5刷突破&めざましテレビで紹介されました!

第8回

5刷突破&めざましテレビで紹介されました!

2019.02.14更新

 『奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』の発刊からまもなく半年。おかげさまで1万部を突破し、さらに5刷も決まりました。多くの方に読んでいただけ、久住さんのメッセージが届いていることが本当に嬉しいです。ありがとうございます。この増刷のタイミングで帯も新しくして、またこれまでと少し違う雰囲気になりました。

DvohwehVYAEcFwk.jpg-large.jpeg

 読者はがきも途切れることなく届いておりますので、今回のミシマガでは直近のメディアでとともにご紹介いたします!

私に足りない物を、久住さんが、この本が届けてくれた気がしています。(30代女性)

個人で小さなカフェを経営しており、「経営のヒントになるのでは」とお客様より頂戴しました。個人で商売をやっている身として、経営の大変さが他人事ではない一冊でした。そして久住さん、もっと生きて欲しかった。(30代男性)

札幌にこんな素敵な本屋があり、それは店主の久住さんが、本当に本を愛し、大切に思っていたからと知りました。中高生に「本を読め」と、私も声を大にして言い続けます。(70代女性)

 読んだ方によって感じ方もいろいろ。それぞれが久住さんから受け取ったメッセージが、おはがきからも伝わってきます。お送りいただきありがとうございます!

 また、2019年の年明けすぐに、信濃毎日新聞にて、モデルのKIKIさんが

(...)本書ではユニークな企画で、これまであまり本と触れ合ってこなかった人々の足を書店に向けさせて、数々の出会いを作っていった道筋が書かれている。くすみ書房は閉店してしまい、著者である店主も病によってこの世を去ってしまった。とはいえ、彼が創り出した本と人との"出会い"という奇跡は今も続いている。お年玉を握って書店に行きたくなる一冊。

 と、素敵な紹介をしてくださいました。

 その後も1月15日には、めざましテレビの「尾崎図書観」のコーナーにて、ミュージシャンの尾崎世界観さんが取り上げてくださいました! (その様子をツイッターに掲載したものはこちら。↓)

 奇跡の本屋.jpg

 番組のなかで尾崎さんは、本屋さんが減っていくことへの寂しさとともに、久住さんについて

久住さんはすごくいろいろことに挑戦していくんですけど、弱音も吐いていて、そこが人間らしくて説得力があるなと思いました。

とご紹介くださいました。

 発刊後もいろいろなメディアで紹介され続けている本書。今後もまたご紹介ありましたらこのページでお知らせいたします!

 本も全国の書店で展開中ですので、(もし在庫がなくてもお取り寄せできます。)本屋さんに足を運んで、ぜひお手にとってくださいませ!

kiseki_shoei.jpg

奇跡の本屋をつくりたい くすみ書房のオヤジが残したもの』久住邦晴(ミシマ社)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

ページトップへ