料理と利他

第4回

『料理と利他』、読者のご感想&書店での展開を紹介します!

2021.02.07更新

9784909394453.jpg『料理と利他』土井善晴・中島岳志(ミシマ社)

こんにちは、ミシマガ編集部です。
12月に発刊し、はやくも4刷りとなるなど、多くの方に手に取っていただいている土井善晴さんと中島岳志さんの『料理と利他』。家庭料理を通じて、環境問題などの社会問題を見つめる視座や、コロナ時代の生き方のヒントまで得ることのできる、「家庭料理の思想」が詰まった一冊です。

本日は、読者の方からいただいたご感想や、書店さんでの展開の様子をご紹介します。

また、中島岳志さんによる、本書の「はじめに」と「土井善晴論」をミシマガジンで公開しています。なぜ、いま土井先生の料理の思想が求められているのか? それがなぜ「利他」とつながるのか? などをお書きくださっています。ぜひそちらもご一読くださいませ!

『料理と利他』
はじめに

中島岳志先生による
「土井善晴論」

読者の方から熱い感想がぞくぞく!

読者の方から、はやくもたくさんのご感想はがきをいただいています。本日は、その一部をご紹介します。

この時代に、この時期にこそ求めていた!!という本でした。土井先生の料理に関する言葉も、中島先生の豊富な知識からなるお話も、本当におもしろく、発見や気付きに満ちあふれていました。和食の考え方は、今の混乱する世界にとても必要だと思います。

ものすごくおもしろく読みました。土井先生の料理のエッセンスのようなものはすでに感じていましたが、それを中島先生が、どんどん手を変え品を変え、奥から引っ張り出すように示してくださったので、ドキドキワクワクしました。

共存するというのは、自分は地球だと思うことで、地球を大事にすることは自分を大事にすることだ、という土井先生のお言葉は、わかりやすい中にとても深い真理のようなものを感じることができます。
日々の中で出会うものごと、他人とのあいだに生まれるさまざまな心の変容を大切に生きることで、結果、他人や環境にやさしくありたい、と改めて思うことができました。

素材をいじりまわさず、まかせる。そのためには相手(自然)に対する五感をみがく。
などなど、「うんうん。」と思う箇所がたくさんありました。

おふたりが料理を通して環境や社会情勢に思いをはせているのが大変興味深かったです。コロナが終息したら、ぜひ、中島さんに土井さんのキッチンスタジオを訪ねていただき、ふたりで一緒に料理を作りながらお話ししていただきたいです!

ずっと心に残しておきたい言葉の数々。
土井先生が仏のように微笑しているのは、ここまで深く深く考えているからなんだと気付きました。そして、お相手が中島先生だからこそ、この言葉が聞けた、とも思いました。2人が出会ってくれてほんとうによかったです。

全国の書店で大展開!

『料理と利他』の盛り上がりは書店員さんにも伝わっており、全国の書店で大きくご展開いただいています。本日は、その一部をご紹介させていただきます。お近くの方は、ぜひお立ち寄りください!

三省堂書店 神保町本店
1F「神保町セレクション」の実用書のど真ん中に『一汁一菜でよいという提案』と一緒に並べていただいています!

sanseidoh.png

有隣堂 セレオ八王子店
土井先生大好きな営業モリの激推しによって、開催中のミシマ社フェアの最上部にどーんと並べました。

hatiohji.png

丸善 京都本店
B2Fレジ前ミシマ社コーナーにて、「非常時代を明るく生きるフェア」の一冊としてご展開いただいています!
kyoto.jpg

ジュンク堂書店 三宮店
2F話題書~雑誌コーナーの壁際にて大展開! 3F実用書のコーナーでもご展開いただいています。

sannnomiya.jpg

ジュンク堂書店 明石店
実用話題書のコーナーで、おふたりの顔写真入り特大パネルとともにご展開いただいています!

akashi.jpeg

土井善晴×中島岳志 アーカイブ動画を期間限定配信中です!

本書は、「MSLive!Books」創刊第1弾の書籍でもあります。MSLive!Booksとは、ミシマ社主催のオンラインイベント「MSLive!」のライブ感をそのまま詰め込んだ書籍シリーズです。

そんな『料理と利他』の発刊を記念して、過去に行われた土井善晴さんと中島岳志さんの対談イベント、土井善晴さんの単独イベントのアーカイブ動画を、2/28(日)までの期間限定で配信中です。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

『料理と利他』電子書籍版リリース!&
アーカイブ動画復刻配信中!

また、『料理と利他』発刊記念で行われた最新イベントのアーカイブ動画も配信しています! 「おいしいは未来からやってくる」といったお話や、土井先生による「おはぎ」調理の実演など、盛りだくさんのイベントでした。

土井善晴×中島岳志対談 「料理はうれしい、おいしいはごほうび。」(一汁一菜と利他・第3弾)

83cfd5c599a91897676d.jpg

詳しくはこちら

***

いかがだったでしょうか? コロナ時代を生きる上で必読の一冊、『料理と利他』を、ぜひお近くの書店さんでお手に取ってみてください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    ミシマガ編集部

    考えてみると、原因がよくわからず、人に言うほどでもなく、病院にかかるほどでもない、謎の症状って、けっこうありませんか?  たとえば私(編集ホシノ)は、日陰の場所から日が当たる場所に出ると、95%くらいの確率でくしゃみが出ます。それを若林先生になんとはなしに話したところ、「あー、そういうのって意外と、その人の体質と関連していて、東洋医学で説明できることもあるんですよ」とのお話。なんと! それは知りたい!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

ページトップへ