4刷が決定しました!

第7回

4刷が決定しました!

2018.12.07更新

 『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』の発売からおよそ3カ月。全国各地の読者のみなさま、書店員のみなさまからの絶大な支持を受け、おかげさまで4刷が決まりました。また、メディアでの紹介も途切れることはなく、北海道新聞(2018年8月23日)、サンデー毎日(2018年10月7日号)、朝日新聞(2018年10月13日)、中國新聞(2018年10月14日)...etc. 各地で話題沸騰中です。

 2018年11月12日発売号の「日経ビジネス」では、雑誌「考える人」の元編集長で、『言葉はこうして生き残った』の著者である河野通和さんが、下記のように本書を紹介してくださいました。

『奇跡の本屋をつくりたい』は2003年に「なぜだ!? 売れない文庫フェア」、04年に「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」フェアを仕掛け、札幌にくすみ書房あり、と出版不況で沈滞する業界に喝を入れた名物書店主の著書になります。「人を集める」場として、またやるべきことはあるんじゃないか。ユーモアを交えながら、ちょっとした「おせっかい」を続けた"本屋のオヤジ"が遺したことばは勇気と希望を与えてくれます。

 紹介の最後にも「勇気と希望を与えてくれます」とありますが、同じ思いでおはがきをくださる方も多くいらっしゃいます。その読者はがきの一部紹介すると・・・

何か新しいことをやろうとする私にとっての最高の一冊になりました。(50代・男性・大阪府)

町に本屋は絶対必要と、ずっと思っていました。本屋のない町にはすみたくないなと。久住さんのような書店主がいる本屋が日本中に必要だと思っています。(20代・女性・神奈川県)

ひきこまれて一気に読みました。特に地元の個人経営の本屋さんがいかに大変か、少しでもわかりました。久住さんは次々におそってくる悲しみや、経営上の苦境にさらされながら、本当に頑張られたんだなあと、胸があつくなります。(50代・女性・岡山県)

 こちらの感想は4刷分より新デザインとなる帯にも掲載させていただく予定です。おはがきをお送りくださったみなさま、ありがとうございました。

 また、本屋さんでもこの『奇跡の本屋をつくりたい』の展開が盛り上がっています。紀伊國屋書店札幌本店さんでは、「奇跡の本屋in紀伊國屋書店札幌本店 〜これを読め!くすみ書房のオヤジが残したもの」として、久住さんがくすみ書房のおすすめしていた本を集め、「奇跡の本屋」が再現されています。1月中旬ごろまでの開催予定ですので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

1207-1.jpg

 そして、最後にビッグニュースです! 年内に某テレビ番組にて、本書が紹介されることになりました。また、年末にはラジオ番組に本書の解説を務めてくださった中島岳志さんが出演することが決まっています。これらの内容の詳細は、情報解禁となり次第、ミシマ社ニュースおよびミシマ社ツイッター等でお伝えいたします。

 ミシマ社全員が自信を持っておすすめする、この一冊。年末年始の読書に、ぜひお手にとってみてください。

kiseki_shoei.jpg『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』久住邦晴(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ