イスラムが効く!

第3回

イスラムが効きました! ~ミシマ社メンバー編~

2019.02.21更新

 今週末23日(土)、『イスラムが効く!』が発刊になります。本書の編集過程で、何度も原稿を読んできたミシマ社メンバー一同、徐々にそれぞれがイスラムの効き目を感じている様子です。本日はそんな現場からの声をお届けいたします。

shoei_isuramukiku.jpg
『イスラムが効く!』内藤正典、中田考(ミシマ社)

***

虫歯の憂鬱に効く!:モリの場合

0731-1.pngこの数年、歯科検診のたびに虫歯が発見されて悲しくなっていました。あのとき食べたお菓子がいけなかったのか・・・。安い歯磨き粉を使っているのが悪いのか・・・。と憂鬱に思っていたのですが、イスラームでの病気についての話で「物事の見かけ上の連鎖を引き起こす真の原因は神である、という考え方」(p.106)に触れて、やや気が晴れました。何が悪かったわけでもなく、運命として虫歯になったので、粛々と治療して、テキパキ歯磨きしようという気持ちになれました。

「俺って心狭いなぁ」に効く!:イケハタの場合

0430-6.png少しだけ人にやさしくなった・・・かも。やはり誰かがミスをすると、ついその人を責めてしまいがちで、そのたびに「俺って心狭いなぁ」と自分に対しても嫌な気持ちになっていたのですが、すべては神の思し召し、そうなる運命だったのだと思うと、「じゃあ、責めても仕方ないか」とラクな気持ちに。今まで、自分で自分の首を締めていたんだなぁと感じます。(本書p.30のあたりのお話が特に印象的でした)

商売感覚に効く!:ワタナベの場合

0430-2.pngp.37で中田考先生が"「お客」という言葉自体、日本では非常に特殊な使い方をしますね。"と指摘していますが、「お客様は神様」なんてイスラムの人たちは考えません。神様だったらお金を取ってはいけない。お供え物をしなければいけない、という中田先生の指摘に、確かにそうだと膝を打ちました。そういう日本人固有の「無意識レベルの身体感覚」がこの本を読むとどんどん顕在化します。私は、商売感覚が鋭くなるのを感じましたね。

真面目すぎる性格に効く!:ノザキの場合

0430-10.pngミシマ社の本のうち、みなさんにオススメしたい本はいくらでもあるのですが、そのなかでこの本は、「自分への本だ」と本気で思いました。目の前のあらゆることに真面目になりすぎて、周りからは、頑張りすぎないように、無理をしないようにと声をかけられ、気のおけない友人からは、「あんた生きにくそうだよね」と言われる。自分でも、もうちょっと肩の力を抜いて、気楽に毎日を過ごせたら、とは思うものの、そうはいってもちゃんとしないと、と思ってしまう。心配事が山ほどあって、もうどうしたらいいものか・・・。もしも、一人でも「私も同じ」と共感してくださる方がいるとしたら、これは間違いなく、あなたの本です。
 冒頭から、ガチガチに固まった「日本人」のルールがすうっとほぐれていく言葉が詰まっています。これから新年度が近づいてくるにつれ、新たな環境で慣れない生活が始まる方もいると思いますが、だいじょうぶ、だいじょうぶ、なるようになる。この本を読むと、そんな気持ちがきっと芽吹きます。

失恋に効く!:京都府・ミシマンさんの場合

0222_1.jpg

本づくりに効く!:ホシノの場合

0430-3.png本書の帯は、最後の最後まで、帯コピーに改良を重ねました。その結果、デザインを担当してくださった文平銀座さんに、度重なる修正をお願いすることに・・・。申し訳ない気持ちで担当のヨシダさんに電話をしたところ、「いえいえ、この本に書いてあるとおり、イン・シャー・アッラー(神が望みたもうならば、本書p.26参照)ですから」と言われて、一気に心が軽くなったのでした。ミシマ社内でも「イン・シャー・アッラー」が飛び交うこの頃です。

ブルーな冬の朝に効く!:デッチ・スガの場合

 冬の朝って、嫌なことばかり思い出しませんか? 僕もなぜか自分の反抗期の頃を思い出したりして、毎朝ブルーです。しかし、こんな時にもイスラムが効きます。
 イスラムの考え方では、人が天国に入れるのか地獄に落ちるのかは、その人が蓄積した「善行ポイント」と「悪行ポイント」を、はかりにかけて決めます。でも、この「はかり」がとんでもないどんぶり勘定で、善行ポイントは700倍(!)にしてくれたりするそうです。この話を聞くと、「前は迷惑をかけてしまったけど、今度どこかで善行をしたら帳消しだ」と、なんだかいいことをしたくなってきませんか?

***

 「イスラム」という言葉に距離を感じる、という方は多いかもしれません。でも、もっと肩の力を抜いて、その発想を知ると、実際に自分たちに「効く」ことを実感できると思います。本書がそのきっかけになったら、とても嬉しく思います。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 本のこぼれ話

    作者・デザイナー・編集者による、もっと知りたい人への深掘り絵本トーク

    ミシマガ編集部

    網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』の刊行から2カ月が経ちました。昨日(9/4)より、広島のREADEN DEATにて原画展を開催中です。本日のミシマガジンでは、この作品をより深く知ってもらうべく、『てがみがきたな きしししし』が生まれるまでのきっかけや、ブックデザインの制作秘話についてお伝えいたします。

ページトップへ