ミシマ社の棚 あっちこっち

第7回

2021年もやります!! 都湯フェア!!!

2021.11.14更新

 毎年恒例となった、滋賀・膳所にある、都湯でのミシマ社フェア。1年に1度この時期になると、ミシマ社京都オフィスのラミネーターをフル稼働し、銭湯に貼るポップを量産します。そしてそんなフェアの準備の最中、番頭のハラさんとやりとりをしていると、なにやら鼻息が荒め。というのも、都湯がモデルとなった『みゃーこ湯のトタンくん』が今年12月に発刊するのです! (そして、都湯では11月20日から先行販売します!)

totan_cover1021_2.jpg

『みゃーこ湯のトタンくん』
スケラッコ(著)

 それに先がけて11月5日からフェアを開催。本日のこのコーナーでは、そのフェアの様子をご紹介します!

(文・田渕洋二郎)


20211029-1.jpg

 ミシマ社からは、タブチ・スミ、そしてデッチ・のんちゃんがフェアの設営に参戦。膳所駅から歩き、もう少しで都湯というところで、番頭のハラさんがおもむろにスマホを取り出しカメラを向けてきました。

 ちなみに、完全にデモのプラカードにしか見えないスミの持っているパネルは、『みゃーこ湯のトタンくん』の特大パネルです。

 先に着いていたのんちゃんはハラさんとは初対面だったのですが、僕らが着くなり、こそっと「あの方、路駐のにいちゃんかと思ってました!」と無邪気なひとこと。もちろんハラさんには伝えず、設営を開始します。

 2019年の設営時は、「ボサノヴァ、かけときますね」と作業時のBGMをハラさんがかけてくけてくださいましたが(詳細はこちら)、今回はのんちゃんがDJを担当。SIRUPというアーティスのめちゃめちゃおしゃれでかっこいい曲をかけてくれつつ、どんどん作業をすすめていきます。

1.jpg

壁も、ロッカーも、鏡も、貼れる場所にはどこにでもパネルやポップを貼って賑していきます。

4.jpg

随所にトタンくんも登場。ラミネートしたポップは、水をつけるだけで壁に貼れるんです。

7.jpg

サウナ室には、『みゃーこ湯のトタンくん』のなかで、サウナについて描かれている章を貼っています。

5.jpg

「入浴のマナー」に「ブラッシング」が!! 都湯でなくて、「みゃーこ湯」の世界に入り込んでしまったのかも!?

9.jpg

脱衣所には、「見本」がおいてあります。気になる本を裸で読んでみてください。

3.jpg

入り口すぐには、賑々しくミシマンたちとトタンくんの仲間たちがお出迎え。

6.jpg

番頭・ハラさんのおすすめ本紹介文も最高ですので、要チェック!(こちらから読めます)

10.jpg

最後に等身大(?)ミシマンを設置して、

11.jpg

設営完了です!!

いかがでしたでしょうか? 本を1冊買った方には、ミシマ社創業15周年記念目録」もプレゼント! そして11月20日からは、『みゃーこ湯のトタンくん』も先行発売いたします! 都湯でのミシマ社フェアは、12月上旬までの開催ですので、いい湯につかりつつ、秋の夜長に本も一緒にぜひ!

ミシマ社フェア in 都湯

開催期間:2021年11月5日(金)〜12月上旬
場所:都湯
営業時間:14:00〜24:00 (木曜定休)
住所:〒520-0802 滋賀県大津市馬場3丁目12-21
都湯ツイッター:miyakoyu_zeze

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    「謎の症状」募集しています! ~「健康番長若林理砂先生のバッチコイ!」傑作編

    ミシマガ編集部

    考えてみると、原因がよくわからず、人に言うほどでもなく、病院にかかるほどでもない、謎の症状って、けっこうありませんか?  たとえば私(編集ホシノ)は、日陰の場所から日が当たる場所に出ると、95%くらいの確率でくしゃみが出ます。それを若林先生になんとはなしに話したところ、「あー、そういうのって意外と、その人の体質と関連していて、東洋医学で説明できることもあるんですよ」とのお話。なんと! それは知りたい!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

この記事のバックナンバー

11月14日
第7回 2021年もやります!! 都湯フェア!!! ミシマガ編集部
10月21日
第6回 思いがけず、ミシマ社創業15周年フェア 全国各地で開催中です! ミシマガ編集部
08月22日
第5回 2020年8月号 ミシマガ編集部
02月02日
第4回 2020年2月号 ミシマガ編集部
12月13日
第3回 2019年12月号 ミシマガ編集部
11月19日
第2回 2019年11月号 ミシマガ編集部
09月07日
第1回 2019年9月号 ミシマガ編集部
ページトップへ