『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1)

第35回

『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1)

2020.01.29更新

 こんにちは。ミシマガ編集部です。

 明日1月30日に、尹雄大さんによる『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』を刊行します。多くの人がわだかまりを感じるような出来事について、そのモヤモヤした気持ちの正体をていねいに探ります。はじめに言っておきますが、本の中に書かれていることは、わかりやすい問題解決のためのノウハウでもなければ、ある出来事を善し悪しでスパっと判断することもしていません。複雑なものは複雑なままに、白黒つけられないところにとどまる足腰の強さを手に入れるためのリハビリの一冊です。

moya_shoei-1.jpg

『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』尹雄大(ミシマ社)

 さて、今日の特集テーマはタイトルにもある通り、この本の著者である尹雄大さんについて。何度も何度も原稿のやりとりを重ね、ついに校了を迎えた日。担当編集Nは集中していた力が一気に抜け、ふと思ったことがありました。

「あれ、尹さんってどんな人・・・?」

 ミシマガジンでの連載時から長らく原稿のやりとりをしていたにもかかわらず、尹さんのことを全然知らない・・・急にそんな気持ちになりました。これまでの端的なメールのやりとり、緻密な文体、冷静でシュッとした雰囲気・・・私のイメージはそれぐらいで、お会いしたことはあっても、そもそもインタビューを生業とすることになったのはどうしてなのだろう? そういう話をすることがこれまでなかったのです。

 ということで、インタビュアー&ライターの尹さんにインタビューを挑むことにしました。張り詰めた緊張感を抱えながら迎えた当日。あまりにも予想外のエピソードが多く、爆笑しながらお話をうがかいました。尹さんのことをご存知の方も、はじめて知るという方も、尹さんの正体、お楽しみください。

(聞き手・構成:野崎敬乃、写真:岡田森)

yoon.JPG

思いがけず、パチンコ店で働くことに。

――今日は、尹さんがインタビュアー・ライターとして活動をされるに至る前のお話から伺いたいと思っています。

 僕は就職氷河期の第一世代なんですけど、大学を卒業して、唯一拾われたのが東京にある食品メーカーでした。そこには料理本などを出している出版事業部というものがあったんです。出版に興味があったので、配属されるかなと思ったけれど、レジャー事業部に配属されました。ボーリングやサウナ、パチンコ、ゲームセンターなどを扱っていて、僕はパチンコ部門に回されました。人事担当者に「なぜですか?」と理由を聞いたら、これからのパチンコアミューズメントというのは、マクドナルド並みの接客を目指したいと。そのためには哲学が必要だと言われて・・・。僕は哲学科出身だったんです。

――すごい理由ですね(笑)。

 それまでパチンコをしたこともありませんでした。実際、働いてみるとまず開店から閉店まで毎日来るお客さんがいたことにびっくりしました。ド派手なニットのセーターにスモークの濃度も濃いサングラスをかけた人とか、ずっとタバコを吸い続けて隣同士で喋ることと言えば、芸能とかギャンブルに関すること。とにかくこれまでの僕の人生で深く交わったことのない人たちでした。毎日足を運んでくる人たちのおかげで給料をもらっているわけです。その人の人生について何も知らないのに、あまり尊敬できなかった。
 ある時、「大当たり中」に機械のトラブルで玉が出なくなったことがありました。そのお客さんに「どうなっているんだ」と言われて、対処しようとしたんですけど手のつけようがない。同僚に塩田くんというアルバイトの大学生がいたんですけど、その子に応援を頼んだら、彼は一旦電源を落としたんです。すると、お客さんが「おい!電源を落としたら今の大当たりはどうなるんだよ」って言った。すると、塩田くんがニヤっと笑いながら、「お客さん、俺らこれで飯食ってるんすよ」と言ったんですよ。彼がトラブルを直して、大当たりは続行です。その不敵な笑いと手際の良さに内心「プロだ」と思って、それに比べて自分と来たら何もできていない。次の日に辞職願いを書きました。3カ月の短い会社員生活でした。

――出版事業部への関心からは、予期せぬ展開ですね。

編集に興味がある、でも早めにつまずいた。

 パチンコ店を辞めたあと、編集の勉強をしようと思って、水道橋にあった日本エディタースクールの夜間コースに入りました。当時はまだコンピューターが導入されて間もない段階で、級数とか字送り、歯送りを計算してやるんですけど、それがまったくできない。

――そうなんですか。すごくきっちりやられそうなイメージがあるのに・・・。

 数字が苦手で、そういう事務的なことができないんです。うわこれはダメだ、自分には向いていないと思って2カ月位で辞めました。

――見切りが早いですね(笑)。

 そのうちにテレビ制作会社で働いている大学時代の先輩から「うちでバイトをしないか」と誘われ、そこでADとして働き始めました。

――一貫して出版とか編集とかテレビとか、メディアに興味がある感じがします。

 興味はあるんだけど、とにかく基本的なことができない。AD時代も本当にポンコツで、今だと何かの診断名が付けられると思います。収録の本番中にインカムを付けたままトイレ行くとかありえないでしょ? 上司に「何やってんだ」と聞かれても平然と「トイレに行きたかったんです」と言ってましたね。当時の僕を知っている人は、最近イベントで人前で話す姿を見て、「あんなにポンコツだった人が」って感慨深くて涙が出てくるらしいです。
 会社の中でも「あいつ使えないしどうするんだ」という話になっていたそうです。でも社長にはなぜか気に入られていました。

――わかる気がします。

 赤坂に会社があったんですが、テレビ局も近いから接待があるんでしょう。時々、オフィスに電話がかかってきてお店に呼び出される。頼んだけれど手付かずの料理がたくさん並んでいるわけです。「ちゃんとご飯食べてないんだろう。食べなさい」と社長に言われて、そういう時はすでに食事は済ませて満腹でも、「いただきます」と言って詰め込んでました。自分にできることは、これくらいだなって思ってましたね。

――私の中の、シュッとした尹さん像がボロボロと崩れていっています。

 その会社はニュース番組の下請けもしていたので、企画書を作るために電話取材をしないといけない。僕の場合は、問答集を書くんです。「あのー、お忙しいところ失礼します」から始まって、相手がこういうことを言って、自分がこういうことを言って、ということを全部紙に書き出して、人に聞かれるのが嫌だから個室に入って電話して、もう最初から噛み噛みなんですけど、それで想定と違うことを相手に言われるとガチャっと切っちゃう。そういう感じだったんです。

――ちょっと、さすがに自分からかけて切るのはダメでしょう(笑)。

 本当にダメですよね。長いリハビリ期間を経て、今に至るわけです。

コミュニケーションもうまくいかない

 この頃、遠距離恋愛をしていたんですけど、コミュニケーション能力が低いという問題以前に、自分の態度が最低でした。うまくいかない自分の人生の八つ当たりをしていたんでしょう。
 学生の頃は青春ノイローゼマックスで、「生きるとはなんぞや!」みたいな感じでした。人生を全然肯定できなくて、どうせ死ぬのになぜ生きるのか? という思いが極まって、インドにひとり旅に出かけました。当時からして悩んでインドに行くというのは、失笑を買うようなことではあったんですけれど。行ってみたら悩みとは別の珍道中になりまして、紛争に巻き込まれたり、身包み剥がされたり、入院したりといった体験をしました。
 帰国してから憑き物が落ちたようになって、これからはもう生活を肯定したい。ラグジュアルな暮らしとは言わないけれど、「あれが可愛い」「これが美味しい」とか、あらゆることを受け入れて肯定するような生き方をしたい! と極端に反対側に振れたんです。そういう時期に出会った人だし、僕としても「もう、これからはそういう路線で行くので」と心に期したのです。ところが、そうは行かない。

――葛藤の様子が手に取るようにわかります。

 彼女の好きな世界を肯定できなくなった。彼女は僕を理解しようと努めたけれど、僕はそうではない。それどころか自分の心を開かない。感じていることを口にしない。自分でもおかしいと思いながら、どうすれば心を開いて、相手と繋がれるのかわからない。そんなものだから別れを突きつけられました。部屋にあった彼女の荷物を僕のいない時に引き取りに来たんですが、家に帰ったら、「報われませんでした」と書かれた大きな黄色いポストイットが貼られていました。

――「報われませんでした」ってすごい言葉(笑)。

 その言葉はすごく自分の中で課題として残って、それからまた別の方とお付き合いしてわかってきたのは、僕がそれまでやっていたのは感情の説明であって表現ではなかったんです。しかも、喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、その4つが全部別々で、僕の世界観では接点がなかった。だから「悲しいから怒る」というのも人間にあり得ることすらわかっていなかった。「わかってもらえないから悲しい」まではわかる。だけど、その悲しみが怒りになるというメカニズムがあると知ったとき、「ユリイカ!」と叫びたくなってしまいました。だから、「え、みんなこんな複雑なことをやっているんですか?」と彼女に聞いたら、「生まれたてか!」と言われました。僕にとってはアルキメデス級の大発見だったんです。

――「生まれたてか」って、言うことも言われることもあんまりないですよね(笑)。

コミュニケーションが苦手。できないことが山積み。こんなにも「ポンコツ」な尹さんが、どんな経緯でインタビューやライティングの仕事をするようになったのか? そして新刊『モヤモヤの正体』を書くことになったきっかけとは? 後編につづきます。

編集部からのお知らせ

『モヤモヤの正体』刊行記念イベント情報@京都

『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』(ミシマ社)の刊行を記念して、著者の尹雄大さんによるトークイベントをおこないます。

世の中を席巻する「なんだかなぁ」という光景や感情、言葉。違和感を覚えても、周囲の目を気にしてか、つい自分の言葉をのみ込んでしまうことがあります。

こうしたモヤモヤに焦点を当てて、子育て、コミュニケーション、仕事、感情、教育、笑い、社会、他者の視線の観点からその正体を丁寧にひもとく本書には、社会の複雑さはそのままに、自分と他者との関係に折り合いをつけて生きるヒントがつまっています。

イベントでは、著者の尹雄大さんに、本を書きながら考えたこと、いまの社会の空気に感じる違和感、自分自身の保ちかたなどをテーマに、担当編集・野崎と恵文社一乗寺店・鎌田が、一読者として聞きたいことをずばずば聞いてみたいと思います。

モヤモヤを言いたい、モヤモヤを聞きたい、という方、ぜひお誘い合わせのうえご参加ください。


「教えて、尹さん! 」
『モヤモヤの正体――迷惑とワガママの呪いを解く』 刊行記念トークイベント

■日程:2020年3月13日(金)19:00~(開場18:30~)
■会場:恵文社一乗寺店 コテージ
■定員:30名様
■入場料:1,000円(税込)
■お申し込み方法

[1] ミシマ社にてメール予約。( event@mishimasha.com )
件名を「0313イベント」とし、「お名前」「ご職業・年齢」「お電話番号」をご記入のうえ、お送りください。
[2] ミシマ社京都オフィスにて電話予約。(TEL:075-746-3438)
[3] 恵文社一乗寺店店頭または電話で予約。(TEL:075-711-5919)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ