都湯授賞式・潜入レポート!

第7回

都湯授賞式・潜入レポート!

2020.01.09更新

 2019年12月のある日。その男は突然、ミシマ社京都オフィスにやってきた(マジでアポなし)。男の名は、はらとしきーー滋賀県は膳所にある銭湯「都湯」の店主である。ちなみに昨年の11月には、この都湯でミシマ社フェア開催した。(詳細はこちら)素顔はサングラスで隠し、片手にはビデオカメラのはらさん。そして彼は言った。

「おめでとうございます!」

 数日後の12月25日。ミシマ社の仕掛け屋・ハセガワ、営業・タブチ、そしてミシマンは膳所のクラブにいた。聖なる夜に一体何が起ころうとしているのかーー。

0109-1.jpgはらさん。あやしすぎる。


ミシマン ねえ、タブチ。今日は一体何の会なの?

タブチ うーん。それが僕もいまいちよくわからなくて。ただ、都湯フェアでお世話になった番頭のはらさんからは、こんな画像が送られてきたよ。

0109-2.jpg

ミシマン ・・・。なんかよくわからないけど、みうらじゅん賞を彷彿とさせるね。

タブチ おお、ミシマンなかなか鋭いね! 実ははらさんって、みうらじゅんさんのことを敬愛していて、ひらがなつづりの名前も、トレードマークのサングラスもその影響なんだって。都湯のことも「自分なくし型銭湯」って言っていたなあ。

ミシマン なるほどなあ。この司会の「アイアムアイ」っていうコンビも個性的だね?

タブチ 僕も初めて知ったけど、はらさんが推している「伝説の盛り上げ師」らしいよ。

ミシマン へええ。そんな職業もあるんだね。まだまだ知らないことがたくさんあるなあ。

タブチ 楽しみだね。お、あれが会場のクラブかな。

ハセガワ えっ、ビルの中なの?!しかも4階・・・。

タブチ ちょっと暗いし怖いな。

ミシマン おばけでそう。にしてもミシマ社とクラブって不思議な組み合わせだね。

タブチ たしかにね。初めて行くかも。(おそるおそるドアを開ける)こんばんはー・・・。

受付の人 あ! 動画で見ました! 歌ってた人! 何回も見返しましたよ。(動画はこちら

タブチ いやあ、ありがとうございます。恐縮です、嬉しいなあ。

受付の人 今日は楽しんでくださいね。ドリンクあちらになります。

タブチ ありがとうございます。にしてもこんな感じなんですね。クラブって初めてなので、なんだか緊張します。

バーテンダー こちらのメニューからお好きな飲み物選んでくださいね。お二人はカップルですか? 

ハセガワ 違います!!!!!(←本気でいやがっていた)

ミシマン ヒューヒュー!!

バーテンダー 失礼しました。こちらお飲み物どうぞ。

タブチ ありがとうございます。そういや、あそこにトロフィーが5つありますね。

0109-3.jpg

ハセガワ すごい形・・・。

ミシマン あっ、二人ともはじまるよ!

0109-4.jpg

ミシマン いきなり盛り上がってるね〜〜!フー!!

タブチ サンダーファイヤー!!!!! サンダーファイヤー!!!!! おれたち〜 いつでも〜 神様信じてるうぅぅぅ〜〜!!!!!

ハセガワ補足:↑これだけでは全く意味がわからないと思いますが、アイアムアイさんの歌をみんなで歌ったり、踊ったりなどしています。

はらさん え〜、それではいよいよ「第1回はらとしき賞」の発表にまいりたいと思います!

(会場、拍手)

はらさん 都湯を始めて、今年の11月で1年経ちました。「はらとしき賞」は、僕が銭湯やってて今年1年で、特に「グッときた」人たちに勝手に賞を贈る、というものです。それではさっそく発表にいきます!一人目は・・・

と、こんな感じで授賞式はスタート。ここまでの受賞者は「けんちん」「梅湯寮」「丸中のパール」「ピーマンのあえたん」・・・と、もはや人ですらないものも受賞し、会場には困惑と笑いが交互に押し寄せていた(それそれが何なのかは、こちらのYou Tubeでご覧ください。)。そして残るトロフィーはあとひとつ・・・。

はらさん では、最後の受賞者の発表になります。映えある、「第1回 輝け! はらとしき賞」の最後の受賞者は・・・

0109-5.jpg

デデンっ!  「仕掛け屋」です!!!!

会場 ・・・(ぽかーん)

はらさん 仕掛け屋といっても人を殺すとかそういうのじゃなくて、なんでも仕掛ける仕事なんです。しかも出版社にある部署! 詳しくはこちらの動画をどうぞ!

実際に会場で流れた動画です。冒頭のビデオカメラでこれを撮っていました。

会場 おお〜! (ぱちぱち!!)

はらさん では、ミシマ社のお二人、受賞のコメントをどうぞ!

ハセガワ えーっと、うれしいです!笑 ありがとうございます!

はらさん 営業のタブチさんからもどうぞ

タブチ 11月から都湯さんでミシマ社フェアをやらせていただいたのですが、本当に楽しかったです。本屋さん以外の場所でも、本は売れるんだ! ということを実感しました。お風呂に入りにきたお客さんも喜んでくださって本当に良かったです。この喜びを世界に伝えたいですね。あっ、そういえば今日はクリスマスですね。「喜びを世界に」を英語で言うとなんでしょうか・・・そう、Joy to the world〜〜〜〜〜♪♪♪

こうして2019年の聖夜はタブチの歌声とともに更けていった。

=====

都湯

営業時間:15:00〜24:00 (木曜定休)

住所:〒520-0802 滋賀県大津市馬場3丁目12-21

都湯YOUTUBE:https://www.youtube.com/user/Topofdonuts

都湯ツイッター:miyakoyu_zeze

=====

ミシマガ編集部

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

 

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    クリープハイプのフロントマンであり、4年半ぶりの小説「母影」が第164回芥川賞の候補となるなど、今、大注目の尾崎世界観さん。バンド結成10周年となった2019年には、クリープハイプのメンバー4人全員がバンドについて語った『バンド』をミシマ社から発刊しています。そんな尾崎さんと、『バンド』を含め、ミシマ社の数多くの書籍のデザインを手掛けてくださっている寄藤文平さんの対談をお届けします!

  • 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    ミシマガ編集部

    1月29日、新刊『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)が発刊となりました! 本日のミシマガでは、中身を少しだけお見せしたり、三島の視点から光嶋裕介さんの人物像に迫ったり、刊行記念イベントについてお伝えしたり・・・『つくるをひらく』をより一層楽しむことのできる記事をお届けします。

  • 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    2月11日(木)、映画『すばらしき世界』が全国で公開となりました。佐木隆三の長編小説『身分帳』を原案とした本作、4年ほど前に企画が立ち上がった当初、ひょんなご縁からミシマ社も取材などに協力させていただきました。公開にあたり、西川監督にうかがった『すばらしき世界』制作秘話を、2日間にわたり掲載します。とにかくぜひぜひぜひ、劇場に足を運んで観ていただきたいです。

ページトップへ