ミシマ社の棚 あっちこっち

第5回

2020年8月号

2020.08.22更新

 こんにちは。本日は久しぶりの「ミシマ社の棚 あっちこっち」のコーナーです。前回の2月号から半年。本当にいろいろなことがあり、今も難しい状況が続いております。

 なかなかお店へ直接営業に伺うことができない現在ですが、本日はミシマ社棚の写真を書店員さんに撮影していただきました。
 我々営業メンバーも棚の姿を見るのは久しぶりで、なんだか懐かしさすら感じて、「よう、元気か」と呼び掛けたくなる気持ちです。この状況でミシマ社棚を置きつづけていただき、ありがとうございます。

 もしお近くにある書店さんがありましたら、私たちの代わりにミシマ社棚に会いに行ってやってください。

HMV&BOOKS SHIBUYA

HMV SHIBUYA 1.jpg HMV SHIBUYA 2.jpg

 渋谷モディの5~6Fにある本&レコード屋さんです。HMVという看板から、レコードがメインで、本はおまけなのかな...と思ったら大間違い! 実は本がめちゃくちゃ充実しているのです。それもそのはず。棚を作る書店員さんは、各地の書店で経験を積まれたベテラン書店員さん!
 特に5F、文芸担当Sさんのつくるフェア棚はいつも凝っていて、そして楽しい! 写真の『ど忘れ書道』『モヤモヤの正体』の展開の他にも、並行して面白い仕掛け展開をいくつもされています。
 「ミシマ社棚」という形でまとめているわけではないのですが、文芸コーナーを中心にフェア棚でも、元棚でも、様々な本ですてきな展開をしてくださっています。渋谷にお越しの際は、ぜひお立ち寄りいただきたい場所です。(営業担当:イケハタ)

HMV&BOOKS SHIBUYA
住所:東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷 modi 内 5F,6F,7F
電話番号: 03-5784-3270
営業時間:10:00~20:00(※当面の間短縮営業)

TSUTAYA町田木曽店

0822-x.jpg TSUTAYA町田木曽店は東京都町田市にあります。最寄駅は神奈川県相模原市の古淵駅なので、県境に近いです。印象的なのが、コーヒーやお菓子の販売(私が前にお店に伺った時には、コーヒーの移動販売車が店内に出張に来ていたりもしました)の品揃えがキラキラしていることです。また、店内で本の読み聞かせやスポーツなどのイベントを開催されていて、地域の方みんながなごめて楽しめるお店です。(現在は感染予防対策の上、イベントを実施されています)
 ミシマ社棚は今年の2月から開催していただいております。映画にまつわる本『映画を撮りながら考えたこと』『最初の晩餐』を面陳していただいているのはTSUTAYAさんならではです。TwitterInstagramもぜひチェックしてみてください。(営業担当:スガ)

TSUTAYA 町田木曽店
住所:東京都 町田市木曽西1-17-13
電話番号: 042-789-7712
営業時間: 朝 06:00~深夜01:00(当面の間)
年中無休

戸田書店 掛川西郷店

0822_toda.jpg
ご覧ください、この広大なミシマ社コーナー!
戸田書店 掛川西郷店さんでは、カンバン付きでドーンと展開いただいています。こちらのお店は珍しい出版社の本を置いていることで有名で、ミシマ社本以外にも、なかなか出会えないような本を数多く扱っていらっしゃいます。ロードサイドならではの広いお店と、セレクトショップのような選書があわさった強力な布陣です。
3月にミシマガでご紹介した高久書店の高木さんは、以前、こちらのお店で店長をされていました。
現店長の鈴木さんは、最近お子さんが生まれたそうで、同じく新米パパである私と『胎児のはなし』や『パパパネル』トークで盛り上がっています。鈴木店長による顔文字たっぷりのTwitter(@toda_saigo)も素敵。(営業担当:オカダモリ)

戸田書店 掛川西郷店
住所:静岡県掛川市上西郷508-1
電話番号: 0537-62-6777
営業時間:10:00~22:00(5/1より当面21時閉店)
年中無休

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

08月22日
第5回 2020年8月号 ミシマガ編集部
02月02日
第4回 2020年2月号 ミシマガ編集部
12月13日
第3回 2019年12月号 ミシマガ編集部
11月19日
第2回 2019年11月号 ミシマガ編集部
09月07日
第1回 2019年9月号 ミシマガ編集部
ページトップへ