イスラムが効く!

第4回

『イスラムが効く!』発刊日レポート!

2019.03.02更新

shoei_isuramukiku.jpg

『イスラムが効く!』内藤正典、中田考(ミシマ社)

 ちょうど発刊から1週間が経つ、内藤正典先生と中田考先生による共著『イスラムが効く!』。発刊前にはミシマガジンに上にて、第1回「内藤先生インタビュー」、第2回「日本で暮らす留学生座談会」、そして第3回は「イスラムが効きました! ~ミシマ社メンバー編~」として、ミシマ社メンバーが『イスラムが効く!』を読んだ効能をお届けしました。そして、第4回の今回は、発刊日の様子をレポートします。ミシマ社名物となりつつある、発刊日の本屋さん行脚。今回はどんな盛り上げを見せたのでしょうか。その一部始終をお伝えいたします! 

 まずは自由が丘の営業チームイケハタ・モリによる出陣前のツイートから。

 まさかの内藤・中田両先生のパネル!! 発刊初日から著者同行(!?)での営業という気合いの入りっぷりです。しかし腹が減っては戦はできぬ。とモリは中田先生とトルコ料理店でランチ。イスラム成分を補給し、いざ本屋さんへ!

 一方イケハタは、新宿へ向かいます。紀伊國屋書店新宿本店にて、インシャーアッラー(神が望みたもうならば、本書p.26参照)パネルとともにパシャリ。

 そのころ、京都でも仕掛け屋ハセガワが、ご近所の本屋さんを回っていました。

 ミシマ社ツイッターではお馴染みの方々の登場です。みなさんいい笑顔! ふらりと立ち寄った京都在住の内藤先生に会えるかも!?

 また、トルコ料理を食べ終えたモリは、丸善丸の内本店さんへ! ビジネスマンの皆さん本書の第2章の「ビジネスはイスラムに学ぼう」は必見です!

最後のおまけ。

京都オフィスの営業タブチはお休みをいただいて、静岡・浜松にある中田島砂丘へ行っておりました。

その際に撮影した、自然のなかでの『イスラムが効く!』をお楽しみください。

IMG_7239 2.JPG

IMG_7213 2.jpg

IMG_7314 2.JPG

みなさんもぜひ、いろんな場所でこの『イスラムが効く!』を撮影してみてくださいね。

まだお持ちでない方は、全国の書店で展開中ですので、お手にとってみてくださいませ!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

  • 町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    町屋良平さんインタビュー 言語的凝縮を解き放つ(1)

    ミシマガ編集部

    祝・第160回芥川賞受賞!! 昨年末に「本屋さんと私」に登場してくださった町屋良平さんが、このたび「1R(いちらうんど)1分34秒」にて芥川賞を受賞されました。こちらのインタビューでは、小説を書くという営みについても、丁寧にお話しいただいています。町屋さんの小説をこれから読む方も、すでに読んだ方も、ぜひどうぞ!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

ページトップへ