坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1)

第38回

坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1)

2020.03.18更新

 『坊さん、ぼーっとする。』を出版した白川密成さんのトークイベントを開催しました。元・書店員でもあるミッセイさんが、Title店主辻山さんと、本のこと、仏教のことなど語り合い、和やかで豊かな時間になりました。ミシマガでは、このイベントの様子を2日間にわけてレポートします。

(構成・写真:岡田森)

200318-1.jpg

坊さんと本屋さん

白川 Titleさんの存在は友人たちから聞いていて、東京で一番行ってみたい本屋さんだったんです。僕はもともと、新卒で一年だけ本屋さんで働いていたことがあるんです。だから、辻山さんの『本屋、はじめました』を読んで、すごく感銘を受けたというか、楽しかったんです。

辻山 ありがとうございます。実は私も学生の頃、坊さんに憧れていた時期がありました。

白川 あー、雰囲気ありますね(笑) そんなわけで、今日は本屋の話と坊さんの話をそれぞれしたいと思っています。辻山さんのこの本は、いつ頃出たんですか?

辻山 単行本が出たのが、2017年1月なので3年前ですね。それで、ちくま文庫になったのが今年の1月です。

白川 そうなんですね。辻山さんが本の中で「コンテンポラリー」つまり「同時代」ということを意識していると書かれていて、自分の仏教観と照らし合わせても共感しながら読みました。

辻山 実は、このお店はTitleという名前なんですけど、当初、「コンテンポラリー・ブックストア」という名前で企画書をつくっていたんです。長くて覚えられそうもない名前だったので、ボツになりましたが。

白川 そうだったんですね。僕も美術館でトークをするときに、英語はわからないのに「コンテンポラリー・ブディズム」ってタイトルをつけたりしていたんです(笑)。だから、辻山さんの本を読んでいると、まさに同時代を生きている感じがして、おもしろいだけではなく、うれしく読みました。

辻山 密成さんも、同時代の人、いまを生きる人に、仏の教えをいかにつなげていくかということをすごく考えていらっしゃると思うんですけど、私の場合は、本屋としていまを生きる人に本を伝えていきたいと思っています。私がだれかに読んでほしい本というよりも、「その人がその人になる」ための本とはどういう本だろう、ということを考えています。

200318-2.jpg

白川 本屋と言えば、さっきも、ここに来るまでにミシマ社の人たちと道を歩きながら、前職の時に辛くなると本屋に行った、という話をしていたんです。お昼休みに近くの本屋を一階から三階まで回ってみた、というような話を(笑)。
 僕も書店員を辞めたあと、坊さんになってお寺でいろいろ大変なこともあって、そんな時になぜか本屋に足が向かうことがありました。そういう、本が持っているささやかなマジックみたいなものには、いろいろな触れ方をしてきたなと思います。

辻山 本を前にすると、みなさん押し黙るというか、静かになるんですよね。

白川 しゃべりながら読めないですもんね。

辻山 そうなんですよ。店にご友人同士でしゃべりながら入って来ても、ぱっと見ると、スーッと静かになっていることがあります。そういう光景をカウンターから見ると嬉しくなります。
 それぞれの人が読む本というのは違いますけども、なにかしら自分に合った本というか、いろんなものを見ているうちにふっと目の前の本とつながる瞬間がある。本屋では、だんだん黙って「その人に戻っていく」という感覚が見ていると感じられるんです。

同時代の仏教

白川 僕が住職をしているお寺が今治市の田舎にあるんですけど、高野山大学に行って修行をして今治に戻ってきたときに、仏教とかお寺、僧侶というものが、あまり同時代的なものとして見られていない、という問題意識がありました。仏教が生活の中で義務的というか、法事だからやらなきゃ、とか。すごくこう、なんというんだろう・・・。

辻山 季節ものじゃないですけど・・・。

白川 はい。あくまで、自分のいる寺ではということですが、人生の中で近しい存在だとあまり思われてもいないようだし、仏教は自分の人生の大問題に結びつくようなものを本当は抱えているはずなのに、そこにもあまり関心を持ってもらえていなように感じました。「大きなテーマ」と「小さなテーマ」が両方足りない。
 そんな中で、第一作の『ボクは坊さん。』の元となる連載を、「ほぼ日刊イトイ新聞」でさせて頂いたんですけども、そこで一個ルールを決めていて、「宗教のことは書かない」ことにしたんです。

白川 それで、仏教がどうというより、一人の24歳の男、人間が、突然住職になってどんなことに喜んで、どんなことに悲しんで生きているかを伝えます、という形にしたんですね。
 それが逆に新鮮だったのか、インターネットでビビッドな反応がきたんです。実は仏教やお坊さんの世界というのにはすごく興味があるんだけど、アクセスのしかたがわからなかったとか、実は子どもの頃に尼僧さんになることが夢だったとか、そういう声がどんどん来始めたんですよね。
 弘法大師の思想に興味があるとか、仏教を生きる糧にしたいとか、そういうことを思うピンポイントの人たちでなくても、なんとなく興味を待たれてるんだな、という感触をインターネットで得られた貴重な経験でしたね。

お寺の役割は、古い伝統的なものを守り続けること

白川 僕は村上春樹さんがすごく好きで、彼にウェブ上で質問ができる企画があったときに、質問してみたんです。「村上さんから見て現代のお寺とか僧侶にできることってなんだと思いますか?」って。「それは、僧侶である自分自身が繰り返し考えるべきことなんですけれど」と書き添えて。
 その時の村上さんの答え方が、細かい表現は違うと思うんですけれども、「宗教的な雰囲気をしっかり味わえるような場所をひたすら守り続けることじゃないですか」ってことを書いてくださったんです。
 結構意外だったんですけど、やっぱりそういう部分も仏教が大切に培ってきたとことかなと思ったんです。日本の仏教が「できなかったこと」もたくさんあるけれど、「やってきたこと」もずいぶんある。先日、ミシマ社の企画で、FC今治の岡田武史さんと対談させていただいたことがあって。

辻山 「ちゃぶ台Vol.5」に載っている対談ですよね。

白川 はい。で、その時にミシマ社の方が来られて、「施餓鬼(せがき)」って行事にも出てくれたんですね。この行事は、10人ぐらい集まって、餓鬼という腹を空かせた霊たちがいっぱいいるはずだから、真っ暗にしてお経をあげて、ご飯を投げて食べさせるというものなんです。
 毎年のことなんで、四国の方ではお坊さんのこと「おっさん」って言うんですけど、「はい、おっさん、電気消して!」みたいな感じでかなりラフにやってるんです。
 でも、何十年何百年と、餓鬼にご飯を食べさせるっていう一種不思議なことを、形に見えないものを相手にして、村の人が集まってお坊さんがいてやってきたことって、意外と大きなことだと思うんです。
 なにか大事なものがそういうものの中にもあるのかなと、僕自身は思っています。だから、そんな雰囲気を追体験できるような側面が今回の本にもあるといいですね。
 僕なりにですけど、今までの本で、僕の生活と、弘法大師の言葉とかブッダの言葉とかが組み合わさったときに、「仏教とはなにか!」みたいな大きなテーマではなく、「あ、なんかそこに大事なものが含まれてるよね」「自分たちが生きてることに関係がある話だよね」ということが言えているんじゃないかと思っています。

辻山 さっきの村上春樹さんの話じゃないですけど、どうしても何かの裾野を広げようとすると、それを簡単なものにしようと考えがちなんですよね。例えば本屋でも、いま本を読む人が減っています。

白川 今日書店をまわってきたんですが、その話が多かったです。

辻山 じゃあ簡単な本を、読みやすそうなものばっかりを置けばいいのかっていうと、そうではない。やはりそうした棚はずっと本を読んできた人にとっては読み応えがなかったりします。
 山があったとしたら、高い山をずっと見せてないと、なかなか山というものの持つ良さはわからないと思うんです。だから、お寺の世界でも、やっぱり「本物感」じゃない、「本物」がずっとそこにあって、ちゃんと続いているということが大切なのだと思います。

(続く)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

この記事のバックナンバー

07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ