ミシマ社の棚 あっちこっち

第2回

滋賀の膳所にある都湯さんでミシマ社フェア!

2019.11.19更新

 こんにちは! 久しぶりの更新となる「ミシマ社の棚あっちこっち」です。このコーナーは全国各地にある「ミシマ社棚」を紹介するページなのですが、今回はなんと「銭湯」にあるミシマ社棚(期間限定)の紹介です。場所は、滋賀の膳所にある「都湯」さん。11月1日から始まったフェアの設営の様子と、おすすめポイントをご紹介いたします!

 設営日は11月1日(金)。実はこの日はフェアの開始日当日なので、都湯がオープンする15:00までには、設営そして片付けも終えなければなりません。

 都湯の番頭の原さん、そしてミシマ社の仕掛け屋ハセガワと滋賀エリアの営業担当のタブチでやる予定でしたが、3人ではタイムリミットまでに間に合うか少し不安。そこで応援を募集したところ、都湯ファミリーのMさん、そしてミシマ社デッチのMさんが応援にかけつけてくださいました。都湯ファミリーのMさんは、大阪での仕事の前に時間が空いたとのことで、ふらりと手伝いにきてくださいました。感謝です!!

 ちなみに都湯の番頭 原さんはこの方で、実はYOUTUBERでもあります。サングラスをかけている理由を聞くと、「ぼく、シャイなので」とのことでした。

1119-10.jpg

 いざ設営! というタイミングで、原さんが「じゃ、ボサノヴァ、かけときますんで」とポツリ。銭湯がたちまちおしゃれカフェ空間になったところで、原さんは颯爽とボイラー室へ向かいました。囁くような歌声とギターが鳴り響くなか、他のメンバーもそれぞれの持ち場で準備をし始めます。

1119-1.jpg

 浴室にもいろいろなものが貼れるので、濡れてもいいように紙をラミネートをしたり、脱衣場にペタペタしたり、本を袋詰めしたり、ガーランドを設置したり。

1119-2.jpg

壁中をパネルやポップで埋め尽くします!

1119-12.jpg

浴室内にもペタペタ。(誰もいない女子風呂に入るのには、少しの勇気が必要でした。)

1991-8.jpg

徐々に出来上がってきました!

1991-7.jpg

仕上げはのれんと、巨大ミシマ社ロゴの設営。

1119-11.jpg

 ちなみに、冒頭で番頭の原さんがYOUTUBERでもあるとご説明しましたが、どんなチャンネルをやっているかというと、その名も「ゆとなみテレビ」。銭湯のボイラー音をテーマにした動画や、パクチー風呂やコーヒー風呂など、一風変わったお風呂の紹介、お風呂グッズのおすすめ動画もあれば、ウクレレ演奏まで。とにかく銭湯に関わる気になる動画がたくさんアップされています。

 ちなみに、今回のフェアに合わせて、タブチがインタビュー出演。ミシマ社の説明、今回のフェアの推しポイント、そしておすすめの一冊なども紹介していますので、ご覧ください!

 いかがでしたでしょうか? 都湯さんでのミシマ社フェアは、11月30日(土)までの開催です。ゆっくりとお風呂に浸かって、ゆっくりと本を選んでくださいませ!

1119-9.jpg

=====

ミシマ社フェアin都湯

開催期間:2019年11月1日(金)〜11月30日(土)

場所:都湯

営業時間:15:00〜24:00 (木曜定休)

住所:〒520-0802 滋賀県大津市馬場3丁目12-21

都湯YOUTUBE:https://www.youtube.com/user/Topofdonuts

都湯ツイッター:miyakoyu_zeze

=====

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

    2020年度ミシマ社サポーター募集のお知らせ

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。ただいまミシマ社は、2020年度「ミシマ社サポーター」を募集しています。サポーター制度がはじまってもうすぐ7年。この間、新しいことにチャレンジできたり、ちいさな会社ながら新卒をつづけて採用できたのは、私たちの出版活動を物心両面において支えてくださっている、ミシマ社サポーターさんのおかげです。

  • バンド特設サイト

    発刊1カ月記念! 『バンド』に寄せられた熱い感想を紹介します!

    ミシマガ編集部

    本日の『バンド』特設ページでは、全国各地の読者の方や書店員さんからいただいた、『バンド』のご感想を紹介いたします!発刊から1カ月が経過した『バンド』に、熱い声が続々寄せられています! みなさま、ありがとうございます!!

  • 「買う理由」がほしいしごとのわ通信

    「買う理由」がほしい

    しごとのわ編集部

    この本『ほどよい量をつくる』を書き始めてからお会いしたいと思っていた人は何人かいたけれど、最後まで取材が叶わなかったのが、ALL YOURSの木村昌史さんだった。木村さんは今年の春から、47都道府県で試着販売会を開催する全国行脚の旅を始めたばかりでなかなかつかまらず、ついぞ本の締め切りに間に合わなかったのだ。この連載を機に、はれて話を伺うことができた。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします!

この記事のバックナンバー

11月19日
第2回 滋賀の膳所にある都湯さんでミシマ社フェア! ミシマガ編集部
09月07日
第1回 2019年9月号 ミシマガ編集部
ページトップへ