料理と利他

『料理と利他』電子書籍版リリース!&アーカイブ動画復刻配信中!

2021.01.12更新

こんにちは。ミシマ社営業チームのモリこと岡田森です。

師と(勝手に)仰ぐ人は内田樹先生と土井善晴先生、このところ『日本習合論』と『料理と利他』を立て続けに刊行したのでドキドキが止まりません。

さて、『料理と利他』、おかげさまで大好評いただいておりまして、発売一ヶ月を待たずして早くも4刷が決定しました!

土井先生のおっしゃるとおり、「政治学者と料理研究家」という異色の関係性が、見たことのない面白さを産んでいます!

発売一ヶ月を待たずして話題が目白押しですので、この本の面白さを余すことなく満喫していただくべく、今日のミシマガで一気に紹介していきます!

 

電子書籍版、本日刊行!

本日、電子書籍版をリリースしました!
Kindle楽天koboで購入いただけます。
電子しか読まない派の方、海外在住の方、紙の本が読めない方など、あらゆる方に届け『料理と利他』! と念じつつ電子化しました。

なお、私は紙の本を持っているのに注文しました。これでスマホさえあればいつでも『料理と利他』が読める!!!

土井先生が登場するMSLive!、一挙公開中!

本書の刊行にあわせて、いったんは公開終了していた土井先生と中島先生の対談のアーカイブ配信を復活しています!
あわせて第一回の対談の一部を、CMとしてちょっとだけ公開しました!

第一弾:「一汁一菜と利他 ~料理から考えるコロナ時代の生き方」動画

5ed07d7f72b911582a64de35

第二弾:「自然に沿う料理 ~一汁一菜と利他・第2弾」動画

5f2245bc223ead049d82f5d0

さらに、ミシマ社のサマー講座、オータム講座での土井先生の単独講座もアーカイブ配信を復活!

こちらはより料理にフォーカスした講座です!

土井先生オータム講座「この秋の一汁一菜」
土井先生がみそ汁やすき焼きを作りながら語る家庭料理、そして「時間論」。面白くて分かりやすくてどこまでも深い、他では見られないまさに前代未聞の講座です!

5f72921d4b0839542b9bdc6d

この動画の一部を位CMとしてTwitter上で公開したところ、大きな反響をいただき、なんと、11/22の朝日新聞1面の「折々のことば」でもこの講座の言葉を紹介いただきました!

土井先生サマー講座「この夏の一汁一菜」
土井先生がみそ汁を実際に作りながら語る一汁一菜、和食、料理を楽しむということ・・・。
料理観が変わる、美味しくなる、楽になる、楽しくなる、衝撃の講座!

5f08075313a48b1fc8608ba2

 本編の一部から作ったCM動画はこちら!

第三弾:「料理はうれしい、おいしいはごほうび。」(一汁一菜と利他・第三弾)動画

「おいしいは未来からやってくる」といったお話や、土井先生による「おはぎ」調理の実演など、盛りだくさんのイベントでした。
83cfd5c599a91897676d.jpg

冒頭の30分で中島先生がお話しくださった「土井善晴論」は、こちらからお読みいただけます。

紙の本でも、ライブでも、電子書籍でも、アーカイブ動画でも。
あらゆる手段で、『料理と利他』の面白さを受け取り、味わい尽くしてくださいませ!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

ちゃぶ台6 の土井先生論稿もお見逃しなく!!

ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる』にも土井先生の論稿「地球とAIと人間』を寄せていただいています! この非常時代に土井先生の知恵を!

9784909394422.jpg

『料理と利他』だけじゃない! 中島先生登場の本

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの

 →北海道の伝説の書店、くすみ書房の久住さんの遺稿。中島先生が「解説」を書いてくださっています。

『現代の超克 本当の「読む」を取り戻す』

 批評家・思想家の若松英輔さんとの全身全霊の対話!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ