4刷が決定しました!

第7回

4刷が決定しました!

2018.12.07更新

 『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』の発売からおよそ3カ月。全国各地の読者のみなさま、書店員のみなさまからの絶大な支持を受け、おかげさまで4刷が決まりました。また、メディアでの紹介も途切れることはなく、北海道新聞(2018年8月23日)、サンデー毎日(2018年10月7日号)、朝日新聞(2018年10月13日)、中國新聞(2018年10月14日)...etc. 各地で話題沸騰中です。

 2018年11月12日発売号の「日経ビジネス」では、雑誌「考える人」の元編集長で、『言葉はこうして生き残った』の著者である河野通和さんが、下記のように本書を紹介してくださいました。

『奇跡の本屋をつくりたい』は2003年に「なぜだ!? 売れない文庫フェア」、04年に「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」フェアを仕掛け、札幌にくすみ書房あり、と出版不況で沈滞する業界に喝を入れた名物書店主の著書になります。「人を集める」場として、またやるべきことはあるんじゃないか。ユーモアを交えながら、ちょっとした「おせっかい」を続けた"本屋のオヤジ"が遺したことばは勇気と希望を与えてくれます。

 紹介の最後にも「勇気と希望を与えてくれます」とありますが、同じ思いでおはがきをくださる方も多くいらっしゃいます。その読者はがきの一部紹介すると・・・

何か新しいことをやろうとする私にとっての最高の一冊になりました。(50代・男性・大阪府)

町に本屋は絶対必要と、ずっと思っていました。本屋のない町にはすみたくないなと。久住さんのような書店主がいる本屋が日本中に必要だと思っています。(20代・女性・神奈川県)

ひきこまれて一気に読みました。特に地元の個人経営の本屋さんがいかに大変か、少しでもわかりました。久住さんは次々におそってくる悲しみや、経営上の苦境にさらされながら、本当に頑張られたんだなあと、胸があつくなります。(50代・女性・岡山県)

 こちらの感想は4刷分より新デザインとなる帯にも掲載させていただく予定です。おはがきをお送りくださったみなさま、ありがとうございました。

 また、本屋さんでもこの『奇跡の本屋をつくりたい』の展開が盛り上がっています。紀伊國屋書店札幌本店さんでは、「奇跡の本屋in紀伊國屋書店札幌本店 〜これを読め!くすみ書房のオヤジが残したもの」として、久住さんがくすみ書房のおすすめしていた本を集め、「奇跡の本屋」が再現されています。1月中旬ごろまでの開催予定ですので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

1207-1.jpg

 そして、最後にビッグニュースです! 年内に某テレビ番組にて、本書が紹介されることになりました。また、年末にはラジオ番組に本書の解説を務めてくださった中島岳志さんが出演することが決まっています。これらの内容の詳細は、情報解禁となり次第、ミシマ社ニュースおよびミシマ社ツイッター等でお伝えいたします。

 ミシマ社全員が自信を持っておすすめする、この一冊。年末年始の読書に、ぜひお手にとってみてください。

kiseki_shoei.jpg『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』久住邦晴(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 益田ミリ

    益田ミリさんの大人気コミックエッセイ「今日の人生」は、2022年4月に連載10周年を迎えました! さらに、連載を単行本化した『今日の人生』の発刊から5周年! 連載開始時から大きく変わった世界の中で、ずっと変わらない日常の尊さを描き続けている本連載。なんとなく疲れを感じたとき、世の中の目まぐるしい変化の中で少し立ち止まりたいときなど、折に触れてお読みいただけると嬉しいです。

  • 『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    『教えて!タリバンのこと』刊行特集 教えてください! イスラム圏、ウクライナ、これからの世界の見かた(前編)

    ミシマガ編集部

    『教えて!タリバンのこと』発刊を記念して、内藤先生の特別インタビューを掲載します。本書は、「世界を別の角度から見ること」や「土台の異なる他者との対話」の大切さを訴える一冊です。  アフガニスタンの米軍撤退と、ロシアのウクライナ侵攻はつながっている? ロシアにも米国にも侵攻された経験をもつ人びとは、今起きている戦争と国際社会をどう見ている? 今まさに、ひとりでも多くの方に読んでいただきたい言葉をお届けします。

  • 声に出して読みたいウクライナ語

    声に出して読みたいウクライナ語

    松樟太郎

    こんにちは、ミシマ社から『声に出して読みづらいロシア人』という本を発刊いたしました松と申します。2022年2月、そのロシアが突然ウクライナに戦争を仕掛け、今もまだ戦闘状態が続いています。どちらの国も言語も好きな私にとっては、正直、いたたまれません。

  • ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    ウクライナ侵攻について(藤原辰史)

    藤原辰史/伊原康隆

    歴史学者の藤原辰史さんと数学者の伊原康隆さんによる、往復書簡の連載です。ロシアがウクライナに侵攻したという事実を前に、今回の藤原さんからのお手紙は、歴史学者の立場から、今目の前で起こっていることについて、記していただきました。

ページトップへ