料理と利他

第4回

『料理と利他』、読者のご感想&書店での展開を紹介します!

2021.02.07更新

9784909394453.jpg『料理と利他』土井善晴・中島岳志(ミシマ社)

こんにちは、ミシマガ編集部です。
12月に発刊し、はやくも4刷りとなるなど、多くの方に手に取っていただいている土井善晴さんと中島岳志さんの『料理と利他』。家庭料理を通じて、環境問題などの社会問題を見つめる視座や、コロナ時代の生き方のヒントまで得ることのできる、「家庭料理の思想」が詰まった一冊です。

本日は、読者の方からいただいたご感想や、書店さんでの展開の様子をご紹介します。

また、中島岳志さんによる、本書の「はじめに」と「土井善晴論」をミシマガジンで公開しています。なぜ、いま土井先生の料理の思想が求められているのか? それがなぜ「利他」とつながるのか? などをお書きくださっています。ぜひそちらもご一読くださいませ!

『料理と利他』
はじめに

中島岳志先生による
「土井善晴論」

読者の方から熱い感想がぞくぞく!

読者の方から、はやくもたくさんのご感想はがきをいただいています。本日は、その一部をご紹介します。

この時代に、この時期にこそ求めていた!!という本でした。土井先生の料理に関する言葉も、中島先生の豊富な知識からなるお話も、本当におもしろく、発見や気付きに満ちあふれていました。和食の考え方は、今の混乱する世界にとても必要だと思います。

ものすごくおもしろく読みました。土井先生の料理のエッセンスのようなものはすでに感じていましたが、それを中島先生が、どんどん手を変え品を変え、奥から引っ張り出すように示してくださったので、ドキドキワクワクしました。

共存するというのは、自分は地球だと思うことで、地球を大事にすることは自分を大事にすることだ、という土井先生のお言葉は、わかりやすい中にとても深い真理のようなものを感じることができます。
日々の中で出会うものごと、他人とのあいだに生まれるさまざまな心の変容を大切に生きることで、結果、他人や環境にやさしくありたい、と改めて思うことができました。

素材をいじりまわさず、まかせる。そのためには相手(自然)に対する五感をみがく。
などなど、「うんうん。」と思う箇所がたくさんありました。

おふたりが料理を通して環境や社会情勢に思いをはせているのが大変興味深かったです。コロナが終息したら、ぜひ、中島さんに土井さんのキッチンスタジオを訪ねていただき、ふたりで一緒に料理を作りながらお話ししていただきたいです!

ずっと心に残しておきたい言葉の数々。
土井先生が仏のように微笑しているのは、ここまで深く深く考えているからなんだと気付きました。そして、お相手が中島先生だからこそ、この言葉が聞けた、とも思いました。2人が出会ってくれてほんとうによかったです。

全国の書店で大展開!

『料理と利他』の盛り上がりは書店員さんにも伝わっており、全国の書店で大きくご展開いただいています。本日は、その一部をご紹介させていただきます。お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

三省堂書店 神保町本店
1F「神保町セレクション」の実用書のど真ん中に『一汁一菜でよいという提案』と一緒に並べていただいています!

sanseidoh.png

有隣堂 セレオ八王子店
土井先生大好きな営業モリの激推しによって、開催中のミシマ社フェアの最上部にどーんと並べました。

hatiohji.png

丸善 京都本店
B2Fレジ前ミシマ社コーナーにて、「非常時代を明るく生きるフェア」の一冊としてご展開いただいています!
kyoto.jpg

ジュンク堂書店 三宮店
2F話題書~雑誌コーナーの壁際にて大展開! 3F実用書のコーナーでもご展開いただいています。

sannnomiya.jpg

ジュンク堂書店 明石店
実用話題書のコーナーで、おふたりの顔写真入り特大パネルとともにご展開いただいています!

akashi.jpeg

土井善晴×中島岳志 アーカイブ動画を期間限定配信中です!

本書は、「MSLive!Books」創刊第1弾の書籍でもあります。MSLive!Booksとは、ミシマ社主催のオンラインイベント「MSLive!」のライブ感をそのまま詰め込んだ書籍シリーズです。

そんな『料理と利他』の発刊を記念して、過去に行われた土井善晴さんと中島岳志さんの対談イベント、土井善晴さんの単独イベントのアーカイブ動画を、2/28(日)までの期間限定で配信中です。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

『料理と利他』電子書籍版リリース!&
アーカイブ動画復刻配信中!

また、『料理と利他』発刊記念で行われた最新イベントのアーカイブ動画も配信しています! 「おいしいは未来からやってくる」といったお話や、土井先生による「おはぎ」調理の実演など、盛りだくさんのイベントでした。

土井善晴×中島岳志対談 「料理はうれしい、おいしいはごほうび。」(一汁一菜と利他・第3弾)

83cfd5c599a91897676d.jpg

詳しくはこちら

***

いかがだったでしょうか? コロナ時代を生きる上で必読の一冊、『料理と利他』を、ぜひお近くの書店さんでお手に取ってみてください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

ページトップへ