書店員さんからのコメントを紹介します

第5回

書店員さんからのコメントを紹介します

2018.08.26更新

 今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。

 ミシマガの「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーでは、本の編集に込めた思いとは? くすみ書房ってどんな本屋さん? 著者の久住邦晴さんってどんな人? そんな疑問にお答えしつつ、くすみ書房店主の久住さんと親交のあった方々や書店員さんからのコメントなど、盛りだくさんでお伝えしていきます。

 第5回目の本日は書店員さんからのコメントをご紹介します!

 ミシマ社では、発刊の前に本屋さんにゲラ(原稿)をお送りします。それと一緒に本を読んだ印象やコメントを書いていただく「感想シート」もお送りするのですが、今回の本では、同じ本屋さんが書いた本ということもあってか、いつも以上に熱のこもったコメントをいただきました。

kiseki_shoei.jpg

『奇跡の本屋をつくりたい』久住邦晴(ミシマ社)


くすみ書房さんが書店員の心にまいた種を少しでも自分のお店で育て、実を結ぶことができたら、どんなに素敵でしょう。書店員としてできる事、まだまだ頭をやわらかくして考えていきたいです。

――今村さん(TSUTAYA西宝店)


本は人として生きていくためのライフラインである。だから街に本屋は絶対的に無くてはならない。しかし文化の砦である本屋を守り続けていくのは何と困難なことなのだろう・・・。読んでいて心が打ち震えた。涙が止まらなかった。ひとりでも多くの方にこの尊い闘いを知ってもらいたい・・・。この国の未来はこの一冊の中にある!!

――内田剛さん(三省堂書店営業企画室)


くすみ書房さんとまったく同じ環境にいる気がします。家族のため、社員のため、私たちの本屋が好きなお客様のため、がんばらなければと思わせて頂きました。

――大橋崇博さん(流泉書房)


ここ数年書店業界は更にしんどくてネガティブな話題が多いですが、「やれることは全部やる」「ともかく動く」そして本の魅力を信じ本屋の可能性を信じて走り続けてこられた久住さんの姿に励まされる書店人、また書店のみならず壁にあたっている人は多いのではないでしょうか。久住さんの新発想の書店の姿をみてみたかった。いや、この本を読んで書店員が久住さんの思いを受けて、創っていかなくてはと思います。

――塚中良平さん(学運堂)


本屋の仕事はのめり込めばのめり込むほど苦しくなり、自身も消耗してしまう。生活を顧みず、命を削り、ビジネスとしても破綻、その顛末を嗤う者もいるだろう。だが日本の本屋の文化を支えて来たのは、間違いなくこうした先輩方である。私たちはどういう形であれ、先輩方が切り開いてくれた土壌の上に立って仕事をしている。この本を感動だけで終わらせてはいけない。私たちはもう次へ進まなくてはならない。

――日野剛広さん(ときわ書房志津ステーションビル店)


こんなにも誠実でまっすぐなお店を構えていた店主がいたのか・・・とただただ驚愕した。久住さんのスピリットを受け継ぎます! そんな事は軽々しく言えないし、できない。私は私の生き方でしか生きられない。その先に"奇跡"というものが起こるのではなかろうか? そんな気がした。

――横田かおりさん(本の森セルバ岡山店)

 いよいよ、来週28日(火)の発刊となります。お手に取ってくださいませ。

0825-11.jpg

編集部からのお知らせ

出版記念イベント「奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの展」を開催します

日時:2018年8月28日(火)~9月24日(月)
10:00~20:00 年中無休

『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』(久住邦晴著・ミシマ社刊)発売を記念して、同タイトルの展覧会を、札幌の新古書店 書肆吉成にて開催します。長女で写真家のクスミエリカ氏が撮影した記録写真をメインに、くすみ書房ゆかりの品や書籍の生原稿などを展示します。

〈オープニング&トークイベント〉
日時:2018年8月28日(火)
17:00~ オープニング
18:00~19:30 中島岳志×矢萩多聞×三島邦弘×クスミエリカ トーク(入場無料)

詳しくはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ