社長と新人

第4回

ゲストにオクノ修さんをお迎えしました! はじめての公開収録(1)

2019.08.22更新

 こんにちは、新人の須賀です。

 昨日のミシマ社ナイトレポートにもありましたように、「社長と新人」史上初めてゲストをお招きして、同じく史上初めての公開収録を行いました。

 そのゲストがなんと、京都の名物喫茶店「六曜社」のマスターで、シンガーソングライターのオクノ修さんです。ちいさいミシマ社第1弾の絵本の元になった、『ランベルマイユコーヒー店』の歌もオクノさんが歌われています。

 本日は前半をお送りいたします。話題に上がったテーマは「秋田の話」、「編集者の読み方、喫茶店のマスターの飲み方」、「お店へのクレームとスマホ社会」などです。

 オクノさんは、ラジオの10分45秒ごろから登場いたします。

 優しいお人柄と、軽妙でときに鋭いトークに、会場全体がオクノさんに魅きつけられました。

 ぜひお楽しみください!
(後半はコチラ!

社長と新人

社長と新人
(しゃちょうとしんじん)

社長/三島邦弘
 1975年京都生まれ。ミシマ社代表。「ちゃぶ台」編集長。そして「社長と新人」パーソナリティー。2006年10月、単身で株式会社ミシマ社を東京・自由が丘に設立。2019年4月、自由が丘オフィス2階にて、「社長と新人」放送開始。蟹座。 

新人/須賀紘也
 1994年福島生まれ。出身は神奈川。昨年度まで2年間デッチとして、自由が丘オフィスの庭仕事などを担当したのち、2019年4月よりミシマ社入社。ほぼ同時に「社長と新人」パーソナリティーに就任。蟹座。 

編集部からのお知らせ

「ちいさいミシマ社展」開催!

「ちいさいミシマ社展」

【会期】2019年8月21日(水)〜10月14日(月・祝)

【場所】スーベニアフロムトーキョー(国立新美術館 地下1階 
ミュージアムショップ )

【開館時間】10:00-18:00(金・土曜日は20:00 まで)
火曜日定休(祝日または休日に当たる場合は開館し、翌日休館)

【アクセス】〒106-8558東京都港区六本木7-22-2
東京メトロ千代田線乃木坂駅 青山霊園方面改札6 出口(美術館直結)

※ミュージアムショップへの入場は無料です。

詳細はこちら

同時開催!「益田ミリ×山陽堂 本としあわせしりとり展」

益田ミリ×山陽堂

「本としあわせしりとり展」

ミリさん山陽堂DM.png

【場所】山陽堂書店

【会期】2019年8月20日(火)-9月6日(金)※最終日は17時まで

*営業時間* 平日11時-19時(土曜11時-17時/日曜定休)

詳細はこちら

*国立新美術館と山陽堂書店は、電車と徒歩でだいたい15分くらいの距離。
ぜひはしごしてください〜!*

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ