特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談  「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1)

第73回

特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1)

2021.07.07更新

 2021年5月28日『菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案』の発売日当日、平川克美先生をお迎えして、タルマーリーのお二人との鼎談イベントをMSLive!にて開催しました。

4909394516.jpeg『菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案』渡邉格・麻里子(ミシマ社)


 身体を張った実践が先行して理論が後からついてくる、アドベンチャー好き、小商い実践者、フライング人間・・・等々、平川先生と格さんには共通項が次々と浮かびあがり、文化としてのタルマーリーのパンやビールの話から、小商いという生き方の話まで、まさにイベントタイトルどおりの「クレイジーで豊かな小商いのはなし」が繰り広げられました。
 ミシマガジンでは2日間にわたり、その模様の一部をお送りします。

498294a157cdcedb1f13.jpeg

最初から最後までおもしろく、泣く泣くカットしたところもたくさんありますので、ご興味のある方は、こちらから、アーカイブ配信(有料)もお楽しみくださいませ。

構成:星野友里

タルマーリーは一つの事件

―― 本書はいかがでしたでしょうか?

平川 面白かったですね。いやぁ前作(『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』)も衝撃だったけど、なんていうんだろうね、もう、タルマーリーっていうのは存在自体が一つの事件だよね。

9784062817141_w.jpeg『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 タルマーリー発、新しい働き方と暮らし』渡邉格(講談社+α文庫)

格・麻里子 (笑)。

平川 理論書を書くような頭のいい人はたくさんいるけど、身体張ってここまでやってる人っていうのは・・・まあ俺も身体張ってるんだけどさ、気合いの入り方が違うよね。すごいなと思いますよ。渡邉家っていうものが、僕にとっては格と麻里子だけじゃなくてね、ひかるとさ、それからもこ。この四人の家族の話ですよね。アドベンチャーファミリーがさ、いろんな困難に突きあたりながらも濁流を下っていくような、そういう爽快感があるよね。こういう感覚は、タルマーリーからしか受けたことがないんですね。

格・麻里子 ありがとうございます。

平川 水の綺麗なところで育つと、ああいう子が育つのかなあっていうことをね、思いますよ。本当に素晴らしい実践だと思ってます。

 ありがとうございます。今回この対談企画が組まれたあと、『小商いのすすめ』『「消費」をやめる』『21世紀の楕円幻想論』と、平川先生の三部作をあらためて一気に読んだんですけどね、先生が仰ってることを俺はやっているんだと思いました。すごく通底する部分がいっぱいあって。

IMG_8717.JPG

平川 そうだね、うん。

 今回の本を書くにあたり、最初は、画一化してどんどん世の中が暗くなっていく中で、多様化を進めなきゃいけないんだ、と考えて書き始めたんです。でも、『21世紀の楕円幻想論』で先生が書かれているように、途中で、いやいや多様化も画一化も全部同じ道だと、そこに気づきました。書くことを通して、中道に落ち着いたというか、肩の力が抜けて自然になったというか、自分らしくなっていったような感じがしています。

0707-11.jpg

ビールの風味は文化に直結している

平川 最近、連載している関係もあってね、毎月温泉に行ってるんですよ。若いときはいわゆる高級旅館というのにも行っていたけどさ、みんな同じなんだよね。で、だんだん飽きちゃって、もうぼろ宿と言われるようなところにしか興味がなくなっちゃって。旅行に行くっていうのはやっぱりどこかアドベンチャーを求めて行ってるんだよ。

 本当に、それって商品にも言えます。本にも書いているんですけど、たとえばビールなんかも、今流行っているものを追求してつくり始めると、みんなおんなじ味になっていっちゃうんですね。

平川 前にね、澤乃井の創業社長に話をうかがったことがあって。日本酒は端麗辛口という水のような酒がどんどん好まれるようになっていったけど、あれは、食いもんが変わっていったんだと。かつては、血が滴ったような鰹なんかの刺身を食べてた。それには濁り酒みたいなのが合うらしいんだよね。
 そして食い物が変わっている背景には、その人たちの生活が変わっているんだと。で、まさにそれが文化なんですよ。わかりやすくて、強い特徴がなくて、なおかつドライで、そういうものを、我々はどんどん志向してきた。だから、野生人である渡邉さんがつくるビールがドライビールじゃまずいわけだよ。渡邉さんのビールの背景には、ある種、モダンに対する非常に強い抵抗と言うのかな、そういう文化がやっぱりあるんだというふうに僕は思いますけどね。

 仰るとおり、大手の会社は、薄くてドライなビールづくりをするようになっていったと思います。一方で、クラフトビールはそれに逆らうように、もっと味が濃くてホップがあってうまみが強いものを追求するようになって、二極化していったんです。
 私自身は、何をつくればいいんだろうと考えたときに、生活の中で皆さんの価値観を広げるようなビールづくりがしたかったので、第三極に向かったんですよね。それがすっぱいビールであったり、そして水のようにずっと飲み続けられるビール、一応目標は飲んでも酔わないビールをつくりたいというね。これは冗談ですけど。

平川 いや、確かにあんまり酔わなかったなあ。すごく飲みやすかったですよ。

 ありがとうございます。最終的には薄味の食べもの、自然、野生から正しくうまく仕入れたものと合うビールをつくることによって、そういう食卓が増えていけば環境にもやさしくなるという、そんなことをやってみようと思って、ビールを開発していきました。

共通点は「フライング人間」なところ

平川 格さんが突飛なことをやるじゃないですか。今の日本の中でさ、仕事としている以外で自分で井戸を掘るやつたぶん100人もいないと思うよ。

麻里子 穴掘るの大好きなんですよ(笑)。

 本を読んでない方はたぶん、なんの話だと思うと思うんですけどね。そう。穴を掘るのは大好きで、昔から掘ってましたね。

平川 タルマーリーというお店自体がそうなんだけどさ、パンをやって、それからビール。あまりに無計画というか。そういうひらめきがあるんですか?

 自分の中でひらめいては消えひらめいては消えがあるのですが、5年くらい前に温めてたものが急に「今だ! 今しかない!」ってなるんですね。

平川 麻里子さんはそのへんどうなの? やめといたほうがいいんじゃないの? とか言わないの?

麻里子 私は結構心配性だし、前もって準備をしておくタイプなので、結婚したころは「もうちょっと考えてからにしよう」っていちいち言ってたんですけど、言っても意味がない、聞かないので、もう諦めて。でも結局、私が協力しないと物事がうまくいかないので、「ふ~ん」って言いながら誤魔化していると、そのうち諦めるということを私も覚えました。だんだん「それやったほうが良いかも」って思えるようになったら、一緒にやり始めますけれども。

平川 普通ね、職人さんってやっぱり言葉を持たない人が多いんですよ。どっちがいいとか悪いっていうんじゃなくてね。格さんの場合は言葉を持ってるから。ただ普通の人は最初に言葉で考えて、ビジネスプランなんかつくっちゃうんだけど、そうじゃなくて、むしろ最初に何か直感的に始めてしまう。それであとから「なんでおれはこっちの道を来たのか」というのを言葉にする作業が後追いで出てくるっていう感じがして、そこはある意味ぼくと全く一緒なんですよ。

 結局、新しい局面を迎える時に、自分のなかでドーパミンが出てワクワクして、それが幸せだと思っているので、定常的にお金が入ってくるとかもあんまり興味ないし、大きくなるっていうのも全然興味ないしというのはあるんです。あらためて著作を読んでみると先生も全く同じだなあと思って。

平川 直感って言うと格好いいんだけど、フライング人間なんだよね。もう号令が鳴る前に飛び出しちゃって。それであとからそれを正当化する涙ぐましい努力をしている(笑)。なんかね、アドベンチャーがないとね、生きてる実感がしないの。

編集部からのお知らせ

『菌の声を聴け』の「はじめに」を全文公開しています!

ミシマガ記事『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介!にて、「はじめに」や渡邉格さんのコメント、CM動画など公開中!

雑誌『ちゃぶ台7』にタルマーリーのお二人が登場!

chabu7_shoei.jpg

『ちゃぶ台7 特集:ふれる、もれる、すくわれる』

インタビュー「お金を分解する」でお二人にお話をうかがっています!

渡邉格・麻里子(タルマーリー) ×大橋トリオ×ナガオカケンメイ のトークイベント、アーカイブ配信中!

本屋B&Bさん主催で開催された『菌の声を聴け』刊行記念イベント「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届ける ものづくり~ 」のアーカイブ動画を配信中です!

詳細はこちら

タルマーリー×小倉ヒラク 『菌の声を聴け』書籍発売記念イベント(発酵デパートメント主催)が開催となります!

1280Web_37_1024x1024.jpgちゃぶ台 Vol.4』にもご寄稿くださった発酵デザイナーの小倉ヒラクさんと、タルマーリーのおふたりのオンライン対談イベントが8/2(月)に開催となります。

詳細はこちら
(発酵デパートメントホームページ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ