『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

第78回

『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

2021.08.23更新

 8月24日、ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が刊行となります! 読売新聞の大人気連載「人生案内」から、最相葉月さんによる名回答68本を厳選した一冊です。多種多様なお悩みに対し、最相さんはときに鋭く、ときにはゆったりと構え、鮮やかな答えを次々に提示されます。
 私は本書の編集補佐をさせていただいたのですが、最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。
 そこで、最相さんご本人に、長年「人生案内」を続けながら考え、感じてこられたことをインタビューさせていただきました! わかってきたのは、「人生案内」がとても職人的な仕事であること。その技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いありません。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします。

(取材・構成 角 智春)

jinseiannai_shoei.jpg(左:シリーズ・コーヒーと一冊『辛口サイショーの人生案内』、右:『辛口サイショーの人生案内DX』

「人生案内」は炭鉱のカナリア

――『辛口サイショーの人生案内DX』(以下、『DX』)が刊行となりました。前作の『辛口サイショーの人生案内』(シリーズ・コーヒーと一冊)から約5年半ぶりの書籍化です。この数年間のお悩みを振り返って、どのような印象を持たれましたか。

最相 読売新聞の「人生案内」は、100年以上続いているコーナーで、私は2009年から13年間回答者をしています。そのなかで、いつの時代でも寄せられてきた普遍的な悩みがあります。たとえば、嫁姑問題、恋愛や不倫の問題、家族の相続問題、あるいは、職場の同僚とうまくいかないとか、自分の見た目が気になってしまうといったお悩みです。5年半前の本も、今回の本も、そうした悩みは変わらずありますね。
 その一方で、時代を反映する悩みもあります。あるときから「人生案内」のなかで少しずつ相談されはじめ、それから1、2年くらいで、社会的な問題として広く世間で話題になっていくテーマがあるんです。私たちは、たった一人のご相談をきっかけにして、そういう悩みや苦しみがあることに気づきます。だから、「人生案内」は炭鉱のカナリアのような意味をもつ場所でもあるんです。

――社会的テーマとして取り上げられる前に、その予兆として、一人ひとりの声が出てくるのですね。

最相 今回の本において特徴的だったのは、やはり、ヤングケアラーですね。少子高齢化が格段に進んだうえに、夫婦が共働きになり、子どもが祖父母の世話を担うケースが急増しました。あるいは、10年ほど前から「うつ病100万人時代」と言われていますが、親が何らかの精神的疾患を抱えているために、多くの子どもが家事労働を担っています。ヤングケアラーが盛んに報道されるようになる前から、人生相談にはこうしたお悩みが寄せられていました(『DX』82~83頁、144~145頁)
 それから、定年近くまで会社で働いた女性から、これからどう生きていこうか迷っているという相談も寄せられました(『DX』140~141頁)。これは私と同じ50代後半の女性からの相談でしたが、私たちは、ちょうど男女雇用機会均等法が施行されたころに働きはじめた世代なんです。自分と同世代の女性たちが、会社で責任ある地位に就くようになる過程をずっと見てきました。そういう人たちが定年を目前に控えて、「あ、ちょっと、若い子に敵わない部分が出てきたぞ」と自覚し、そろそろ次のステップを考えはじめているんですね。退職後の働き方・生き方を探る女性たちの相談はこれまでにはなかったので、非常に新鮮でした。
 もちろん、ここ1、2年はコロナにまつわる相談も多くありました。そういうかたちで、いろいろな変化を感じています。

――『DX』に収録する回答を選んでいたときに、全体として、深刻な悩みが増えているという印象をもちました。第一弾の本のほうでは、「主夫 大金を得るのが夢」とか、「熊のぬいぐるみ、夫が溺愛」といった、素朴で、どこか読み手の心を緩ませるような相談も多かったように思います(それぞれ、シリーズ・コーヒーと一冊『辛口サイショーの人生案内』70~71頁、90~91頁)

最相 私は月に2、3回「人生案内」の回答をするのですが、実際には、その3倍ぐらいの数の相談が手元に送られてきて、そこから自分が回答できそうなものをセレクトします。真面目な相談ばかりではなく、ちょっと笑えるようなものにも答えたいので、たまにはそういう相談も回してくださいと担当の記者さんにお願いするのですが、最近は数が減っているようです。やっぱり、みなさん余裕がないというか、バカみたいと思われるような相談は送っちゃいけないと考えているのかもしれません。
 最近、出久根達郎先生がお答えになっていたもので、「夫のおならが臭い」という相談があったんですよ(『読売新聞』2021年6月8日)。あれには私、答えたかったな(笑)。

saishohazuki.jpg(最相葉月さん)

回答に「辛口サイショーの角度」をつける

――「人生案内」を書くという仕事は、どのような流れでされているのですか。

最相 最初は、手元に届いた何本かの相談をザーッと読んで、そのまま放置するんです。少し時間を置いて、どれに答えようかなと考え、気がついたことをメモしていって、答えられそうだと思ったら書きはじめます。書き出してからはわりと早いですね。答えるのがすごく難しいご相談については、ほかへの回答を書いているあいだもずっと考え続けます。
「人生案内」の回答をする際には、あまり「自分」を入れないようにしています。わりと職人的な仕事なんです。
 たとえば、カウンセリングは、密室において一対一でコミュニケーションしながら、相談者自身の回復を支えていく仕事ですよね。でも「人生案内」は、お悩みや相談を根本的に解決するというよりは、何かひとつ、ものの見方を転換させるきっかけをつくるためのものなんです。しかも、相談者だけではなくて、数百万人の新聞の購読者に読み物として楽しんでいただかなくてはなりません。そういう場で私自身を出しすぎると、回答が歪んでしまう可能性があります。
 だから、自分の回答にどう「角度」をつけていくべきかを判断する必要があるんですね。相談に対して、こういう角度からみたらきっと面白いとか、見え方が変わってくるだろうといったふうに。職人的な感覚でなんとも説明しようがないのですが、考えて、置いといて、考えて、置いといて・・・とくりかえしたのちに書き出すと、「辛口サイショーの角度」みたいなものが生まれるんです。

――ご自身の規範や感情は一度脇に置いて、どうすれば相手の悩みを少しでもずらせるかということを考えておられるのですか。

最相 そうです。「相談者に見えていないものは何か」ということを考えます。人って、悩むときはどうしても視野狭窄に陥ってしまうんです。自分以外の人も同じように苦しんでいるということに気づけなかったり、本当は回れ右をするだけで答えがみつかるかもしれないのに、同じところを行ったり来たりしているような状況にあります。ケースバイケースなのですが、穴ぼこからちょっと首を伸ばして外を見てみれば、すぐそこに道があるかもしれないよ、ということが伝わるといいなと思います。

昔から人生相談の大ファンだった

最相 私は、昔からいろんな人生相談のコーナーが大好きだったんですよ。新聞の相談コーナーもたくさん読んでいたし、ラジオの人生相談も大好きで、いまでも寝ながら聴いています。
 昔、作家の安部譲二さんがラジオで人生相談をされていて、私はあるときタクシーの中でそれを聴いたんです。安部さんはかつて暴力団にいた経験のある方なのですが、ある男性から、「息子が借金を重ねて、サラ金に追いかけられています。うちに何度も取り立ての電話が掛かってきて、どうしたらいいのかわかりません」と相談されていました。安部さんはそれに何と答えたと思いますか。「留守電にすればいいんですよ」とおっしゃったんですよ(笑)。直接電話に出なければ、たしかに、毎日取り立てに対応することからは逃れられますよね。私はそれを聴いて、ちょっとズッコケながらも、なんだそれでいいのかと思って笑ったんですよ。

――そういう回答の仕方もありなのか、と。

最相 そう。たった数百字の回答欄や数分の放送のなかで、誰かの悩みを根本的に解決できるわけがないんです。だから、そこは背負いすぎずに、悩みのなかでどこを動かせば相談者が次に進めるか、という視点で回答するんです。その技を、安部さんに教えられた気がしました。あのころ私は会社員でしたし、自分がまさか回答者をやるとは思っていなかったですけどね。ただファンとして、いろんな人生相談をウォッチしていたんです。朝日新聞に連載されていた中島らもさんの「明るい悩み相談室」も読んでいたし、読売の「人生案内」のなかでは、映画監督の大森一樹さんの回答が大好きでした。

――それぞれの回答者の角度や技を、読者としてご覧になってきたのですね!

(後編に続く)

編集部からのお知らせ

最相さんが、臨床心理士の佐々木玲仁さんと対談されました!

 最相葉月さんが、臨床心理士の佐々木玲仁さん(九州大学准教授)のYouTubeチャンネル「ひねもす」に登場され、『辛口サイショーの人生案内DX』について対談くださいました。
 本書に収録された相談を取り上げ、「人生案内」回答者とカウンセラーというそれぞれの立場から、悩み相談への応え方について語り合っておられます。
 人生案内とカウンセリングの違いは? 最相さんはどんな思いで回答者を続けてこられたのか?
 動画はどなたでもご覧になれます。ぜひ!

「聴くことを生業にするふたりが相談を受けることについて話す|最相葉月×佐々木玲仁」

動画を観に行く

最相さんと仲野徹さんの対談イベントを開催します!

waraukadoniha_jinseiannai0901.jpg

『辛口サイショーの人生案内DX』『仲野教授の 笑う門には病なし!』の同時刊行を記念して、最相葉月さんと仲野徹さんに対談いただきます!
 最相さんは、科学や医療を題材とした文章を数多く発表してこられました。仲野さんは、病理学の研究者でありながら、無類の読書家で、新聞の読書委員も務めておられます。文理の境界を超えて思考し、書いてこられたお二人のお話は、盛り上がることまちがいありません!

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

09月16日
第80回 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開! ミシマガ編集部
09月14日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(後編) ミシマガ編集部
09月13日
第79回 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編) ミシマガ編集部
08月24日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (後編) ミシマガ編集部
08月23日
第78回 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編) ミシマガ編集部
08月20日
第77回 あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します ミシマガ編集部
08月13日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(後編) ミシマガ編集部
08月12日
第76回 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編) ミシマガ編集部
07月28日
第75回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(後編) ミシマガ編集部
07月27日
第75回 『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×大橋トリオ×ナガオカケンメイ 「パンとビールと音楽と ~長く、深く、ちょっと広く届けるものづくり~」(前編) ミシマガ編集部
07月24日
第74回 『三流のすすめ』発刊!! ミシマガ編集部
07月22日
『三流のすすめ』POP選手権を開催! ミシマガ編集部
07月08日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(2) ミシマガ編集部
07月07日
第73回 特集『菌の声を聴け』発刊記念 タルマーリー(渡邉格・麻里子)×平川克美対談 「クレイジーで豊かな小商いのはなし」(1) ミシマガ編集部
07月06日
第73回 光嶋裕介×藤原徹平「自分でつくる」を取り戻す 〜〜映画「サンドラの小さな家」公開記念トークショー〜〜 ミシマガ編集部
06月29日
第72回 「今日の人生」連載100回直前! 記念 益田ミリさんインタビュー ミシマガ編集部
06月22日
第71回 学生さんに聞きました。京都にふれる、さわる座談会 ミシマガ編集部
06月03日
第70回 ヨーロッパ企画・上田誠さんインタビュー 舞台「夜は短し歩けよ乙女」、ここだけの話 ミシマガ編集部
05月27日
第69回 『菌の声を聴け』刊行記念特集 タルマーリーのクレイジーで豊かな新刊をご紹介! ミシマガ編集部
05月06日
第68回 『時代劇聖地巡礼』の聖地巡礼その① ミシマガ編集部
05月05日
第67回 『アンナの土星』にみつける、あの頃の私、いまの私 ミシマガ編集部
04月20日
第66回 『時代劇聖地巡礼』発刊! 春日太一さんインタビュー&本書の一部公開 ミシマガ編集部
03月28日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(2)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月27日
第65回 コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平 ミシマガ編集部
03月17日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(2) ミシマガ編集部
03月14日
第64回 大前粟生×町屋良平 対談「書きながら生きるふたり、ちょうど5年目のはなし」(1) ミシマガ編集部
02月28日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(2) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月27日
第63回 「あいだ」のつくり方、ひらき方(1) 光嶋裕介×藤原辰史 ミシマガ編集部
02月23日
第62回 『つくるをひらく』、全国書店でパネル展開催中です! ミシマガ編集部
02月11日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(2) ミシマガ編集部
02月10日
第61回 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1) ミシマガ編集部
01月30日
第60回 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました! ミシマガ編集部
12月20日
第59回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)が出た! ミシマガ編集部
12月18日
第58回 縁食から世界を変える(2) ミシマガ編集部
12月17日
第58回 縁食から世界を変える(1) ミシマガ編集部
11月13日
第57回 『岩とからあげをまちがえる』(大前粟生 著)を刊行します ミシマガ編集部
11月12日
第56回 「おなみだぽいぽい原画展」ニジノ絵本屋さんで開催中です ミシマガ編集部
09月24日
第55回 「ど忘れ大賞」発表します! ミシマガ編集部
09月07日
第54回 『ど忘れ書道』に届いたおはがき ミシマガ編集部
08月29日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(2) 傷んだ心に染みわたる名フレーズを。 ミシマガ編集部
08月28日
第53回 『残念こそ俺のご馳走。――そして、ベストコラム集』刊行直前特集(1) まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
08月20日
第52回 おなみだぽいぽい増刷します!!! ミシマガ編集部
07月26日
第51回 「深、呼、吸、和、書、集」 〜世間の空気、私の心、解きほぐす本〜 ミシマガ編集部
07月18日
第50回 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!! ミシマガ編集部
07月17日
第49回 『ど忘れ書道』ついに発刊!!! ミシマガ編集部
07月06日
第48回 MSマルシェ「業界最高値」 出店・タルマーリーさん ミシマガ編集部
06月26日
第47回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』への熱い声を大特集! ミシマガ編集部
06月18日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(2) ミシマガ編集部
06月17日
第46回 「これからのアナキズム」の話 松村圭一郎×三島邦弘(1) ミシマガ編集部
05月23日
第45回 『自分と他人の許し方、あるいは愛し方』刊行記念特集 まえがきを公開します。 ミシマガ編集部
05月20日
第44回 パンデミックを生きる構え(2) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月19日
第44回 パンデミックを生きる構え(1) 藤原辰史×鈴木潤×三島邦弘 ミシマガ編集部
05月04日
第43回 鎌田裕樹×三島邦弘 トークイベント「本屋と出版社と、読者の『これから』を考える」 ミシマガ編集部
04月21日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(2) ミシマガ編集部
04月19日
第42回 尹雄大×伊藤亜紗 トークイベント「迷い、戸惑う感覚の味わい方」(1) ミシマガ編集部
04月09日
第41回 「人生最初の小説を書き終えて」『最初の晩餐』常盤司郎さんインタビュー  ミシマガ編集部
03月28日
第40回 教えて、尹さん!―『モヤモヤの正体』その後のはなし。 ミシマガ編集部
03月21日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(2)武田砂鉄さん寄稿「参考にならない」 ミシマガ編集部
03月20日
第39回 『小田嶋隆のコラムの切り口』刊行記念特集(1)まえがきを公開&『小田嶋隆のコラムの切り口』ラジオ ミシマガ編集部
03月19日
坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(2) ミシマガ編集部
03月18日
第38回 坊さん、本屋で語る。白川密成×辻山良雄(1) ミシマガ編集部
02月20日
第37回 『坊さん、ぼーっとする。』発刊記念! 坊さんと、家族。 ミシマガ編集部
02月01日
第36回 「これからのメディア」を考える ミシマガ編集部
01月30日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(2) ミシマガ編集部
01月29日
第35回 『モヤモヤの正体』刊行記念 尹雄大さんの正体(1) ミシマガ編集部
01月07日
第34回 小川彩佳さんインタビュー「わたしと日本舞踊」 ミシマガ編集部
12月29日
第33回 みんなちょっと当事者(2)すでに当事者だということに気づいてほしい ミシマガ編集部
12月28日
第33回 みんなちょっと当事者(1) 黒歴史をさらけだす ミシマガ編集部
12月18日
第32回 『今夜 凶暴だから わたし』発刊に寄せて(高橋さん、濱さん、装丁、編集担当のコメント) ミシマガ編集部
12月06日
第31回 冊子「日本舞踊入門の入門」を現在製作中です! ミシマガ編集部
11月23日
第30回 『ほんのちょっと当事者』本日発刊です! 著者の青山ゆみこさんから読者の皆さまへ ミシマガ編集部
11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ