そのココロは、アフリカン大仏の巻

第1回

そのココロは、アフリカン大仏の巻

2019.07.05更新

俺はずいぶん定食にやられてきた。

定食という表記は腹減り度の高い者を狂わせる。定食には実に無抵抗になっている。

単品と単品の組み合わせやとんかつと白ごはんと注文すればいいのに俺は何も考えずに〇〇定食を注文している。

別に損をしているわけではないと思うが定食と書かれているから簡単にそれを注文していた俺がもっさいなと、ふと思った。

そして今回、俺に与えられた連載のタイトルがなんと「バッキー・イノウエ定食」だ。このミッションの本意はなんなんだろう。またしてもミシマ社のボスでもある中世からやって来たボーダーマンに乗せられたのか。

いや違う。定食という隠れ蓑を使ってなんでも書けということだと俺は解釈した。解釈させてもらった。ありがとうボーダーマン。この罠に乗せてもらうぜ。

0705-1.jpg

じゃあこれはなんなんだ。これはこの夏に大丸百貨店がこしらえて京都店で販売している「泣いてるアフリカン大仏」のティーシャツ。これは俺が描いたもので紙の上の絵ではなく人の胸で踊ることをイメージしてゴキゲンの瞬間を切り取って描いているのだが、これが実に惹きつけられるキャラクターになっている。

まず表情が生きていてタッチの速さと曲線的な指し回しが伝わってくるしこのキャラクターが優れた大局観を持っていることをこの表情から読み取ることが出来る。

そしてこの絵のタイトルが俺をフラフラにする。なぜ泣いているのか。なぜアフリカンなのか。なぜ大仏なのか。なぜそこに"Someday We'll Be Together "なのか。ダイアナ・ロスがいたシュープリームスの名曲のタイトルやんか。ええんかそれで。

しかもこのティーシャツは京都の大丸だけで一週間ほど陳列販売されていただけなのに100枚近く売れたと聞く。価格も五千円近いので決して安くない。陳列されていない今でも大丸に問い合わせをして買いに行かれている人もいるらしい。どうなっているんだ。

この絵を描いた者としては「泣いてるアフリカン大仏」もいいけれど「ヌケガラニンニク」もフューチャーして欲しい。かわいいから。存在がポンとしてるから。名前がいいから。ぜひたくさんの人に着て欲しい。俺はいつからTシャツ屋になったんだ。漬物屋やん俺は。〇〇屋と言ってはあかんという人がいるが「漬物店を営む人間」ではどうも売れる気がしない。

0705-2.jpg
このヌケガラニンニクが世に登場したのは一年近く前のタバーン・シンプソンのカウンターだった。俺が飲んでいたウイスキーの下のコースターが裏返ってヒョイとヌケガラニンニクが現れた。

0705-3.jpg0705-4.jpg

描いた瞬間、なんだこれはと思ってすぐマスターにもっとコースターくださいというと、たぶん俺用だと思われる使ったあとのコースターを数枚出してくれた。それからヌケガラニンニクをその夜描きまくった。

あれから一年たってとうとう完成形のヌケガラニンニクになった。キャンバスに描いたものは売れてしまった。俺はいったいどこに向かっているのか。どこでもいいが俺はアントニオ・マルケスの踊りを見たい。

そしてなんで定食なんだ。この連載は。

あー、というしかない。

20190628 バッキー・イノウエ

バッキー井上

バッキー井上
(ばっきーいのうえ)

本名・井上英男。1959年京都市中京区生まれ。高校生のころから酒場に惹かれ、ジャズ喫茶などに出入りする。水道屋の職人さんの手元を数年した後、いわゆる広告の「クリエイティブ」に憧れ広告会社にもぐり込む。画家、踊り子、「ひとり電通」などを経て、37歳で現在の本業、錦市場の漬物店「錦・高倉屋」店主となる。そのかたわら、日本初の酒場ライターと称して雑誌『Meets Regional』などで京都の街・人・店についての名文を多く残す。さらには自身も「居酒屋・百練」を経営。独特の感性と語りが多くの人を惹きつけ、今宵もどこかの酒場で、まわりの人々をゴキゲンにしている。著書に『たとえあなたが行かなくとも店の明かりは灯ってる。』、『いっとかなあかん店 京都』(以上、140B)『人生、行きがかりじょう』(ミシマ社)がある。

編集部からのお知らせ

『人生、行きがかりじょう』のカバーが新しくなりました

 バッキー井上さんの人生哲学が詰まった名著、『人生、行きがかりじょう』のカバーが新しくなりました。
 今回の『バッキー・イノウエ定食』にも登場している、ヌケガラニンニクが目印です!

20190704163635_000011aa.jpg『人生、行きがかりじょう』

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

  • 安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    安田登×いとうせいこう×釈徹宗×ドミニク・チェン 論語はやっぱりすごかった(1)

    ミシマガ編集部

    5/25(土)(『すごい論語』の発刊日)に、著者の安田さんと、『すごい論語』に登場してくださった対談相手のいとうせいこうさん、釈徹宗さん、ドミニク・チェンさんの4人全員が一堂に会する、「すごい×すごい×すごい×論語」が、青山ブックセンター本店で開催されました。その模様を2日にわたり掲載します。本日は前半です。どうぞお楽しみください!

  • 第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました!

    第4弾『しあわせしりとり』PVをつくりました!

    ミシマガ編集部

    本日は『しあわせしりとり』第4弾! 先週土曜日の発刊以降、ご好評いただいていおります『しあわせしりとり』。今回ついに、PVをつくってしまいました・・・なんと、著者の益田ミリさん、装丁家の大島依提亜さん、そして書店員の方々にご出演いただきました! 

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

この記事のバックナンバー

ページトップへ