ミシマ社の棚 あっちこっち

第4回

2020年2月号

2020.02.02更新

 こんにちは。今年最初の「ミシマ社の棚 あっちこっち」のコーナーです。今回も各地のミシマ社棚からお届けします!

 ぜひお近くの本屋さんに足をお運びくださいませ!

わおん書房(福井県福井市)

0201_1.jpg

 年始の「新春企画」として、ミシマ社の本をお買い上げのお客様に「本のおみくじ」をプレゼント。さらに、「当たり」を引いた方はミシマ社特製トートバッグがもらえるという太っ腹なことをやっています。限定3名に当たるはずだったのですが、この記事が掲載された時点で、なんとまだあと1個、エコバッグが残っています! 本を買うときの高揚感にくじ引きのドキドキが加わり、お客様に大好評なこの企画。年のはじめの運試しにぜひ!! (営業担当・ワタナベ)

わおん書房

福井県福井市中央1丁目14−9堀江ビル1F
TEL.0776-43-6117

くまざわ書店 東京オペラシティ店(東京・初台)

0202_2.jpg
 京王新線「初台」駅から徒歩3分。東京オペラシティ内にあるこちらの本屋さんでは、現在ミシマ社フェアを開催中です。フェアの中でも特に、担当編集者が制作裏話を書き込んだ「マル秘メイキングブック」は社内メンバーですら知らないエピソードも。オーディオコメンタリーのような感じでお楽しみいただけます。東京オペラシティには、コンサートホール、美術館、レストランなども入っておりますので、ぜひあわせてお立ち寄りくださいませ!(営業担当・イケハタ)

くまざわ書店 東京オペラシティ店

東京都新宿区西新宿3-20-2
東京オペラシティ2F
TEL.03-5334-6066

未来屋書店高の原店(京都府木津川市)

0202_4.jpg
京都と奈良の県境にある高の原。駅があるのは奈良県なのですが、お店の住所は京都。前からミシマ社コーナーを作ってくださっており、今回はとは別に、入り口で大きくミシマ社フェアを開催しています。N店長のイチ推しは、「私を支える益田ミリさんの本」と、「益田ミリさんの本みくじ」。おみくじ箱は年末に設置したのですが、年が明ける前にからっぽに。年始に急いで追加しました。2月までの開催ですので、ぜひお立ち寄りくださいませ!(営業担当・タブチ)
京都府木津川市相楽台1-1-1
TEL.0774-73-1714

ふやふや堂(群馬県桐生市)

0202_3.jpg

 群馬県桐生市にある「ふやふや堂」さん。ミシマ社サポーターでもある齋藤直己さんが事務所の一室で開いている本屋さんです。写真の通り、大充実のミシマ社コーナーを作っていただいています! 店内には齋藤さんが選んだ本が並んでおり、スーツケースの中に旅の本を詰め込んだコーナーや、郷土本のコーナーなど、独自の仕掛けがいっぱいです。
週に2日の開店ですので、訪問の前にはHPで営業日を確認しておくと安心です。(営業担当:モリ)
群馬県桐生市本町1-4-13 早政織物工場内 (〒376-0031)
TEL.0277-32-3407(マップデザイン研究室)

サクラ書店平塚ラスカ店(神奈川県平塚市)

0202_5.jpg

0202_6.jpg

 サクラ書店平塚ラスカ店は、JR東海道線の平塚駅と直結するビル「ラスカ平塚」の5階です。ミシマ社は長くお世話になっており、ミシマ社棚もずいぶん時を重ねてまいりました。営業にお邪魔すると、いつも神奈川県がテーマの地元本や、神奈川が舞台になっている小説を集めたコーナーを眺めてしまいます。地元の方、また平塚の七夕祭りなど観光にいらしたかたもぜひ足をお運びください!(営業担当・神奈川出身のスガ)

サクラ書店平塚ラスカ店

神奈川県平塚市宝町1−1ラスカ平塚5F
TEL.0463-23-2751

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

2020年度ミシマ社サポーターのご案内

【先行申し込み特典】2020年2月末までにお申し込み&ご入金いただいた方限定で、ミシマ社カレンダーをプレゼントします!

カレンダーサンプル.jpg

こんな感じの手描きカレンダーが届きます(写真はとりあえず作ってみたサンプルです)。

【募集期間】2019年12月1日〜2020年3月31日
【サポーター期間】2020年4月1日~2021年3月31日

*募集期間以降も受け付けておりますが、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。途中入会のサポーターさんには、その年の特典はさかのぼって、すべてお贈りいたします。


サポーターの種類と特典

ミシマ社サポーター【サポーター費:30,000円+税】

毎月ミシマ社から贈り物が届きます。以下の特典を少しずつ分けて、一年間お届けします。

【ミシマ社からの贈り物】

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(非売品の雑誌。年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、2020年度のミシマ社新刊4〜5冊(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社手帳などのオリジナルグッズ
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

ウルトラサポーター【サポーター費:100,000円+税】 

※ウルトラサポーターは、法人・個人問わず、年間30名様限定です。

【ミシマ社からの贈り物】

上記のミシマ社サポーター特典に加え、

*2020年度刊行のミシマ社と「ちいさいミシマ社」レーベルの新刊すべて

*ウルトラサポーターさん交流会(お食事会)

*「ミシマ社をどうするか会議」へのご招待

(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)


お申し込み方法

 サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップからクレジット決済をご希望の場合

下の緑色のボタンから直接お手続きをお願いいたします。

クレジット決済はこちら

郵便振替をご希望の場合

下記項目とともにメール、お電話、ファックスのいずれかにてミシマ社京都オフィスまでご連絡ください。後日こちらから払込用紙をお送りいたします。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター or ミシマ社ウルトラサポーター
  8. クレジット名掲載希望の有無:有 or 無
  9. ご希望の場合の掲載名:

※紙版ミシマガジンの奥付ページに、サポーターの方々のクレジットを入れています。掲載ご希望の場合は、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

E-mail:supporters@mishimasha.com
(件名「2020サポーター申込み」にてお願いいたします)

FAXご送付先:075-746-3439
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    谷川俊太郎さんインタビュー 京都と本と音楽のはなし(1)

    ミシマガ編集部

    2019年の暮れ。ミシマ社の企画会議にて「ミシマ社メンバーが本気で会いたいと思う人に取材する企画」を2020年にスタートすることが決まりました。メンバーが全力で依頼書を書き、全力で取材準備し、全力でまとめる。改めて家の本棚を見返すと、一番たくさんあったのは谷川俊太郎さんの本でした。思えば、幼稚園のころから「ことばあそびうた」を口ずさみ、小学校の教科書で詩を読み、中学の合唱コンクールで歌い、高校・大学時代ででエッセイや対談本を読み、歌い、そして社会人になって改めて詩にふれ、と気づけばいつも近くに谷川俊太郎さんがいました。そんなタブチが谷川さんへインタビューを敢行。京都の思い出、本と本屋のはなし、そして音楽のはなしを、本日と明日にわたりお届けいたします。

  • 感じる坊さん。感じる坊さん。

    【特別編】意外と実践的で、言葉にできない生活の本。 ―『坊さん、ぼーっとする。』を書き終えて

    白川 密成

    「この本はどんな本なんですか?」と訊かれたとしたら、様々な答えがあると思います。例えば、僕が妻や5歳、7歳という小さな娘たちとのお寺での日々の中で、なにを感じ、どのように仏教や弘法大師の言葉と向き合ったか、という本です。

  • 聴し合う神々

    聴し合う神々

    森田 真生

    「たんぽぽさんおはよー!」「カモさん待って待ってー!」と、我が家の三歳児は、人間と同じように、人間でないものたちにも話しかけていく。子どもにとって、言葉を交わし合うことのできる相手は、人間だけではないのだ。

  • 2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画!  猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    2.22(ニャーニャーニャー)「猫の日」特別企画! 猫を愛してやまない3人におすすめの猫本を教えていただきました

    ミシマガ編集部

    みなさま、本日は2月22日です。今日が何の日か、もちろんご存知ですよね・・・? そうです、「猫の日」です! 222という並びを見せられると、「ニャーニャーニャー」とかわいく鳴く猫の姿が、目の前に浮かんで離れませんよね。

この記事のバックナンバー

02月02日
第4回 2020年2月号 ミシマガ編集部
12月13日
第3回 2019年12月号 ミシマガ編集部
11月19日
第2回 2019年11月号 ミシマガ編集部
09月07日
第1回 2019年9月号 ミシマガ編集部
ページトップへ