の打ち合わせをして以来/7月3日の今日まで電車もバスも乗らずステイホームの日々」とありますが、その回の最後に「その後、再び200人超え」とあるんですよね。ここからさらに1年近く経って、今は誰も200人じゃ驚かなくなっている。そのことに改めてすごく驚きました。

益田 そうですね。連載中に急にマスクの顔になり、それが今もつづいています。単行本の大島さんのデザインではマスクだけが白になっていて、はっとしましたね。

whitemask.jpg『今日の人生2』、194ページ)

――今もその渦中にあるわけですけど、「今日の人生」って益田さんにとってどんな存在になっていますか? 

益田 なんにもない日はないんだな、と思える連載かな。一日中、家にいることもあるわけですけど、何も起こらない日はないんですよね。ゴロ寝して終わったとしても、ゴロ寝をしながら何かは思うわけで、何も書くことがないという日はやっぱりない。そういうことに気づかせてくれる連載ですね。

――7月2日に連載100回になりますが、これから150回、200回という時にまたお話を伺えるとすごく嬉しいですし、それを楽しみにさせていただきたいと思います。今日はありがとうございました!

益田 ミリ(ますだ・みり)
1969年大阪府生まれ。イラストレーター。 主な著書に、『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』『しあわせしりとり』(以上、ミシマ社)、『すーちゃん』シリーズ(幻冬舎)、『こはる日記』(KADOKAWA)、『アンナの土星』(角川文庫)、『僕の姉ちゃん』シリーズ、『スナック キズツキ』(マガジンハウス)、『沢村さん家のこんな毎日』(文藝春秋)など。共著に、絵本『はやくはやくっていわないで』『だいじなだいじなぼくのはこ』『ネコリンピック』『わたしのじてんしゃ』、2コマ漫画『今日のガッちゃん』(以上、平澤一平・絵、ミシマ社)などがある。

編集部からのお知らせ

ついにミシマガ連載「今日の人生」が連載100回目!

banner210629.jpg

 7月2日、「今日の人生」が連載100回目を迎えます。益田ミリさんが受け取られた「世界からのプレゼント」を私たちも受けとりましょう!

連載ページはこちら

NHK総合「おはよう日本」にて『今日の人生』を紹介いただきました!

9784909394415.jpg

 6月30日(水)のNHK総合「おはよう日本」(7:45~8:00、関東甲信越エリア)にて『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』をご紹介いただきました! 「“コロナ禍の日常” 広がる反響」として、読者の方々から寄せられた反響や、ミシマ社代表・三島のコメントも取り上げていただきました。この機会に、ぜひお手にとっていただけますと幸いです!

『今日のガッちゃん』「原画帯」付き書籍を限定販売します!

gengaobi1.jpg

 益田ミリさん(作)・平澤一平さん(絵)による『今日のガッちゃん』を、「原画帯」付きで数量限定販売しております! 益田さんと平澤さん直筆のとってもかわいい帯をまとった特別な書籍、ぜひ、お手にとっていただきたいです。
 お求めいただけるお店はこちらです。(無くなり次第終了となります)
 ・京都市 誠光社
 ・枚方市 枚方蔦屋書店(7月8日(木)~)
 今後、ほかの本屋さんでも展開予定です。詳細は近日中にミシマ社HPにてお知らせいたします!

gengaobi2.jpg

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

11月24日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(2) ミシマガ編集部
11月23日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(1) ミシマガ編集部
11月18日
第87回 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!! ミシマガ編集部
11月05日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(後編) ミシマガ編集部
11月04日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(前編) ミシマガ編集部
10月26日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(2) ミシマガ編集部
10月25日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(1) ミシマガ編集部
10月20日
第84回 『思いがけず利他』本日発刊します! ミシマガ編集部
10月19日
第83回 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊! ミシマガ編集部
09月26日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(2) ミシマガ編集部
09月25日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(1) ミシマガ編集部
09月22日
第81回 『くらしのアナキズム』、いよいよ発売です! ミシマガ編集部
09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ