鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1)

第28回

鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1)

2019.10.14更新

2009年10月に 発刊した『超訳 古事記』。生老、病死、愛憎、諍い、霊など、全ての物語の要素が詰まった、日本最古の神話である『古事記』に、宗教学者であり、フリーランス神主、神道ソングライターでもある鎌田東二先生が、いまの言葉で息を吹き込んだ一冊です。発刊から10年経ったいま、鎌田先生はどのようなことに関心を持たれて、研究されているのだろう。気になったタブチが、鎌田先生へインタビューを敢行しました。宇宙との交信の仕方や神話のこと、そして気になるバク転の話など、盛りだくさんでお届けします!

(聞き手、構成:田渕洋二郎)

books_kojiki-thumb-150xauto-25.jpg

『超訳 古事記』鎌田東二(ミシマ社)


日常に「宇宙」をもてば

ーー 今の現代人が日々を生きる中で、宇宙を感じる瞬間が少なくなってしまったことを寂しく思います。結果的に「自分」というものが大きくなりすぎて、心の病など、さまざまな新しい問題に直面しているように感じるのですが、いかがでしょうか?

鎌田 それはとても重要な問いですね。ちなみに、私は毎日宇宙を感じて生きています。というのも日常には実は宇宙を感じられる瞬間というのはたくさんあって、たとえば本の中にも宇宙があるわけです。一冊一冊のなかに宇宙があると思うし、本が並んでいる本屋さんも宇宙です。いい本屋さんには、本の並びにリズムやハーモニーがあって、その空間に音楽を感じるんです。中に詰まっているのは言葉ですけれども、その言葉は楽譜のようなもので、たとえば弦楽四重奏や交響曲が聴こえてくるように感じて手にとってしまう。そうやって身近なところにある宇宙を感じられるかどうかがポイントですね。
 ただ、同じ本屋さんでも売れ行き中心で並んでいるのは、コンビニに似ているというか、どうも落ち着かないですね。すごくノイジーで、本がざわざわしてしまっているのは苦手です。音がクリアーに聴こえてこないし。

1014-1.jpg

ーー ほかにも宇宙を感じる瞬間はありますか?

鎌田 料理でも、音楽でも、コーヒーの飲み方でも、なんでもいいんです。身近なところに宇宙はたくさんある。食事ひとつとっても、食卓になにを並べるかということもひとつの宇宙の創造です。たとえば北大路魯山人であれば、料理に相応しいお皿やお箸、それからテーブル、といったように、全体のコンビネーションを感知してデザインするわけですよね。そういった秩序を自分で創造していくことが大切です。

―― なるほど。

鎌田 こんな感じで、宇宙に接続する回路をたくさん持っていたほうが、面白く生きやすいと思うんですね。私は身心変容技法という研究を長年してきていますが、これは人間のからだとこころをどうやって世界と調律するか、またどうのようにして理想の状態にしていくかという研究です。たとえば仏教の中でも密教では、大日如来と一体化するための「三密加持」という密教の修行があります。また曼荼羅をみる諸種の観想があり、いろいろな方法論があります。

 神聖な宇宙と自分がどう近づいていくかということを、人類はいろいろなかたちで編みだしてきました。デザインにせよ、アートにせよ人間の文化というのはそういう身心変容技法の集積なんですよ。


「配線替え」という創造

 宇宙を感じるためのもうひとつの手段は、神話です。日々の生活を忙しく過ごしていくなかで、どうしても宇宙や世界に通じていく「始原のとき」を忘れてしまうんですね。神話というのは、いつも「始原のとき」に立ち帰るためのひとつの方法なんです。
古事記上巻や旧約聖書の冒頭部もそうですし、世界中の神話もそうですけれども、始原の物語を自分のなかに生き生きともつことによって、いま自分がどこにいるのかということを確認できます。

―― おお!

 そういえば先日京都大学の宇宙物理学・天文学の柴田一成先生たちと、「宇宙と古事記」というシンポジウムをやったんですよ。そこで、最新の科学による宇宙研究と古代の古事記とが結びつくことで、面白い観点を生み出すことが出来ました。このように、ポイントは小宇宙同士をぶつけあわせることで、新しいものが生まれるということなんです。たとえば、お寺という空間での小宇宙と、料理という小宇宙がぶつかったときに「精進料理」が生まれましたよね。

 本来大学というのは、そういうことが自由にできる場所であるべきなんですけれども、今はひとつのアカデミックな学問分野を掘り下げるだけで、なかなか各宇宙同士のぶつかりがありません。それは寂しいですね。だから、いろいろな領域にあるものの配線替えをしてみることによって、撹乱というか、創造的に越境していく行為と環境が必要と感じています。

 われわれの世界は、素材も人口も有限であるけど、組み合わせは無限です。また、仮に組み合わせが失敗したとしても、それを修理固成すればいいんだというのが、古事記の考え方です。そうやってものの見方や見え方を切り替えることができれば、世界は曼荼羅のように見えてきてとてもおもろいものです。


冥界へ行くということ


―― 古事記の国生みもそうですよね。

鎌田 そうですね。古事記のイザナギとイザナミもそうですが、世界の神話でもそうです。神話にはそういうパターンがいくつかあって、「冥界くだり」も世界の神話に共通してあります。古事記とともにオルフェウスもそう。大切な人の死など、耐え難い状況になったときに回復への旅をするというものです。再生できるかどうかはわからないけれども、とにかく旅にでてしまう。ある種のグリーフケア(悲嘆のケア)とも言えますし、つまりこれまでとは違った宇宙のあり方に、気づき、それを創造していく過程です。

―― 興味深いです。

鎌田  オルフェウスは妻のエウリディケーを毒蛇にかまれて亡くしてしまうのだけれども、あきらめきれずに冥界へいきます。それで冥界の番人の前で竪琴を弾いて心を動かし、冥界からエウリディケーを連れ戻せることになったんだけれども、「振り返ってはいけない」という約束を破ってしまって連れ戻すことができなかった。古事記でも、妻であるイザナミを失ったイザナギが冥界へ下って、これもまた「のぞき見してはいけない」という約束を破ってしまって現世に連れ戻すことはできません。
 結果的には、元の形には戻らなかったけれども、冥界くだりを通して、また別の形で新たに宇宙を創造する一歩を踏み出しているわけです。新しい宇宙の創造というのは秩序を壊すことになるんですけれども、少し時間が経つとそれがまた宇宙になっていく。このような大きな悲劇ではないものの、生きていくなかで、秩序のある世界と秩序の破れという、両極をいききしていくのが人間の人生です。

1014-3.jpg

(明日に続きます)

鎌田東二(かまた・とうじ)

1951年、徳島県生れ。國學院大學大学院文学研究科博士課程神道学専攻単位取得満期退学。岡山大学大学院医歯学総合研究科博士課程社会環境生命科学専攻単位取得退学。現在、上智大学グリーフケア研究所特任教授。京都大学名誉教授。博士(文学・筑波大学)。宗教哲学・民俗学・日本思想史専攻。著書『人体科学事始め』(読売新聞社)『身体の宇宙』(講談社学術文庫)『世阿弥』『言霊の思想』(青土社)『常世の時軸』(詩集、思潮社)他。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    『バンド』の聞き手・木村俊介さんご寄稿&なりきりクリープハイプ営業

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。『バンド』発刊から1週間経ちました! すでにお手に取ってくださったみなさま、誠にありがとうございます。

  • 月刊ちゃぶ台

    白川密成さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    みなさま、おととい10/20(日)、クリープハイプ『バンド』とともに、『ちゃぶ台』Vol.5「宗教×政治」号が発刊となりました!その発刊を記念して、本日は白川密成さんのインタビュー記事を掲載いたします。『ちゃぶ台』Vol.5には、密成さんと岡田武史さんの対談記事「今治からの小さな革命」が掲載されています。

  • 「ほどよい量」を考えるしごとのわ通信

    「ほどよい量」を考える

    しごとのわ編集部

     9月25日に、しごとのわの新刊『ほどよい量をつくる』が発刊となりました。この発刊を記念して、著者の甲斐かおりさんに、本書には収めきれなかったエピソードや、本書を綴りながら考えたことなどを、5回にわたって短期連載していただきます。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします。現在、千葉と福岡で「本としあわせしりとり展」が開催中です!

この記事のバックナンバー

11月05日
第30回 展示レポート! 益田ミリ × ブックスキューブリック × BOOKUOKA「本としあわせしりとり展 in 福岡」 ミシマガ編集部
11月01日
第29回 映画『最初の晩餐』公開記念:常盤司郎監督インタビュー ミシマガ編集部
10月15日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(2) ミシマガ編集部
10月14日
第28回 鎌田東二先生にきく! 宇宙の遊び方(1) ミシマガ編集部
09月26日
第27回 『クモのイト』本日発刊です!! 中田先生コメント&クモマンガ ミシマガ編集部
09月18日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(2)クモの魅力総特集! ミシマガ編集部
09月17日
第26回 クモのイト 刊行記念特集(1) 中田兼介先生インタビュー ミシマガ編集部
09月04日
第25回 「筋トレ」全盛の時代に、「脱・筋トレ思考」のススメ ミシマガ編集部
08月29日
第24回 『脱・筋トレ思考』が発刊しました! ミシマガ編集部
08月20日
第23回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(2) ミシマガ編集部
08月19日
第22回 仲野徹と西靖のそろそろ大阪の話をしよう(1) ミシマガ編集部
07月28日
第21回 ホホホ座とミシマ社の反省会 山下賢二×三島邦弘トークイベント ミシマガ編集部
07月21日
第20回 オクノ修さんインタビュー ミシマガ編集部
07月13日
第19回 「ちいさいミシマ社」 ミシマ社の本屋さんではこう売ります! ミシマガ編集部
07月12日
第18回 ちいさいミシマ社スタート迫る! 推しポイント&ホームページ開設!! ミシマガ編集部
06月21日
第17回 本日、『ホホホ座の反省文』発売日です! ミシマガ編集部
06月16日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(2) ミシマガ編集部
06月15日
第16回 『ホホホ座の反省文』ついに完成しました。(1) ミシマガ編集部
06月13日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(2) 『仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう』 ミシマガ編集部
06月12日
第15回 新レーベル「ちいさいミシマ社」第1弾!!(1) 『ランベルマイユコーヒー店』 ミシマガ編集部
06月09日
第14回 父の日に本を贈る(2)いしいひとひくんが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月08日
第14回 父の日に本を贈る(1)ミシマ社メンバーが父に贈る一冊  ミシマガ編集部
06月05日
第12回 第5弾 心に残った一節は? ~書店員さんのご感想を紹介します!~ ミシマガ編集部
05月19日
第13回 『すごい論語』プロローグ(後半) ミシマガ編集部
05月18日
第13回 『すごい論語』プロローグ(前半) ミシマガ編集部
04月26日
第12回 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました! ミシマガ編集部
04月24日
第12回 第3弾 本屋さんとつなげる!『しあわせしりとり』 ミシマガ編集部
04月23日
第12回 第2弾「みんなでつなごう! しあわせしりとり展」開催中です! ミシマガ編集部
04月22日
第12回 刊行記念特集第1弾『しあわせしりとり』・デザインの魅力  ミシマガ編集部
04月13日
第11回 フカフカの土が世界を救う!?  学校では教えてくれない「土」のはなし(2) ミシマガ編集部
04月12日
第11回 フカフカの土が世界を救う!? 学校では教えてくれない「土」のはなし(1) ミシマガ編集部
03月20日
第10回 森田真生さんに発刊直前公開インタビューしました。 ミシマガ編集部
03月19日
第10回 『数学の贈り物』ができました! ミシマガ編集部
02月22日
第9回 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました ミシマガ編集部
12月24日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(2) ミシマガ編集部
12月23日
第8回 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1) ミシマガ編集部
11月22日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(2) ミシマガ編集部
11月21日
第7回 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1) ミシマガ編集部
11月20日
第7回 『銀河鉄道の星』あとがきを掲載します ミシマガ編集部
11月04日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(2) ミシマガ編集部
11月03日
第6回 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1) ミシマガ編集部
09月07日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(2) ミシマガ編集部
09月06日
第5回 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1) ミシマガ編集部
07月28日
第4回 夏休み特集(2)バッキー井上さんに訊く、ハッピーな夏の過ごしかた ミシマガ編集部
07月27日
第4回 夏休み特集(1)三浦豊さんに訊く、夏におすすめの木 ミシマガ編集部
07月19日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(2) ミシマガ編集部
07月18日
第3回 『絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話』実践レポート(1) ミシマガ編集部
06月06日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(2) ミシマガ編集部
06月05日
第2回 「万引き家族」を10倍楽しむための10章(1) ミシマガ編集部
05月16日
第1回 特別寄稿 医師・佐藤友亮さん「罰するよりも大切なこと」 ミシマガ編集部
05月15日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(2) ミシマガ編集部
05月14日
第1回 小田嶋 隆×仲野 徹 「依存」はすぐとなりに(1) ミシマガ編集部
ページトップへ