夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた

第4回

夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた

2018.07.28更新

 毎日「これでもか!」というほど暑い日がつづきますね。

 でも、まだまだ夏はこれからが本番。

 せっかくの夏を楽しもう! ということで、2回にわたり「夏休み特集」をお届けします。特集2回目は『人生、行きがかりじょう』でもおなじみのバッキー井上さんへインタビュー! 厳しい京の夏、ハッピーに過ごす秘訣を教えていただきました!

0728-2.jpg『人生、行きがかりじょう――全部ゆるしてゴキゲンに』バッキー井上(ミシマ社)

―― 今年の夏は本当に暑いですね。今回は夏休みや、夏の過ごし方についてバッキーさんにいろいろ伺えればと思います。

バッキー あー、そうですかあ。この暑さはね、もうどうしようもないですよ、もうかなわん。なんにもできひん。

―― おお・・・バッキーさんでも。今はちょうど、祇園祭の時期ですよね。

バッキー そやねえ、7月中はもう全部祇園祭やね。お神酒集め、道具の点検、神輿洗い、足洗いとか、毎日なんかしらあるし。7月はね、ほんまにすぐ終わるねん。子どものころもね、7月はいつもあっという間やった。宿題もね、早めにガアーッと終わらせるタイプやったんやね。

―― なるほど。

バッキー でも8月入った途端に下り坂ゆうか、あと30日くらいあるんやけど、なぜか憂鬱やったね。子どものころは。大人になってからの8月は親族のご挨拶もあったり、地蔵盆だったり、夏はまあイベントづくしやね。

―― 夏をハッピーに過ごすために心がけていることってありますか?

バッキー 夏休みというか、夏はね、早い時間から飲んで、早よ帰るんが、一番いいと思いますよ。まあ冬場もそうやけど。

0728-1.jpg

―― おお、本当にそうですよね。

バッキー 生き物流(※バッキーさんの流派、人間である前にまず生き物としての自然の振る舞いを大切にする)としては、これが一番。遅い時間から飲んで、翌日も朝早くから活動なんて、できませんやん。

―― うんうん。

バッキー あと僕ね、早く帰ることにものすごい執着するんやね。めんどくさがりやし。だからもっと、作業を早くできるように、机の位置変えたりして。短期的に考えたら損かもわからんけど、長くやっていくんだったら、やったほうがええね。

―― 机の位置ですか。

バッキー そうそう。漬物やっててもね、ちょっとした机の位置直すだけでもね、風通しがよくなって、作業が早くなる。そういうちょっとした工夫していくのがええんやね。

―― いいですね。うちのオフィスでもやってみたいです。あと個人的に、夏はバッキーさんが作っている「賀花」(一味唐辛子)で乗り切っている感じです。

バッキー そうですかあ。あれもね、よくあんなん作ったなあと思いますよ。いろんな一味をブレンドしてるから「百一味」。ありそうやけどなかったし、そんなアホなことみんなしないですよね。でもそれが、ええんやね。一味は一味なんやけど、違う種類の一味が混ざるから、独特の風味いうか奥行きが出るんやね。あと、新作だと、日本一辛い「黄金一味」も作りましたのでどうぞ。

―― おお! 買います! ありがとうございました。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ