「これからのメディア」を考える

第36回

「これからのメディア」を考える

2020.02.01更新

 今月と来月の特集で、「これからのメディア」を考えたいと思います。主には、私たちミシマ社自身が「これから」どうなるか、どうなろうとしているか。代表三島が年始に「自分の足元から少しずつ〜「思いっきり当事者」として」で書いたように、自分のいる業界をよくしていくために、まずは自分たち自身に何ができるか、を原点からふりかえってみます。

 そういうことを考えていた折も折、驚天動地、といいますか、実際には怒髪天を衝く広告を新聞で目にしました(下に掲載)。

 新聞メディアは、いうまでもなく、読者の購読と紙面に掲載する広告を主な収入源としてなりたっています。紙の雑誌もほとんど同じ構造といえるでしょう。

 今回、問題としたいのは、メディアはこれからどうなっていくのか? すこし角度を変えていえば、メディアはどのようにして運営していけばなりたつのか?

 新聞と私たちのような単行本出版社とは、運営形態がずいぶんとちがいます。が、私たちもこの「みんなのミシマガジン」というウェブ雑誌を運営したり、年に一度ですが、「ちゃぶ台」という雑誌を出しています。メディアとして、考えていかないけなければいけない問題、課題は少なからず共通しているはずです。

 一回目の今回は、新聞広告から「これからのメディア」を考えてみたいと思います。

(文・ミシマガ編集部)


第1回 新聞広告から考えてみる

 明日2020年2月2日(日)は京都市長選挙です。立候補者は無所属の3名。

 選挙戦も終盤を迎えるという2020年1月26日(日)の京都新聞に、この広告が載りました。

no.jpg

 (ちなみに、写真入りではありませんが、同じメインコピーを謳った広告は、同日の朝日新聞と読売新聞の京都版にも載っています)

 ・・・いかがでしょうか?

 「あまりにひどい」

 一見して、そう思われたのではないでしょうか?

 京都にもオフィスをおく出版社としては、「これはあってはならない!」と怒りがこみあげてきました。すぐに思ったのは、為政者(広告の右枠に映る立候補者のかどかわ大作氏は現市長)が、ある特定の党を排除するような言葉を吐く。それも公器たる新聞紙上で・・・。

 代表の三島は、自身のTwitterにこう書き込みました。

 あまりにひどい。その声は、私たちだけでなく、ネット上でも拡散。「京都市民がんばれ!」「(対立候補の)福山さん、こんなやり方に負けるな!」といった声が全国から寄せられました。

 翌日、ミシマ社も京都新聞に抗議の電話を入れました。

 すると、いろんなことがわかってきました。

 そのひとつは、これはあくまでも、「未来の京都をつくる会」が出稿した「意見広告」にすぎない、ということ。

 よくよく見れば、かどかわ氏の写真の入った広告枠と、「大切な京都に〜」と大書された広告の枠とは、別。つまり、「つくる会」が一方的に、自分たちの意見を新聞紙上で述べたい、それをおこなった。ただ、それだけのこと。

 なるほど、たしかに、「意見広告」というのは、新聞での掲載が認められた広告のようです。

 「新聞広告ナビ」には、こう説明されています。

新聞での意見広告とは、見開きや1ページなど大きな広告スペースを用いて、社会や制度など、公に対する広告主の主張を「意見」として告知する広告です。あくまで「公に対する意見」ですので、個人などへの誹謗中傷や営業妨害などは記載できません。また、新聞の記事と混同されることを避けるため、様々な規程やハードルがあります。とはいえ、テレビやラジオでの意見広告(CM)は現実的に難しいため、意見広告に向いたメディアとして、様々な意見広告が新聞に掲載されています。

(「新聞広告ナビ」より引用 https://www.shinbun-navi.com/landing/lan08.html

 

 広告内には、個人への誹謗中傷はありません。そして、かどかわさんが出した意見でもない。

 京都新聞側も、そのあたりの確認はとっていた、と言います。「選挙管理委員会からも問題ないと言われ、掲載しました」

 しかし。

 いくらなんでも、これは詭弁ではないでしょうか?

 「意見広告」と言いつつも、選挙日の1週間前のタイミングで出して、この広告が選挙と関係ないものとして読む人はいません。もし、新聞社が「選挙と関係のないたんなる意見」と思って広告を掲載していたとしたら、それは自分たちの読者をあまりに愚弄するものではないかと疑いたくなります。

 また、これがとても大きな問題と私たちは思ったのですが、「共産党の市長は「NO」」という文言が、そもそも「虚偽」と言えないでしょうか。なぜなら、今回の市長選は全員、無所属での立候補です。

 共産党の市長など、生まれ得ない。にもかかわらず・・・。

 それが起きようとしている。市民の皆さん、こんな事態を許していいのですか?

 さも、そう言わんとしているように読めないでしょうか?

 これだけ大きな文字でこのような言葉を打ち出すということは、事実に基づかない「印象操作」をしているとしか思えません。極めて悪質と言えるでしょう。

 「法律的には問題ないから」という理由で、実体として印象操作をおこなう、虚偽の情報を流す広告を掲載する。これって、メディアとして「あり」なのでしょうか。

 一般的に新聞に広告を載せるときには日本広告審査機構などの「審査」があり、ミシマ社も広告を出稿する際には情報の「エビデンス」を提出することが要求されています。たまたまですが、3日後の1月29日(北海道・西部は30日)に、朝日新聞に広告を出す機会がありました。

mishimashaad.jpg

 こういう商業ベースの広告でさえ、審査が厳密におこなわれます。たとえば、『胎児のはなし』の広告内で、「2019年年間ランキング1位(丸善ジュンク堂書店グループ(生物・2019))とありますが、これなども当然、裏取りをされます。まあ、当たり前のことですよね。

 にもかかわらず、今回このようなことが起きてしまった。

 「共産党の市長」など誕生しようがないのに、かどかわさんではない市長になったときには、それが起きる可能性がありますよ。

 そう言わんとする広告が掲載されてしまった。

 その上、この広告の下には、「未来の京都をつくる会」の推薦人として写真付きで9名の方々の名前が挙がっています。後日、半数近くの方々から「知らされていなかった」とクレームの声があがりました。つまり、許可をとらずに掲載していたのです。

 さて、ここからが本題です。

 これからのメディアは、こういう悪質な広告に対しては、それこそ「NO」というふうに言ってもいいのではないでしょうか。

 法律的にはぎりぎり問題なくとも、自分たちの読者をまちがった方向に導く広告が出稿者から来たときには、「NO」と言う。

 実際に今回の件でも京都新聞にそういうメディアであってほしいと、問い合わせの電話がたくさんあったようです。

 では、どうすればそのようなメディアになれるのでしょうか。

 ちなみに、この「ミシマガジン」は、広告をとらずに、運営をしております。サポーターに支えられているからこそなのですが、それだけで成り立っているのか、あるいは成り立っていないのか(笑)。そこについては次回以降、考えていきたいと思いますが、広告だけに頼らない、メディアの運営の仕方を今、もう一度みんなで考える必要がある、そういう時期にきていることは間違いないでしょう。

             ※※※

 以下、蛇足です。

 この記事をつくっている真っ最中の1月30日、京都市選のもう1人の立候補者を支持する団体が、こんな広告を出しました。

YES.jpg

 この広告についてコメントは、あえてするまでもないと思います。

 明日(2月2日)は、京都市長選の投票日です。京都市民の皆さま、ぜひ投票に行きましょう。

            (ミシマガ編集部)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」

    『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」

    ミシマガ編集部

    『小田嶋隆のコラムの切り口』発刊記念特集の2日目は、武田砂鉄さんの寄稿を掲載します。題して「参考にならない」。本書の帯には「ブログ、SNSなどの執筆の参考にも・・・」と謳っておりますが、その真相はいかに!? 必読です。

  • 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。

    教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。

    ミシマガ編集部

    1月に刊行した『モヤモヤの正体』について、そして著者の尹雄大さんについて、とにかく誰かと語りたい熱が湧き上がって冷めない担当編集が、同じくこの本にハマっている恵文社一条寺店の鎌田さんを誘い、尹さんに本のことや昨今の世の中のモヤモヤについてずばり訊いてみました。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    一冊!取引所、はじめます。

    三島 邦弘

     元日更新の「ミシマ社の話」で、システム開発をしている話を書きました。ありがたいことに、著者の方々、出版社の方、書店さんはじめ多くの方々から、応援してます、感動した、などと身にあまるお言葉を頂戴しました。そうした声を励みに、この1カ月半、粛々と開発を進めておりましたが、ついに告知を開始しました。

この記事のバックナンバー

03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ