引っ越しへの道 どうなる!? ミシマ社京都オフィス〜タブチレポート編

第3回

引っ越しへの道 どうなる!? ミシマ社京都オフィス〜タブチレポート編

2018.07.17更新

 こんにちは。京都オフィスのタブチです。前回のミシマ社の話でもあったように、現在の京都オフィスが、年内には退去しなければならないことになりました。

 ワタナベを中心としてなんとか現状の場所での活動を続けられないかと交渉を図るも実らず、しかし、そうと決まればすぐに前を向き直し、未来のことを考えるのがミシマ。さっそく物件探しに邁進します。

 少し余談なのですが、引越しといえばタブチも、ミシマ社に入り東京から京都へ引越し、それが初めての一人暮らしでした。最初に引越した部屋はオフィスに近く安いからというだけで選んだ物件。とにかく変な間取りで、洗濯機の横に寝てました。そんなことはさておき、今回は京都オフィスの引越しまでの様子をタブチがレポートいたします!

 この時点でのオフィスの候補となる物件は2つ。1つは京阪の北の終点、出町柳の近くにある町家。そしてもう1つは御幸町御池を下がったところにある、いわゆる「京都の街中」にあるテナント物件です。

 先日、仕事もそろそろひと段落かなという夕方に、ミシマが

「物件、見にいこうや」

とメンバーに声をかけました。

「行きましょう」

と、間髪入れずに答えるタブチ。

 その横で、ワタナベがなにやらグーグルマップで物件の場所を検索し始めます。最初はオフィスからの道順を調べるつもりだったものの、途中から道路沿いの風景をパノラマ写真で見ることができる「ストリートビュー」の機能を駆使して、その向かおうとしている出町柳の物件の外観を写し出しました。

「あ、今パソコンでこんなとこまでわかんねや」

 その物件の周辺、そして外観を一歩も動かずして見てしまったミシマとタブチ。

 おそらく、2人ともなんとなく現地まで行って見てみたい気持ちはありつつも、その晩、新オフィス候補の物件へ行くことはなかったのでした。

 その後も御幸町御池の近くの街中のテナント物件もストリートビューを駆使して物件の周辺情報を調べるワタナベ。

「見てくださいよ、この室外機の数」

 航空写真からそのテナントの屋上を捉え、エアコンの数、そして部屋の数を推測するその姿は、スパイそのものです。

 その街中の物件は、その航空写真から分析するにおそらく100坪ほど。家賃も現在の2倍以上になることは必至で、その日はなんとなく、それも無理かなあと雰囲気でそれぞれ解散しました。

 そして迎えた、次の日の朝のミーティング。

「やっぱ街の方へ出ようと思うねん」

「出町柳の方の物件は、現状の規模での仕事を続けるには全く問題のない物件。でも正直ワクワクはしなかってん」

「今の殻を破って、新しいことをやるには、やっぱり街の方へ出たほうがいいと思うねん」

 と切り出すミシマ。というわけで、御池〜四条のいわゆる「街」のほうへ出るという方向性だけは決まったのでした。

 しかしその方針もあくまでも「現時点」のもの。明日には、山奥へ行こう! となっている可能性はゼロではありません。ともあれ、ぜひ京都の中心部に広めの物件がありましたら、教えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

これからのことは、また次回レポートいたします!

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    前田エマ×北野新太 将棋に恋をした。(1)

    ミシマガ編集部

    2017年12月に発刊された『等身の棋士』。静かに燃える棋士たちの世界が著者の北野新太さんによる熱い文章で綴られています。この一冊に、ミシマ社に来て間もない新人ノザキは衝撃を受けたのでした。そして、この本が刊行された当初から、いつかはこのお二人の対談を、と願い続けて半年。念願の企画が今回ついに実現しました。

ページトップへ