『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

第94回

『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

2022.03.03更新

 3月11日(金)に、内藤正典さんの『教えて!タリバンのこと 世界の見かたが変わる緊急講座』を発刊します。
 2021年夏、アフガニスタンから米軍が撤退し、タリバン政権が樹立されました。「怖がる前に、まず、タリバンについてちゃんと知りたい」と思った私たちは、内藤先生にオンライン講座をご依頼。報道とはまったく異なる視点からの講座は大反響をいただき、書籍化の運びとなりました。
『教えて!タリバンのこと』は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える、今まさに多くの人に手に取っていただきたい一冊です。
 本書の刊行を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。
 復権から半年を経た、現在のタリバン政権の状況は? アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている?
 いつも「別の見かた」を探り、「つながり」のなかで考えつづけることが、これからの世界を生き抜く力になる。その確信をもって、本記事をお届けします。

後編はこちら

(取材・構成:角 智春、取材日:2022年2月28日)

tariban_shoei.jpg

『教えて!タリバンのこと 世界の見かたが変わる緊急講座』

タリバン復権から半年。今のアフガニスタンは?

――『教えて!タリバンのこと』のもとになったオンラインイベントは、2021年夏にアフガニスタンで首都カブールが陥落し、タリバンが復権した直後に行われました。政権発足から約半年が経ちましたが、今はどのような状況でしょうか?

 タリバンの国づくりは、まだあまり進展していません。ただし、教育を再開する動きもありますし、わりと安定して政権の基盤をつくりはじめているように見えます。国際社会は、アフガニスタン・イスラム首長国(=タリバン政権)を正式な政権としてまだ承認していません。
 諸外国からの経済援助が途絶えたため、現地の人道的状況は非常に厳しいです。国連の諸機関や人道支援団体は、冬の寒さが厳しいこと、燃料や食料が不足していることから、アフガニスタンへの緊急支援の必要をずっと訴えていました。アメリカは、国内にあるアフガニスタンの凍結された資産を人道支援のために使うことを決めました。
 ただし、バイデン政権は、この資産のうち半分を、9・11の犠牲者のために使うと言っています。これは筋が通らないですよね。『教えて!タリバンのこと』でも書きましたが、9・11を起こしたのはタリバンではありません。アメリカはまだ間違った認識のもとに行動しています。
 国際社会は、もう決して、タリバン政権を認めないという空気ではなくなってきているんです。認めざるを得ないということをわかっている。国際社会の要求を広く受け入れた仕組みの国が作られるか、見守っている状況です。
 アメリカは、2021年8月のアフガニスタンからの撤退について国内外から厳しい批判を受けました。タリバン政権を承認することは、自らの「負け」を認めることになりますし、バイデン政権の支持率低下にもつながるでしょう。そのため、すぐには認めることはできないという姿勢を保っています。EU諸国の態度も同様です。

photo1-1.jpg(内藤正典先生)

アフガニスタンから見た、今の愚かな世界

 最新の国際情勢をアフガニスタンの側から見てみましょう。
 1979年から10年間、ソ連がアフガニスタンに侵攻しました。アフガンの人びとは抵抗し、10年かけて撤退させました。ソ連に抵抗したムジャーヒディーン(=ジハードの戦士)のなかには、タリバンも含まれていました。アフガニスタン側がソ連に勝ったわけですね。
 その数年後の1991年に、ソ連は崩壊しました。世界はこれを冷戦の終わりと捉え、アメリカは自分たちが冷戦に勝ったと思い込みました。
 そうしたらこんどは、2001年の9・11後に、アメリカとNATO(北大西洋条約機構)がアフガニスタンに踏み込んだ。20年にわたって紛争をつづけ、最終的に撤退へと追い込まれます。
 そして、アフガニスタンの米軍撤退から半年後、ロシアがウクライナに戦争を仕掛けました。冷戦で社会主義圏が自滅したあと、世界秩序のトップを自認したアメリカは、アフガニスタンに侵攻し、イラク戦争も起こし、結局失敗した。アメリカとNATOが弱体化したことを、ロシアは見透かしていたのです。
 世界の覇権をだれが握ろうとしたにせよ、あまりに愚かと言うほかありません。
 これが、アフガニスタンから見た世界です。私たちはこういう世界の見かたをまったくと言っていいほど知りません。

プーチンは欧米の再結束を予測してなかった

 トランプ政権期のアメリカも、プーチンのロシアも、中国も、「帝国」として登場しています。夜郎自大で、自分中心に動き、多国間協調を捨ててしまったということです。バイデン米大統領は協調を復活させると言いましたが、もはや欧米は昔のようではなく、分裂に次ぐ分裂を繰り返したあとでした。
 今回のウクライナ侵攻についても、アメリカとEUにははじめから温度差がありました。アメリカは遠くからロシアを批判しているだけで、ヨーロッパはその主張になかなか同意しなかった。EUはロシアへの資源依存度が高く、たとえば天然ガスは4割程度をロシアに頼っています。だから、アメリカに遠くから吠えられても困るという姿勢でした。
 さらに、EU内部も分裂していました。東欧のポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリーは「ヴィシェグラード4カ国」といって、2004年に新しくEUに参加した国です。これらの国は、もともとEUにいたドイツ、オランダ、フランスなどとのあいだに相当な溝がありました。ハンガリーのオルバーン首相は、事あるごとにドイツやフランスに引きずり回されるのは嫌だと表明していました。
 プーチンはこの状況を見越してウクライナを攻めたといえます。

 さきほどの「アフガニスタンからの世界の見え方」の続きをお話ししましょう。
 プーチンは失敗します。なぜならば、アメリカ、NATO、EUの関係を、今回の戦争によって再びくっつけてしまったからです。
 これまで平和路線をとり、軍備を拡大しないと言っていたドイツは、先日(2022年2月27日)1000億ユーロを国防費に充てることを決めました。ドイツがこれほどの軍備増強に乗り出したのは、第二次世界大戦以降はじめてのことです。プーチンは、不用意にウクライナに踏み込んだことによって、アメリカやヨーロッパをひとつにまとめ、軍備を増強させるという失敗を犯しました。これは期せずして起きた変化です。
 ロシア国内でも反戦運動が起きています。プーチンがやっていることに対して、「ここがロシアの見せ場だ」などと思っている人は多数派ではありません。とてもじゃないけれど、ロシア国内をまとめてプーチン支持へと動かすことはできない。
 愚かですよね。1979年にソ連はおなじことをアフガニスタンに対してやって、抵抗されて、滅びたのです。アフガニスタンの人びとは、まだ懲りずにこんなことをやっているのかという感覚を持っているでしょう。

「政治に口を出すのはやめよう」

 今、世界中がロシアに制裁を下しています。空路が絶たれ、ロシアの人びとは外に出られなくなりました。彼らが持つクレジットカードの大半は、国外では使えなくなるでしょう。人もお金も動けなくなれば、人びとのあいだで不満が高まります。スポーツ、芸術、あらゆる面での交流も止められています。プーチンは自分の力を誇示したかったのでしょうが、国民がそれについてきていないということさえ見えていませんでした。
 ロシアは独裁国家であり、反対意見を暴力によって封殺しています。私たちはこれを、ロシアが民主主義や自由を否定していると批判します。
 それはそうなのですが、一度、ロシアの若者たちの視点に立ってみてください。こんな状況では、だんだんと「政治に口を出すのをやめよう」と思うようになっていくでしょう。
 私たちは独裁に抗って戦ってくれる人の姿を見たがるけれど、実際にそこに生きている若い人たちからしたら、「そんなことよりも、とにかく生活だけちゃんとさせよう」という感覚になります。つまり、アポリティカルな(政治に関わらない)状態です。プーチン本人が、政治から若者を離してしまったのです。ロシアの若者がついてこなくなることで、プーチンの権力が弱まることを私は期待します。

「別の視点からは世界がどう見えるか」を探るために

 どの立場から見るとどう見えるのか、ということを冷静に考える必要があります。今起きていることは、ロシアやウクライナや欧米諸国だけに関わることではなく、世界を巻き込んで起こっていることです。
 世界を巻き込んでいるのだから、「どこを支持するか」という思考に陥るのではなく、「別の視点からは世界がどう見えるか」ということがわからなければなりません。
 ロシアは日本の隣国です。では、日本はどうするのかということを考えたときに、なんらかのかたちが見えてくるでしょうか。とくに今の若い人たちは、ある地域で問題が起こっているときに、世界から見る視点、そして、主流の言説とは違う視点がないのかを探さなければ、生きていけなくなってしまうだろうと思います。
 私はこの間ずっとトルコの報道を見ていましたが、すべてのニュースメディアが、22日あたりから24時間ウクライナのことを報じていました。アフガニスタンのカブール陥落のときもそうでした。情報量も分析力も、トルコの報道のほうが日本をはるかに上回っています。中東だろうと、東アジアだろうと、ラテンアメリカだろうと、何かが起きたときには、現地で、リアルタイムで情報を取ってこなければなりません。それができなければ孤立してしまいます。
『教えて!タリバンのこと』は、タリバンという、ある意味で世の中から嫌われまくった存在が何を考えているのか、ということを知るきっかけにしてほしいと思って書きました。アフガニスタンのことに詳しくなってほしいのではありません。本の後半ではヨーロッパとイスラムの関係に言及しましたが、これは、イスラム世界との対立の問題が、世界を舞台にしてずっと続いてきたことを知ってもらうためです。そのうえで、結果的に欧米側が中東から撤退していることをどう捉えるのか、考えてもらえたらと思っています。
 半年以上経てば、タリバン復権のニュースがあったことは忘れられていくでしょう。すると、「タリバンは悪いやつだったな」といったような、曖昧な印象がわずかに残るだけになります。
 さきほど申し上げたように、「アフガニスタンからは大国がどう見えるのか」といった視点が必要なのです。愚かな人たちは軍備増強が最優先だなどと言い出すでしょうが、軍備だけでやっていけるわけがありません。その前に、もっと世界を知らなければならない。
 そのための一冊として、『教えて!タリバンのこと』を世に問いたいと思います。

(後編につづく)

編集部からのお知らせ

内藤先生とウスビ・サコ先生が対談されます!

ms220323-1.jpg

『教えて!タリバンのこと』の刊行を記念して、3/23(水)19:00から、内藤正典先生と京都精華大学学長のウスビ・サコ先生にご対談いただきます!
 アフガニスタンでのタリバン政権樹立、相次ぐテロ事件、移民や難民の急増・・・こうした出来事が次々と起こる今の世界。私たちは、偏った報道や知識から距離をとり、「わからない」「なんかこわい」という感覚から一歩外に踏み出して、「これからの世界の見方」を持たないといけないのではないでしょうか。
「国際社会」の構図も、日常の景色も、どんどん変わって見えてくる。そんな世界との向き合い方を、両先生とともに考えます!

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

この記事のバックナンバー

05月26日
第101回 平川克美×松村圭一郎対談「アナキズムを実践したら共有地ができた!?」(前編) ミシマガ編集部
05月21日
第100回 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(後編) ミシマガ編集部
05月20日
第100回 特別鼎談「共有地としての一冊!取引所」(前編) ミシマガ編集部
05月05日
第99回 前田エマさん初の著書『動物になる日』を発刊します! ミシマガ編集部
04月29日
第98回 『書こうとしない「かく」教室』特集第3弾 午後の部「いしいしんじの作文を『かく』」を書店員さんに実践してもらいました! ミシマガ編集部
04月26日
第97回 祝!『書こうとしない「かく」教室』書店先行発売スタート!! ミシマガ編集部
04月14日
第96回 いしいしんじ『書こうとしない「かく」教室』がまもなく発刊!そして、祭です。 ミシマガ編集部
03月19日
第95回 『舞台のかすみが晴れるころ』刊行記念 有松遼一さんインタビュー(後編) ミシマガ編集部
03月18日
第95回 『舞台のかすみが晴れるころ』刊行記念 有松遼一さんインタビュー(前編) ミシマガ編集部
03月04日
第94回 『教えて!タリバンのこと』発刊特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(後編) ミシマガ編集部
03月03日
第94回 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編) ミシマガ編集部
02月22日
第93回 『共有地をつくる』発刊特集 隣町珈琲のはなし(後編) ミシマガ編集部
02月21日
第93回 『共有地をつくる』発刊特集 隣町珈琲のはなし(前編) ミシマガ編集部
02月04日
第92回 『その農地、私が買います』刊行記念 久美子さんとチンさんの「農LIFE、どうLIVE?」(後編) ミシマガ編集部
02月03日
第92回 『その農地、私が買います』刊行記念 久美子さんとチンさんの「農LIFE、どうLIVE?」(前編) ミシマガ編集部
01月19日
第91回 『気のはなし 科学と神秘のはざまを解く』発刊!! ミシマガ編集部
01月05日
第90回 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(後編) ミシマガ編集部
01月04日
第90回 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編) ミシマガ編集部
12月22日
第89回 丹野杏香さんインタビュー「静かで動的な『形』を探して」(後編) ミシマガ編集部
12月21日
第89回 丹野杏香さんインタビュー「静かで動的な『形』を探して」(前編) ミシマガ編集部
11月24日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(2) ミシマガ編集部
11月23日
第88回 中島岳志×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 「思いがけず発酵」(1) ミシマガ編集部
11月18日
第87回 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!! ミシマガ編集部
11月05日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(後編) ミシマガ編集部
11月04日
第86回 タルマーリー×三砂ちづる×竹内正人 『菌の声を聴け』発刊記念トークイベント~発酵、身体、生き方~(前編) ミシマガ編集部
10月26日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(2) ミシマガ編集部
10月25日
第83回 ドミニク・チェン×安田登「これからのクリエイティブには「三流」がいる!」(1) ミシマガ編集部
10月20日
第84回 『思いがけず利他』本日発刊します! ミシマガ編集部
10月19日
第83回 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊! ミシマガ編集部
09月26日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(2) ミシマガ編集部
09月25日
第82回 最相葉月×仲野徹「笑う門には人生案内!」(1) ミシマガ編集部
09月22日
第81回 『くらしのアナキズム』、いよいよ発売です! ミシマガ編集部
09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
05月01日
中村明珍×安孫子真哉 対談に寄せて(宅イチローさん) ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月18日
珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ