読者のみなさんからのおはがきを紹介します

第6回

読者のみなさんからのおはがきを紹介します

2018.10.07更新

 『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』の発売からおよそ1カ月半。おかげさまで発売直後に増刷が決まり、新聞や雑誌など各種メディアでも取り上げられ、9月29日発売号の『週刊東洋経済』では、この本の解説を担当してくださった中島岳志さんへのインタビューが掲載されています(こちらの記事は、「東洋経済オンライン」でもご覧いただけます)。

 そしてミシマ社のオフィスには、毎日読者の方からのうれしいおはがきがたくさん届きます。なかでも『奇跡の本屋をつくりたい』へのおはがきの量が本当にすごいんです。日々全国各地から届く読者はがきを読む時間が楽しみの一つです。これをミシマ社メンバーだけで読んでいるのはもったいない! というわけで、本日のミシマガでは、読者はがきを一部紹介いたします!

kiseki_shoei.jpg

『奇跡の本屋をつくりたい』久住邦晴(ミシマ社)

書店を続けるために本当に苦労され、大切なご家族の死、それでも自身のやりたいことをあきらめないお姿に感動しました。顔には苦労を出さず笑顔でいることは、なかなかできません。私にとっての最高の一冊になりました。(男性)

町に本屋は絶対必要と、ずっと思っていました。本屋のない町には住みたくないな、と。久住さんのような店主がいる本屋が日本中に必要だと思っています。(20代・女性)

学生時代まで札幌市西区に住んでおり、琴似のくすみ書房は昔から馴染みある書店でした。久住さんは数々の苦境を様々なアイディアと資金的な協力を得て乗り越えてきたことに驚きました。久住さんという一人の人間を応援したいと思う人がたくさんいたのですね。それは本からたくさんの能力を養ってきた久住さんの人間的な魅力があってこそだと思います。(40代・男性)

せつなかったです。専門学校の近所に「くすみ書房」があり、学校の行き帰り、何度も寄らせてもらいました。久住さんはずっと「本屋のオヤジ」で居てほしかったです。悲しくて、辛いことも沢山あったはずなのに、優しい笑顔の写真を見ると、本屋のカウンターに居る久住さんに会いたかったと心から思いました。(50代・女性)

判型や活字などがとても優しく感じられたので手に取りました。少し読んでみて、この本には今の自分の栄養になることが書いてあるように思ったので購入しました。学生さんから大企業にお勤めの方まで幅広く読まれたら、すこしは生きやすい世の中になるように感じます。(女性)

以前、静岡の戸田書店城北店が閉店したときに、ことばにできない寂しさと悲しさを感じ、最終日に灯が消えるまで見守ったことがあります。良い本屋さんが消えていくことが残念でなりません。くすみさんも同様です。くすみさんが生きていらっしゃる間に、少しでも協力ができたならよかったのに・・・と思いながら読ませていただきました。くすみさんのお心をぜひ受け継いでいきたいものです。(50代・女性)

 おはがきをお送りくださったみなさま、ありがとうございました。『奇跡の本屋をつくりたい』、たくさんの方に読んでいただきたい一冊です。まだお持ちでない方は、ぜひお気に入りの本屋さんで、お手にとってみてくださいませ。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 高橋さん家の次女 第2幕

    序 〜怒られの人〜

    高橋 久美子

     話題沸騰中の高橋久美子さんによる書籍『その農地、私が買います』の続編が、本日よりスタートします!「実家の畑をソーラーパネルにしたくない」。その思いを胸に、故郷の農地をめぐる複雑な事情とご自身の奮闘ぶりを赤裸々に綴ってこられた高橋さん。書籍発表を経た今、地元で、東京で、どんな声を聴き、何をしようとされているのでしょうか? 「続編を」というたくさんの声にお応えして、「高橋さん家の次女」第2幕がついに開幕します!

  • 斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    斎藤幸平×タルマーリー(渡邉格・麻里子)対談 コモン再生は日本のグローバルサウスで芽吹く(前編)

    ミシマガ編集部

    『人新世の「資本論」』(集英社新書)がロングセラーになっている斎藤幸平さんと、『菌の声を聴け』(ミシマ社)の著者タルマーリー(渡邉格・麻里子)の対談が実現しました! パンクロック、食、気候変動、マルクス、脱成長コミュニズム・・・。実践と理論を通じて、これからを生き延びるためのコモン再生の方法を探るエキサイティングな対談の一部をお届けします!

  • 『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    『その農地、私が買います』、多彩な反響が続々!!

    ミシマガ編集部

     発売から約1カ月、高橋久美子著『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』は、感想をくださる方々の老若男女の幅や、どの角度から興味を持ち心を動かしてくださったかという切り口の多彩さが、際立っているように感じます。たくさんの媒体の方に取材いただくなかで、あらためて見えてきたこと、そして本書の魅力を、編集ホシノからお伝えします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

ページトップへ