みえないりゅう

第5回

発表!「おしえて!みんなのみえないりゅう」(第3期)

2024.06.27更新

 こんにちは。 ミシマガ編集部です。絵本『みえないりゅう』が発刊してから、早いものでもうすぐ一年が経とうとしています。この間本屋さんでパネル展を開催いただいたり、ギャラリーや美術館、図書館に原画が飾られたりと、全国あちこちをりゅうは駆け巡っております。

mienairyu_shoei.jpg

 本作は南の島に移住したミロコさんが、島の人たちの会話の中に自然や何か説明のつかない現象を「りゅうがおったね」と話しているのを聞いたところから着想を得ています。海や大地に力を吹き込む「りゅう」は、南の島だけではなく日本、日本だけではなく世界の各地にいるのではないか。そうして始まったのが読者ハガキキャンペーン「おしえて!みんなのみえないりゅう」です。

hagaki.jpg

 本日は第3期(募集期間2024年1〜3月末)にいただいたおはがきの中から、作者のミロコマチコさんをはじめ『みえないりゅう』制作チームが選んだ、5名の読者の方の「みえないりゅう」を紹介いたします。

ミロコマチコさん・選

救急車で運ばれている時に青い『りゅう』を見ました。救急車の後ろについてきてくれて、手術台の隣でじっと見ていてくれました。 

ミロコさん.jpg

「みんなのみえないりゅう第3弾も楽しく拝見しました。めっちゃ迷いますが・・・その中でも面白い体験をしたこちら。」(ミロコさん)

鈴木加奈子さん(『みえないりゅう』編集者)・選

おはなばたけでおどってた

鈴木さん.jpg

「ぱっと見てきゅんとしてしまいました!」(鈴木さん)

漆原悠一さん(『みえないりゅう』ブックデザイン担当)・選

きのうはふつうの学校だったのに今日いったらりゅうがっこうになってた。 

漆原さん.jpg

「毎回おもしろくていつも悩ましいです。」(漆原さん)

株式会社サンエムカラー(『みえないりゅう』印刷担当)営業部 逢阪尚史さん・選 

りゅうわ(は)かたにのってた  

逢阪さん.jpg

「肩にのるりゅうのサイズ感が良いですね。一緒にでかけたくなります!」(逢阪さん)

大村製本(『みえないりゅう』製本担当) 齋藤和明さん・選  

齋藤さん.jpg

「枠内の色で仕切られた世界の外にいるぐにょぐにょが、自由なりゅうを感じて気持ちいいです!」(齋藤さん)


 お送りいただいたみなさま、素敵なりゅうのお話をありがとうございました。いただいたおはがきはすべて(掲載OKに○をつけている方のみ)、ミシマ社のX(旧ツイッター)やインスタグラムでも紹介しておりますので、こちらもぜひご覧ください。

 本キャンペーンは今回が最終回ですが、いただいたおはがきは全て、ミロコマチコさんにお見せしています。お手元の『みえないりゅう』にまだおはがきが残っていたら、しめ切りを過ぎていても、ぜひお送りださい。絵本の感想もお待ちしております!

ミシマ社 X

ミシマ社 インスタグラム

本書について

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

沖縄で原画展開催中!

『みえないりゅう』の刊行を記念して、沖縄の書店「本と商い ある日、」さんで原画展を開催中です。躍動感と生命力溢れる作品をじっくりお楽しみください。

mienairyu2.jpg

<会期>
6月16日(日)〜7月4日(木)
営業時間:11:00~17:30
*不定休。店休日は「本と商い ある日、」さんサイト上のカレンダーにてご確認ください

<会場>
本と商い ある日、
〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉20-1

<アクセス>
◯車で
那覇空港から沖縄自動車道を経由して約70分
(専用駐車場はありません。近くの港に駐車スペース有。)
◯路線バスで
「那覇バスターミナル」→「JAおきなわ与那城支店前」
(路線番号 27番・52番・80番「屋慶名バスターミナル行き」)
→(乗り継ぎ)「JA与那城支店前」→「比嘉港湾前」下車
トータル約150分(約1800円)

mienairyu3.jpg

原画展は、今後も全国を巡回予定です。決まり次第、ミシマ社HPにてお知らせします!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

ページトップへ