ミシマ社の棚 あっちこっち

第1回

2019年9月号

2019.09.07更新

ミシマ社棚を耕そう!
あるミーティングで、ミシマが高らかに宣言しました。

そのきっかけとなったのは、『ちゃぶ台』でも何度もご登場いただいている、周防大島の農家・宮田さんの畑。
宮田さんが、重機を使わずに全身全霊をかけて耕した土では、野菜がすくすくと育ちます。(詳細は、新人スガがレポートしておりますので、こちらをぜひ!
その畑と同じように、本屋さんにある「ミシマ社棚」も、耕すことによって本がいきいきとする。
そうして本がいきいきと並んでいる様子は、きっと読者にも伝わって本が売れる! ということなのです。

となれば、既にあるミシマ社棚を耕し、そしてまた新たに棚を開墾していくのが営業メンバーの役目。
「宮田棚」を増やすべく、営業チームも一丸となって動きます。

「ミシマ社の棚 あっちこっち」の初回となる今回は、
4名いる営業担当がそれぞれ受けもっているミシマ社棚を紹介をいたします!

ひらのや書店(秋田県・秋田市)

hiranoya.jpg
秋田駅から西へ歩いて20分ほど。お城や郷土館、美術館など歴史・文化エリアを抜けていくとある街の本屋さん。なんと創業から68年にもわたって家族で営んでいらっしゃる温かいお店です。そんなお店の中で、レジの近くの棚を2本も使っていただいているミシマ社コーナー。これから、ミシマ社のことはもちろん、地元にまつわる著者さんやイベント情報など、ひらのやさんと一緒に発信していけたらと思います。「ここに来れば、なにか面白いものに出会える!」そんな風に思っていただけるとうれしいです。ぜひ遊びにいらしてください!(営業担当・イケハタ)

ひらのや書店
秋田県秋田市大町1-5-19
TEL 018-862-4488

不二屋書店(東京・自由が丘)

hujiya.jpg

自由が丘オフィスから一番近い本屋さん、不二屋書店さん。入れ替わりの激しい自由が丘のお店の中で、どっしりと街を見守る老舗の書店です。創業は大正12年! ご近所ということもありミシマ社の本をずっと置いていただいており、入り口近くには大きなミシマ社棚が。ここにはミシマ社本がすべてそろっていて、ミシマ社メンバーが仕事帰りに立ち寄っては売れた本を補充しています。最近の新刊が出たときのツイートには、ほぼ必ず不二屋書店さんの写真を使わせてもらっています。いつもありがとうございます! (営業担当・モリ)

不二屋書店
東京都目黒区自由が丘2-11-3
TEL 03-3718-5311

丸善 京都本店(京都市中京区)

maruzen.jpg

京都オフィスから自転車で7分ほどにある、丸善京都本店さん。はじめは「ミシマ社フェア」として始まったのですが、気づいたら常設のコーナーになっていました。ご近所なので、本の納品も直接持っていき、多い時は50冊ほど。これくらいの冊数になると「あ、送ったらよかった」といつも思います。新刊が出るたびに仕掛け屋ハセガワの力の借りながら大きくリニューアルします。最近は、この丸善京都本店さんのミシマ社棚をみて、ミシマ社のデッチ(お手伝い)に来てくれる学生さんもたちも多く、改めてリアルな場としての本屋さん、そして棚があることの強さを感じています。(営業担当・田渕)

丸善京都本店
京都府京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251 京都BAL 地下1階~地下2階
075-253-1599

流泉書房(兵庫県神戸市)

ryusen.jpg

垂水駅北側に広がる商店街に立地する街の本屋さんに、ミシマ社コーナーが期間限定で登場! おかげさまで地域の方にも好評とのことでありがたい限りです。店主の大橋さんがずっと力を入れて取り組んでいらっしゃるのが、絵本の読み聞かせ会の実施です。これ、単なる読み聞かせではございません。その際立つ特徴とは、「大人は読まない!」ということ。題して、「子どもが子どもに読みきかせ」。金曜17時から、もう100回以上やっている名物イベント。皆さまもぜひご参加を!(営業担当・渡辺)

流泉書房
兵庫県神戸市垂水区陸ノ町1-2-2
TEL 078-705-0911

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

2019年度ミシマ社サポーター、募集中です。

 ミシマ社では、日々の出版活動を応援してくださるサポーターを募集しております。2013年に「サポーター制度」が始まって以来、サポーターのみなさまといろんな活動をご一緒してきました。「サポーター制度」についての考え方は、下記をご一読いただけますと幸いです。

サポーター制度について

 また、サポーター制度の具体的な活動について知りたい方は、こちらをご覧ください。

具体的な活動をもっと知る

 現在、2019年度のサポーターを募集しております。サポーター期間は2019年4月1日〜2020年3月31日です。ミシマ社メンバー一同、これからもっとおもしろいことを、サポーターのみなさまとご一緒できたらうれしく思います。お力添えをいただけましたら幸いです。

2019年度ミシマ社サポーター概要

募集期間:201913日より
サポーター期間:201941日~2020331

どの月にご入会いただいても、次年度の更新時期はみなさま来年の4月で統一です。ご了解くださいませ。その年の特典は、さかのぼって、全てお贈りいたします。

2019年度のサポーター特典

以下の特典を毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)

* ミシマ社サポーター新聞(1カ月のミシマ社の活動を、メンバーが手書きで紹介する新聞)
* 紙版ミシマガジン(年2回発行・・・の予定です!)
*『ちゃぶ台』をはじめとした、今年度の新刊6冊ほど(何が届くかはお楽しみに!)
* ミシマ社で作ったグッズや冊子
* サポーターさん限定イベントのご案内
* ミシマ社主催イベントの割引

・・・などを予定しております!(※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。)

お申し込み方法

新規でサポーターのお申し込みをご希望の方は、下記項目を、お電話、FAX、メール等にてご連絡くださいませ。

クレジット決済をご利用の場合には、こちらから直接お手続きいただくことも可能です。

  1. お名前(フリガナ):
  2. 性別、ご年齢:
  3. ご住所:
  4. 電話番号:
  5. FAX番号:
  6. メールアドレス:
  7. サポーター種類:ミシマ社サポーター(3万円+税)or ミシマ社ウルトラサポーター(10万円+税、こちらは法人・個人問わず、年間10名様限定です)
  8. お振込み方法:郵便振替(こちらから払込用紙をお送りします)または クレジット決済 どちらかお選びください。
  9. クレジット希望の有無と掲載名:
    ※ウェブ版ミシマガジンの「編集後記」や紙版ミシマガジンの「奥付」に、ご希望されるサポーターの方々のクレジットを入れさせていただきます。掲載をご希望される場合には、

 ・お名前をそのまま記載
 または
 ・掲載用のハンドルネーム

 のいずれかをお知らせください。

FAXご送付先:075-746-3439
E-mail:hatena@mishimasha.com
(件名「ミシマガサポーター申込み」にてお願いいたします)
TEL:075-746-3438

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ "スーベニアフロムトーキョー"

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
      火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    『脱・筋トレ思考』が発刊しました!

    ミシマガ編集部

    本日8/29(木)、今月の新刊『脱・筋トレ思考』(平尾剛 著)が発売日を迎えました!

  • 社長と新人

    ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

    社長と新人

    昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

  • どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    どうやったらクモに、ズッキーニの葉を守ってもらえますか? ほか

    中田 兼介

    突然ですが、今年9月に、『クモのイト』という本を発刊する予定です。動物行動学者として日々クモの研究をされている中田兼介先生による、クモ愛に溢れるこの一冊。そんなわけで、このコーナーでは、クモ博士である中田先生に、クモにまつわる素朴な疑問をぶつけてゆきたいと思います。

  • ミシマ社の話ミシマ社の話

    「ちいさいミシマ社」と買い切り55%がめざすもの

    三島 邦弘

    「これからの出版社とこれからの書店」を書いた3カ月前は、新レーベル名を「ミシマ社の本屋さん」と考えてました。が、一転、最終的に「ちいさいミシマ社」としました。その心は? と問われれば、「ちいさい」願望がむくむくと高まっていた。おそらく、そうなのだろうと自分では思っています。

この記事のバックナンバー

09月07日
第1回 2019年9月号 ミシマガ編集部
ページトップへ