料理と利他

『料理と利他』電子書籍版リリース!&アーカイブ動画復刻配信中!

2021.01.12更新

こんにちは。ミシマ社営業チームのモリこと岡田森です。

師と(勝手に)仰ぐ人は内田樹先生と土井善晴先生、このところ『日本習合論』と『料理と利他』を立て続けに刊行したのでドキドキが止まりません。

さて、『料理と利他』、おかげさまで大好評いただいておりまして、発売一ヶ月を待たずして早くも4刷が決定しました!

土井先生のおっしゃるとおり、「政治学者と料理研究家」という異色の関係性が、見たことのない面白さを産んでいます!

発売一ヶ月を待たずして話題が目白押しですので、この本の面白さを余すことなく満喫していただくべく、今日のミシマガで一気に紹介していきます!

 

電子書籍版、本日刊行!

本日、電子書籍版をリリースしました!
Kindle楽天koboで購入いただけます。
電子しか読まない派の方、海外在住の方、紙の本が読めない方など、あらゆる方に届け『料理と利他』! と念じつつ電子化しました。

なお、私は紙の本を持っているのに注文しました。これでスマホさえあればいつでも『料理と利他』が読める!!!

土井先生が登場するMSLive!、一挙公開中!

本書の刊行にあわせて、いったんは公開終了していた土井先生と中島先生の対談のアーカイブ配信を復活しています!
あわせて第一回の対談の一部を、CMとしてちょっとだけ公開しました!

第一弾:「一汁一菜と利他 ~料理から考えるコロナ時代の生き方」動画

5ed07d7f72b911582a64de35

第二弾:「自然に沿う料理 ~一汁一菜と利他・第2弾」動画

5f2245bc223ead049d82f5d0

さらに、ミシマ社のサマー講座、オータム講座での土井先生の単独講座もアーカイブ配信を復活!

こちらはより料理にフォーカスした講座です!

土井先生オータム講座「この秋の一汁一菜」
土井先生がみそ汁やすき焼きを作りながら語る家庭料理、そして「時間論」。面白くて分かりやすくてどこまでも深い、他では見られないまさに前代未聞の講座です!

5f72921d4b0839542b9bdc6d

この動画の一部を位CMとしてTwitter上で公開したところ、大きな反響をいただき、なんと、11/22の朝日新聞1面の「折々のことば」でもこの講座の言葉を紹介いただきました!

土井先生サマー講座「この夏の一汁一菜」
土井先生がみそ汁を実際に作りながら語る一汁一菜、和食、料理を楽しむということ・・・。
料理観が変わる、美味しくなる、楽になる、楽しくなる、衝撃の講座!

5f08075313a48b1fc8608ba2

 本編の一部から作ったCM動画はこちら!

さらに!
1/9に開催した土井先生と中島先生の3度めの対談 「料理はうれしい、おいしいはごほうび。」もアーカイブ配信準備中です。ミシマガで対談の一部も記事として公開予定! こちらもお楽しみに!

紙の本でも、ライブでも、電子書籍でも、アーカイブ動画でも。
あらゆる手段で、『料理と利他』の面白さを受け取り、味わい尽くしてくださいませ!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

ちゃぶ台6 の土井先生論稿もお見逃しなく!!

ちゃぶ台6 特集:非常時代を明るく生きる』にも土井先生の論稿「地球とAIと人間』を寄せていただいています! この非常時代に土井先生の知恵を!

9784909394422.jpg

『料理と利他』だけじゃない! 中島先生登場の本

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの

 →北海道の伝説の書店、くすみ書房の久住さんの遺稿。中島先生が「解説」を書いてくださっています。

『現代の超克 本当の「読む」を取り戻す』

 批評家・思想家の若松英輔さんとの全身全霊の対話!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します!

    MS Live! 制作室

    2020年の8月に初めて開催した「こどもとおとなのサマースクール2020 」では、全国から参加者が集まり、オンラインだからこそできる親密さのなか、生命力の高まる学びの場が生まれました(講座内容・開催のご挨拶はこちら)。参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました! そしてサマースクール から半年弱。この度、2021年の1月下旬に「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催することとなりました!

  • 料理と利他

    『料理と利他』の「はじめに」を公開します!

    ミシマガ編集部

    12月15日に発刊し、はやくも4刷りが決定した土井善晴さんと中島岳志さんの『料理と利他』。本日は、中島先生による「はじめに」を公開します。土井先生の魅力と謎、中島先生の考える利他とのつながり、などなど、本文を読みたくなる前菜というべき文章、どうぞお読みください!

  • 縁食から世界を変える(1)

    縁食から世界を変える(1)

    ミシマガ編集部

    お金の「円」ではなく、人と人、また人間以外のものとの「縁」をベースに「食」を考えなおした、藤原辰史さんの新刊『縁食論』。「縁食」のようなしなやかなつながりが、コロナ後の社会の鍵となる、とすでに多くの反響をいただいています。 そんな本書の発刊を記念して、『うしろめたさの人類学』の著者である文化人類学者の松村圭一郎さんとの対談イベントをMSLive!で開催しました。 松村さんが投げかける問いから、とてつもないスピード感でおふたりの思考が深まっていき、「縁食論のその後」のようなお話にまで議論が及びました。その模様を、本日と明日の2日間にわたってお伝えします。

ページトップへ