4刷が決定しました!

第7回

4刷が決定しました!

2018.12.07更新

 『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』の発売からおよそ3カ月。全国各地の読者のみなさま、書店員のみなさまからの絶大な支持を受け、おかげさまで4刷が決まりました。また、メディアでの紹介も途切れることはなく、北海道新聞(2018年8月23日)、サンデー毎日(2018年10月7日号)、朝日新聞(2018年10月13日)、中國新聞(2018年10月14日)...etc. 各地で話題沸騰中です。

 2018年11月12日発売号の「日経ビジネス」では、雑誌「考える人」の元編集長で、『言葉はこうして生き残った』の著者である河野通和さんが、下記のように本書を紹介してくださいました。

『奇跡の本屋をつくりたい』は2003年に「なぜだ!? 売れない文庫フェア」、04年に「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」フェアを仕掛け、札幌にくすみ書房あり、と出版不況で沈滞する業界に喝を入れた名物書店主の著書になります。「人を集める」場として、またやるべきことはあるんじゃないか。ユーモアを交えながら、ちょっとした「おせっかい」を続けた"本屋のオヤジ"が遺したことばは勇気と希望を与えてくれます。

 紹介の最後にも「勇気と希望を与えてくれます」とありますが、同じ思いでおはがきをくださる方も多くいらっしゃいます。その読者はがきの一部紹介すると・・・

何か新しいことをやろうとする私にとっての最高の一冊になりました。(50代・男性・大阪府)

町に本屋は絶対必要と、ずっと思っていました。本屋のない町にはすみたくないなと。久住さんのような書店主がいる本屋が日本中に必要だと思っています。(20代・女性・神奈川県)

ひきこまれて一気に読みました。特に地元の個人経営の本屋さんがいかに大変か、少しでもわかりました。久住さんは次々におそってくる悲しみや、経営上の苦境にさらされながら、本当に頑張られたんだなあと、胸があつくなります。(50代・女性・岡山県)

 こちらの感想は4刷分より新デザインとなる帯にも掲載させていただく予定です。おはがきをお送りくださったみなさま、ありがとうございました。

 また、本屋さんでもこの『奇跡の本屋をつくりたい』の展開が盛り上がっています。紀伊國屋書店札幌本店さんでは、「奇跡の本屋in紀伊國屋書店札幌本店 〜これを読め!くすみ書房のオヤジが残したもの」として、久住さんがくすみ書房のおすすめしていた本を集め、「奇跡の本屋」が再現されています。1月中旬ごろまでの開催予定ですので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

1207-1.jpg

 そして、最後にビッグニュースです! 年内に某テレビ番組にて、本書が紹介されることになりました。また、年末にはラジオ番組に本書の解説を務めてくださった中島岳志さんが出演することが決まっています。これらの内容の詳細は、情報解禁となり次第、ミシマ社ニュースおよびミシマ社ツイッター等でお伝えいたします。

 ミシマ社全員が自信を持っておすすめする、この一冊。年末年始の読書に、ぜひお手にとってみてください。

kiseki_shoei.jpg『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』久住邦晴(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ