引っ越しへの道 どうなる!? ミシマ社京都オフィス〜タブチレポート編

第3回

引っ越しへの道 どうなる!? ミシマ社京都オフィス〜タブチレポート編

2018.07.17更新

 こんにちは。京都オフィスのタブチです。前回のミシマ社の話でもあったように、現在の京都オフィスが、年内には退去しなければならないことになりました。

 ワタナベを中心としてなんとか現状の場所での活動を続けられないかと交渉を図るも実らず、しかし、そうと決まればすぐに前を向き直し、未来のことを考えるのがミシマ。さっそく物件探しに邁進します。

 少し余談なのですが、引越しといえばタブチも、ミシマ社に入り東京から京都へ引越し、それが初めての一人暮らしでした。最初に引越した部屋はオフィスに近く安いからというだけで選んだ物件。とにかく変な間取りで、洗濯機の横に寝てました。そんなことはさておき、今回は京都オフィスの引越しまでの様子をタブチがレポートいたします!

 この時点でのオフィスの候補となる物件は2つ。1つは京阪の北の終点、出町柳の近くにある町家。そしてもう1つは御幸町御池を下がったところにある、いわゆる「京都の街中」にあるテナント物件です。

 先日、仕事もそろそろひと段落かなという夕方に、ミシマが

「物件、見にいこうや」

とメンバーに声をかけました。

「行きましょう」

と、間髪入れずに答えるタブチ。

 その横で、ワタナベがなにやらグーグルマップで物件の場所を検索し始めます。最初はオフィスからの道順を調べるつもりだったものの、途中から道路沿いの風景をパノラマ写真で見ることができる「ストリートビュー」の機能を駆使して、その向かおうとしている出町柳の物件の外観を写し出しました。

「あ、今パソコンでこんなとこまでわかんねや」

 その物件の周辺、そして外観を一歩も動かずして見てしまったミシマとタブチ。

 おそらく、2人ともなんとなく現地まで行って見てみたい気持ちはありつつも、その晩、新オフィス候補の物件へ行くことはなかったのでした。

 その後も御幸町御池の近くの街中のテナント物件もストリートビューを駆使して物件の周辺情報を調べるワタナベ。

「見てくださいよ、この室外機の数」

 航空写真からそのテナントの屋上を捉え、エアコンの数、そして部屋の数を推測するその姿は、スパイそのものです。

 その街中の物件は、その航空写真から分析するにおそらく100坪ほど。家賃も現在の2倍以上になることは必至で、その日はなんとなく、それも無理かなあと雰囲気でそれぞれ解散しました。

 そして迎えた、次の日の朝のミーティング。

「やっぱ街の方へ出ようと思うねん」

「出町柳の方の物件は、現状の規模での仕事を続けるには全く問題のない物件。でも正直ワクワクはしなかってん」

「今の殻を破って、新しいことをやるには、やっぱり街の方へ出たほうがいいと思うねん」

 と切り出すミシマ。というわけで、御池〜四条のいわゆる「街」のほうへ出るという方向性だけは決まったのでした。

 しかしその方針もあくまでも「現時点」のもの。明日には、山奥へ行こう! となっている可能性はゼロではありません。ともあれ、ぜひ京都の中心部に広めの物件がありましたら、教えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

これからのことは、また次回レポートいたします!

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

    教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと(1)

    ミシマガ編集部

    ミシマ社が新メンバーを募集します。1/3(木)より、『生きるように働く』の著者であるナカムラケンタさんの運営する求人サイト「日本仕事百貨」にて募集を開始します。こちらのミシマガ記事では、日本仕事百貨掲載のための「ナカムラさんからミシマ社へのインタビュー」のあとに開催された、「ミシマ社メンバーからナカムラさんへのインタビュー」イベント、「教えてナカムラさん! 採用のこと、仕事のこと」の様子をお届けします。

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    くすみ書房店主・久住邦晴さんの本を発刊します

    ミシマガ編集部

    今月末に『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のオヤジが残したもの』が発刊となります。多くの人に愛されながらも、2015年に閉店した札幌の書店「くすみ書房」の店主、久住邦晴さんの未完の遺稿を再編集し、書籍化したものです。この本にちなんで今日からミシマガ上でも「奇跡の本屋をつくりたい」のコーナーがスタートします。

  • 『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    『うしろめたさの人類学』を読んでみよう(1)

    ミシマガ編集部

    こんにちは、京都オフィスの野崎です。突然ですが、今日はミシマガ読者のみなさんにとにかく早く伝えたい、大ニュースがあるんです! それは・・・

ページトップへ