ミシマ社ご近所マップ

第4回

番外編『ほかのつばめのおはなし』印刷&製本現場レポート

2021.04.20更新

冊子とDM.JPG

こんにちは。ミシマ社京都オフィスです。4月17日からご近所のうつわ屋さん「うつわや あ花音」で、「矢島操展 『ツバメのおはなし2』」が始まっています。この展覧会はもともと昨年4月に開催予定でしたが、緊急事態宣言を受けてオンライン上で開催されました。その際お店のインスタグラムには、矢島さんの作品と共に、作家のいしいしんじさんによる書き下ろし小説「ほかのつばめのおはなし」が掲載されました。

この度一年越しの開催を記念して、この物語を冊子にしたいとあ花音さんから相談を受け、編集とデザインをミシマ社が、京都・浄土寺にあるリソグラフのスタジオ「Hand Saw Press Kyoto(ハンドソウプレス京都)」が、印刷と製本を担当しました。ご近所さん同士で作った、ちいさくて、とってもかわいらしい一冊。今回はその制作現場をレポートします。

***

スタジオ全景.JPG

 Hand Saw Press Kyotoは、ミシマ社も普段からお世話になっている、ホホホ座浄土寺店の2階にあります。もとは店主の小田晶房さんが、友人たちと東京で始めたリソグラフのスタジオで、2019年に京都にも拠点ができました(このへんの経緯や小田さんについては、こちらのウェブの記事に詳しくあるので、ぜひご覧ください)。ここにはリソグラフ、丁合機、製本機、断裁機があり、チラシなど一枚モノの印刷からZINEなどのリトルプレスまで、少部数の印刷を行っています(要予約・相談)。

リソグラフ引き.JPG

 こちらがリソグラフの機械です。リソグラフは通常のコピー機よりも印刷代が安いため、今でもほとんどの学校や役所、不動産屋などで使われています。日本では安価な印刷物というイメージが強いですが、海外では約15年くらい前からアート作品として用いられ始め、日本にはほとんどないリソグラフ・スタジオが、世界には1000近くあるようです。ちなみに「リソグラフ」は理想科学工業が作った孔版印刷機の商品名です。

表紙を印刷!

 まずは印刷の元となる「版」を作ります。今回の表紙は黒と赤の2色を使ったデザイン。黒色と赤色のパーツに分けてパソコンでデータを作り、リソグラフに取り込みます。

和紙.JPG版の材料はなんと、和紙。製版時に無数の小さな穴をあけ、そこにインクを通して印刷する仕組みです。

出来上がった版を、リソグラフの中に入っているインクのドラムに巻き付け、セットします。この機械では一度に2色刷ることができます。

ドラム缶.JPG

 実はこの前に、「あか」色の部分をどんな色味、濃さにするか、何度も試し刷りをしました。インクの特性上、あか色は濃度が強すぎると手についてしまう可能性もあるそうで、その辺も気をつけながら、目指す色を探していきます。

リソ調整小田さん.JPG

「1時間くらいやってると、突然ハッとする色に出会うことがあります」と小田さん。

次は製本!

あらかじめ刷っていた本文を、裏表や向きを確かめ丁合機にセット。スタートボタンを押すと各棚の紙が一枚ずつ吸い込まれていき、あっという間にひとまとまりになって出てきました(本当に一瞬でした・・・!)

丁合機全体.JPG

丁合機から出てきたものは、ページが見開きでつながっているので、断裁機で半分にカットし、

裁断する小田さん.JPG

※編集部注:この写真は本文ではなく別の部分の断裁をしているところです。

製本機で背をくっつけます。

糊付けのローラー.JPG

手前にセットしてある本文の束が、糊がついた赤いローラーの上を通っていきます。

一つにまとまった本文を先ほど印刷した表紙にはさみ、くっつけたら完成!と思いきや・・・

製本反対に.JPG

「あーっ!!」(←その場にいた全員で叫びました)

製本機にセットするときに裏表を間違えて、最後のページが本の真ん中にきてしまいました・・・。他にも、背表紙の位置が微妙に合わなかったりと、試行錯誤する小田さん。中古の機械なので(なんとヤフオクで購入!)毎回微調整が必要だそうですが、そのぶんうまくいったときの感動は特別です。

出来立てホヤホヤ.JPG出来立てホヤホヤの冊子。中の順番もバッチリ。

集会所みたいな場所を

現在小田さんは、ワークショップの開催や、誰でも自由に印刷ができる、リソグラフのオープンスペースを準備中。

「以前西会津に『バーバリアン・ブックス』というところがあって、ITWSTというグラフィックデザインユニットが、古い呉服屋さんを借りて、デザイン事務所みたいにしてたんです。土間があって、そこにリソグラフとか置いて、自分たちは奥でデザインの仕事とかして。

そこはちょうど小学校の近所にあって、帰り道に子どもたちが『なにしてるんやろ?』って覗くんですよね。それで、『入りや入りや〜』って中に迎えたら、子どもたちが土間で宿題をしたりして、寺子屋みたいになったらしいんですね。二人とも気のいい人たちだから、お茶を出したり、一緒に遊んだりして。そのうち子どもたちが、土間に置いてあったリソグラフに興味を持ち始めて、自分たちで小冊子を作り始めて、それが楽しくてみんな通うようになって・・・ほんまに、未来を感じる話やなーって。

小田さんスマイル.JPG 「こういう印刷工房っていうのが、ただ単にものを作るだけじゃなくって、集会所であり、メディアを作るためのきっかけになる場所になりうるんですよ(編集部注:バーバリアン・ブックスのお二人は現在、広島に移住されています)」

ーー自分たちの身の回りの、些細なことだけどその周辺の人にとってはおもしろいし、すごく大事、みたいなことを伝えていくのにいいですよね。

「そうそう。だって、そうするためには別に、大量に刷らなくていいし、しかも、リソグラフはヤフオクとかで買えちゃうわけだから(笑)。自分で機械を買えば、自分で印刷して作ることって、誰だってできるんです」

***

 思ったよりもずっと気軽に自分のメディアを作ることができる、リソグラフ。流通面で難しいことも多い商業出版の世界で、「手売りブックス」シリーズや「ちいさいミシマ社」レーベルなど、ミシマ社もこれまで、様々な作り方や届け方を模索してきました。今回(自分たちにとっての)新しい本作りの現場に立ち会ったことで、いろんな可能性を感じワクワクしました。何より印刷や製本の過程に立ち会ったことで、出来上がった冊子によりいっそう、愛着が湧きました。今後のHand Saw Press Kyotoの展開が、とっても楽しみです!

Hand Saw Press Kyoto
文中にもありましたように、現在ホホホ座の一階に、リソグラフのスタジオを準備中。オープンを心待ちにしつつ、いますぐ気になる!印刷をやってみたい!という方は、メールにてご相談ください。oda@handsewpress.com

ウェブサイト:https://handsawpresstokyo.com/
インスタグラム:@handsawpress

Hand Saw Press Journal
こちらのサイトでは小田さんが、スタジオのことやリソグラフのことなどを書いています。印刷機の裏側も知ることができ、とってもおもしろいので、ぜひ!https://journal.handsawpress.com/from-hand-saw-press-kyoto/

編集部からのお知らせ

矢島操展 「ツバメのおはなし2」

2021年4月17日(土)〜25日(日)10:30〜17:30(会期中無休)

今後の社会情勢により、開催方法に変更が生じる場合がございます。
詳細はうつわやあ花音にお問い合わせください。

うつわやあ花音
京都市左京区南南禅寺福地町83-1

ウェブサイト:http://www.utsuwayaakane.com/
インスタグラム:@utsuwayaakane

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『思いがけず利他』本日発刊します!『思いがけず利他』本日発刊します!

    『思いがけず利他』本日発刊します!

    ミシマガ編集部

     10月20日(水)に中島岳志さん著『思いがけず利他』のリアル書店先行発売日を迎えました! 本日のミシマガは本書発刊を記念して、著者の中島さんからのメッセージ動画、書店員さんからのご感想コメント、そして、ぜひこの秋にあわせて読んでいただきたいミシマ社の人文書をご紹介します!

  • 『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』、いよいよ明日発刊!

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。いよいよ明日、高橋久美子さんの『その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱』が発刊となります。

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

ページトップへ