映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー

第29回

映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー

2019.11.01更新

 ある日、ブックディレクターの幅允孝さんから一本の電話をいただきました。

「すごく、いい映画があるんです」

 そんなご連絡をいただいたのは、今回が初めてのこと。

 それは観てみたい、ということで、早速、監督の常盤司郎さんとつないでいただき、映画を観させていただきました。

 映画の概要は公式サイト等でご覧いただくとして、観終わった静かな感動のなかで、初めての長編映画として本作を監督した常盤さんに、お話をうかがってみたいと思ったのでした。

 今日は、そのインタビューの内容をお送りします。

(聞き手:星野友里、構成:工藤奈津子)

ステップファミリーを描く

―― この映画がつくられるきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

常盤監督 じつは、この脚本の元になっている映画があって、『クレイフィッシュ』という10分ぐらいのドキュメンタリー風の短編映画なんです。自分の親父がガンとわかったときに、カメラを回し始めました。今回の映画はエンターテイメント作品ですが、親父のお葬式のときの想いが元になっているので、その短編の姉妹版というか、その後、みたいなものですね。
 プロデューサーは女性の方で、この映画の構想がスタートしたころが、離婚してちょっとしたときだったそうなんですね。それで、プロデューサーとしての1作目にステップファミリー、つまり、再婚同士の家族の話をやりたいと。で、監督は誰かと考えたときに、ふと浮かんできたのが僕の顔で、声を掛けてもらい、やろうよということになって。
 だから最初は「ステップファミリー」というテーマがあっただけで、そこから自分の話を書き始めていった感じです。僕自身はステップファミリーではないんですけど、ここに描かれている、例えば「焼き芋の爆発」とか「目玉焼き」の話は、自分が体験したことです。

―― 映画が完成するまでに、7年の年月がかかっているとうかがいました。

常盤監督 僕にとっては、本作が長編映画の監督デビューだったので、前作の実績がないわけです。なので、武器は完全に脚本だけなんですね。最初の一年とかはただ書いている時期というのがあって。そこから染谷将太くん(主演)がグッと乗ってくれたりしたのは、やっぱり脚本の力だったんじゃないかと思います。そしてその脚本に、この5人のメインキャスト(染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏)も、スタッフも、プロデューサー陣も、委員会の皆さんも集まってくださいました。

―― この5人が食卓を囲む絵面には、不思議なインパクトがありました。

常盤監督 もともと自主的に制作を始めた企画なので、妥協も一切しなかったですし、それはスタッフもキャストも全員同じ気持ちで、純粋にこの脚本に出たいと言って集まってくれた方々です。戸田さんも、主にドラマや大きな映画で活躍されている方なのですが、中小規模でも良質な作品をやりたいということで決めてくれたんだと思います。窪塚くんも、最近は海外がベースになっていますし、本当に5人が5人、主役を張られる方々ですので。だからこそ、ばらばらのところから集まってきた感じが化学反応を起こす。それがステップファミリーという設定にピッタリはまった気がしています。

1101-1.jpg

「家族になる瞬間」の映画

常盤監督 星野さんはどのシーンが好きでしたか?

―― 麟太郎さん(染谷さん演じる主人公)の、仕事も恋人との関係も、いろいろなことが噛み合わなくて苛立っているような場面が印象に残っています。

常盤監督 この映画は見た人によって感想が全然違うんですね。女性なのに麟太郎のほうの目線で見てたりとか、男性なのに女性のほうに感情移入したりとか、誰にも感情移入はしなかったりとか。それで、これはもしかしたら特定の人物に感情移入しなくてもいい映画なんじゃないかと思ったんですね。つまり「東家」という家族そのものに感情移入すればいいのかなと。
 ある記者さんが言っていたのですが、どうもこの映画は、どこかで自分の家族のスイッチを入れざるを得ないそうなんですね。家族の記憶を思い出さざるを得ないというか、映画にそういうスパイスをかけながら見てしまうという。

―― 確かにそんな感覚はありました。監督にとっても、長編映画の最初の作品のテーマが家族ということは、創作をするうえで、そこに思いがあるのでしょうか?

常盤監督 確かに、これまでの作品は短編を含めて、家族が絡んでいるものが多いですね。どちらかというと、たまたまそういうふうになっちゃうなという感覚ですかね。次回作では、そろそろ家族は卒業かなという気がしているんですけど。
 何なんでしょう、もしかするとどこかに、心残りがあるんじゃないでしょうか? たぶん満たされていたら脚本も書けないと思うので、満たされないものがあるのかもしれないですね。別に仲の悪い家族ではなかったですけど、それはもしかしたら父とのあいだに、後悔や、やり残したことが無意識にあるのかもしれない。

僕はテーマを決め込みすぎずに書くので、筆をおいたとき、初めて大事なテーマに気づくことが多いんです。今回はおはぎのシーン(ラストに近い場面)を書いたとき、「ああ、家族になる瞬間を見たかったのかもしれないな」と思って。別れの映画とか喧嘩する映画とか、出会う瞬間を書いた映画っていろいろあるけど、でも家族が、家族になる瞬間を描いた映画って、僕は見たことなかったなと思って。

―― そうですね。その「家族になる瞬間」が、お通夜という、死をきっかけに描かれるというのもまた、家族ってそういうものなのかもしれないと思わされました。

1102-2.jpg

映画を撮っているところ以外での演出のはなし

―― 子ども時代を演じる役者さんたちもすごく素敵で、大人になってからのシーンとのつながりも、全く違和感がありませんでした。

常盤監督 これは実は、映画を撮っていないところでの演出もありました。楽駆くん(窪塚さん演じるシュンの子ども時代を演じた)は、本来は全然、窪塚くんっぽい人ではない。だから、例えば撮影現場でみんなのところに来ようとすると、「一人になっていたほうがいいんじゃないかな?」と言って、あえて他の俳優部と距離をとらせて孤独な役柄をつくらせていました。
 美也子(戸田さんの役)の子ども時代を演じる森七菜さんだけに、楽駆くんと初めて会う衣装合わせのときに「彼に話しかけないようにしてほしい」と言って。楽駆くんは何も知らないから「なんか機嫌が・・・機嫌が悪いみたいです彼女」って。彼が自然に孤独にならざるを得ない状況をつくっていましたね。

―― 孤独感、すごく出てましたね・・・。他にはどんな演出をされましたか?

常盤監督 他には、七菜さんが小学生の役を演じていたのですが、やはりすごく難しいわけです。そこで、事務所にお願いして、彼女が小学生だったころのビデオとかを取り寄せてもらって。それを2人で見ながら「こういうしゃべり方をしてるね」と全部研究するというのをやりましたね。あと、実際の小学校の周りを2人で歩いたりとか。ランドセルを背負ってみたりとか。だから教室のシーンで、周りの子供たちに「彼女何歳に見える」と聞いたら「え、同じ歳でしょ」って言ったときには、「よし!」って。(笑)

―― そんなふうにするんですね。

常盤監督 あとは、台本をみんなで読み合わせする「本読み」というのがあるのですが、それが「はじめまして」という顔合わせでもあるんですね。窪塚くんは、永瀬さんや染谷くんとは、昔共演したことがあるから、初めてではないんですけど、それでも久しぶりなわけです。だけど、「今回は、別室で監督と2人でやっていいですか」と言ってくれて、別室で2人で本読みして、そのまま何も言わずに帰っていったんです。それは現場で、映画の15年ぶりという設定のなかで、役として会いたいから、ということで。そういうことを各々やってくれていて。

―― 役者さんからの演出の提案もあったんですね。

常盤監督 そうですね。窪塚くんはやはり、あの玄関を開けるシーンに賭けてたと思う。実際、彼じゃないとあり得ないような空気を放ってましたしね。観ているお客さんはハッとさせられるんじゃないでしょうか。

―― 映画を観ていない方たちにも、これくらいのネタバレは許されるかなと思います。このインタビューで気になった皆さま、ぜひ劇場に足をお運びいただけたらと思います。本日は貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

1102-3.jpg

常盤司郎

福岡県生まれ。映画、CM、ミュージックビデオの監督・脚本をはじめ、サザンオールスターズ初のドキュメントムービー「FILM KILLERSTREET(Director's Cut)」(06)など様々な分野で活躍。実の父との関係を綴った短編映画『クレイフィッシュ』(10)がShort Shorts Film Festivalで最優秀賞と観客賞を開催初のダブル受賞し、国内外の映画祭で高く評価される。続く短編映画『皆既日食の午後に』(11)では世界10カ国以上の国際映画祭に正式招待。また河瀨直美監督らと競作した「CINEMA FIGHTERS PROJECT」(17)では、手がけた短編映画『終着の場所』が大きな話題に。本作が劇場長編映画デビュー作となる。

1101-4.jpg

編集部からのお知らせ

映画『最初の晩餐』、本日11/1(金)より、全国で公開!

1101-5.jpg

公式サイト

そして、この映画の小説が、「ちいさいミシマ社」から発刊されるかも!? そちらもご期待くださいませ。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    『バンド』の聞き手・木村俊介さんご寄稿&なりきりクリープハイプ営業

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。『バンド』発刊から1週間経ちました! すでにお手に取ってくださったみなさま、誠にありがとうございます。

  • 月刊ちゃぶ台

    白川密成さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    みなさま、おととい10/20(日)、クリープハイプ『バンド』とともに、『ちゃぶ台』Vol.5「宗教×政治」号が発刊となりました!その発刊を記念して、本日は白川密成さんのインタビュー記事を掲載いたします。『ちゃぶ台』Vol.5には、密成さんと岡田武史さんの対談記事「今治からの小さな革命」が掲載されています。

  • 「ほどよい量」を考えるしごとのわ通信

    「ほどよい量」を考える

    しごとのわ編集部

     9月25日に、しごとのわの新刊『ほどよい量をつくる』が発刊となりました。この発刊を記念して、著者の甲斐かおりさんに、本書には収めきれなかったエピソードや、本書を綴りながら考えたことなどを、5回にわたって短期連載していただきます。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします。現在、千葉と福岡で「本としあわせしりとり展」が開催中です!

この記事のバックナンバー

11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ