夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた

第4回

夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた

2018.07.28更新

 毎日「これでもか!」というほど暑い日がつづきますね。

 でも、まだまだ夏はこれからが本番。

 せっかくの夏を楽しもう! ということで、2回にわたり「夏休み特集」をお届けします。特集2回目は『人生、行きがかりじょう』でもおなじみのバッキー井上さんへインタビュー! 厳しい京の夏、ハッピーに過ごす秘訣を教えていただきました!

0728-2.jpg『人生、行きがかりじょう――全部ゆるしてゴキゲンに』バッキー井上(ミシマ社)

―― 今年の夏は本当に暑いですね。今回は夏休みや、夏の過ごし方についてバッキーさんにいろいろ伺えればと思います。

バッキー あー、そうですかあ。この暑さはね、もうどうしようもないですよ、もうかなわん。なんにもできひん。

―― おお・・・バッキーさんでも。今はちょうど、祇園祭の時期ですよね。

バッキー そやねえ、7月中はもう全部祇園祭やね。お神酒集め、道具の点検、神輿洗い、足洗いとか、毎日なんかしらあるし。7月はね、ほんまにすぐ終わるねん。子どものころもね、7月はいつもあっという間やった。宿題もね、早めにガアーッと終わらせるタイプやったんやね。

―― なるほど。

バッキー でも8月入った途端に下り坂ゆうか、あと30日くらいあるんやけど、なぜか憂鬱やったね。子どものころは。大人になってからの8月は親族のご挨拶もあったり、地蔵盆だったり、夏はまあイベントづくしやね。

―― 夏をハッピーに過ごすために心がけていることってありますか?

バッキー 夏休みというか、夏はね、早い時間から飲んで、早よ帰るんが、一番いいと思いますよ。まあ冬場もそうやけど。

0728-1.jpg

―― おお、本当にそうですよね。

バッキー 生き物流(※バッキーさんの流派、人間である前にまず生き物としての自然の振る舞いを大切にする)としては、これが一番。遅い時間から飲んで、翌日も朝早くから活動なんて、できませんやん。

―― うんうん。

バッキー あと僕ね、早く帰ることにものすごい執着するんやね。めんどくさがりやし。だからもっと、作業を早くできるように、机の位置変えたりして。短期的に考えたら損かもわからんけど、長くやっていくんだったら、やったほうがええね。

―― 机の位置ですか。

バッキー そうそう。漬物やっててもね、ちょっとした机の位置直すだけでもね、風通しがよくなって、作業が早くなる。そういうちょっとした工夫していくのがええんやね。

―― いいですね。うちのオフィスでもやってみたいです。あと個人的に、夏はバッキーさんが作っている「賀花」(一味唐辛子)で乗り切っている感じです。

バッキー そうですかあ。あれもね、よくあんなん作ったなあと思いますよ。いろんな一味をブレンドしてるから「百一味」。ありそうやけどなかったし、そんなアホなことみんなしないですよね。でもそれが、ええんやね。一味は一味なんやけど、違う種類の一味が混ざるから、独特の風味いうか奥行きが出るんやね。あと、新作だと、日本一辛い「黄金一味」も作りましたのでどうぞ。

―― おお! 買います! ありがとうございました。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ