ミシマ社ご近所マップ

第1回

京都 玉の湯

2019.06.27更新

 京都市役所の近くで100年以上つづく町の銭湯「玉の湯」さん。現在は3代目の西出英男さん・晴美さんご夫妻が中心になって、お店を切り盛りしています。近くの染物屋さんとコラボ展示会をしたり、クリスマスの時期にはイルミネーションを飾ったりと、玉の湯さんは、これまでの銭湯にはなかったおもしろいことを、たくさんされています。ミシマ社も昨年、業界初(?)の銭湯でフェアを開催しました(玉の湯さんでのフェアの様子はこちら)。

0627_1.jpg

 3人のお子さんを育てながら、番台に立つ、晴美さん。「自分や家族はお客さんに育ててもらってる」と常々おっしゃる町の銭湯の若女将に、お話を聞いてきました。

お風呂屋さんをする気はなかった

ーー 結婚を機に、銭湯のお仕事をするようになったんですか?

晴美さん ううん。英男さん(晴美さんの夫)は最初、サラリーマンしてはって、お風呂屋さんする気は全然なくって。英男さんには、自分が好きなこと、ずっと続けられる仕事を見つけたほうがいいよ、って前から言っていて、そしたら、自分が趣味で行ってたアクアショップに突然、募集もしてはらへんのに、「すいません、僕、結婚するんで働きたいんですー」って。そしたらそこの社長さんも「そうかー。大変やなあ」って、それで働かはることになって(笑)。

ーー そんなことあるんですね(笑)。

晴美さん 私はずっと焼き物屋さんで働きながら、自分の(作品を)販売とか出したり、臨時の講師をしたり。

0627_2.jpg

脱衣所の棚には、晴美さんが焼いた陶器が。希望すれば購入もできます。

ーー そこからお風呂屋さんには、どういう経緯で?

晴美さん 旦那さんのお義母さんが病気になって。当時私らは結婚して別のとこ住んでて、英男さんは、朝早く会社行って、夜はお風呂屋さん手伝って。朝家を出て行ったっきり、12時くらいまで帰ってこない、それがずっと続いて。私も子供産んだところだったから、ちょっと、育児ノイローゼみたいになっちゃって。一日ひとりでいて、夜もひとりでお風呂入れて。英男さんが帰ってきてくれへんやったら自分が行こう、と思って、旦那さんの実家ででご飯を食べてお風呂入って帰る、っていうのを(子供が)7ヵ月頃にはじめたんかな?

ーー それは・・・大変ですね。

晴美さん めっちゃ大変やった。その頃、お風呂屋さんをどうするかって話になって、英男さんが継ぐことになって。

子育てとの両立があったからこそ

晴美さん 上の子が2歳になるまで、そんな生活。私もまだ前の会社務めに必死で、すごい、不安で。こんなん言ったらあれやけど、玉の湯も今よりもっとすごいボロボロで(笑)。だいぶ綺麗にしたんよ、あれでも。お客さんも、いまの半分くらい。

ーー えっ、そうだったんですか?

晴美さん うん、もう全然お客さんいなくて。せやのに、店番はいるやんか。私が会社から帰ってきたら、番台で英男さんが「もう心折れそうやわ、人が来なくて」って言って(笑)。昔から一番風呂の人っていうのは結構いはるんだけど、そっからもー、全然人がいなくて、ここをテナントビルにしよう、って。そうじゃないと暮らしていけへんかもしれへん、ってくらいお客さんがいなくて。
 そんな感じやったんやけど、そっからいろいろ、自分らなりに工夫して。(お客さんが)そういう怖い系の人とかも、割とまだ多かったから、明るい感じ、親子が来やすいようにしよう、って。いまとは違うお客さんの層も開拓しないと、ちょっともたないよ、という話をして、店内の照明を全部明るくして、床貼り替えたりとか、壁もクロスも全部変えて。

ーー 前に玉の湯さんに行ったとき、ちょうど、昔常連だった男の子が、大きくなって何年かぶりに来てた、って日ありましたよね?

晴美さん ああ、「あっくん」。あっくんぐらいやってん、当時来てた子どもがね。あんま笑顔のない子で、いつもお風呂めんどくさそうな感じやったから、来るのが楽しくなるようにって、スーパーボールの当てくじみたいなん買ってきたり、子どものためにおもちゃの貸し出し始めたり。

0627_3.jpg

ーー 脱衣所の絵本とかもそうですけど、玉の湯さんは、小さいお子さんもどうぞ〜、っていうのがすごく伝わってきますよね。

晴美さん イベントもやったよ、赤ちゃんの入浴の貸し切りみたいなんとか。

ーー 予約はすぐに埋まっちゃったんですか?

晴美さん うん。「行くとこない」っていう人が多くて。子どもとか赤ちゃん連れて行けるところが。私もそれを思ってて。カフェとか椅子のあるところって、子ども連れてってもすぐ寝転んだりとかするし、座敷みたいに、靴脱いで上がれるようなところで遊べたら、お母さんも子供も楽しいんじゃないの?って英男さんに話して。

ーー(当時のチラシを見ながら)「通常よりぬるめの温度でお待ちしております」っていうの、いいですね。

晴美さん 昔はもっと熱かったんやけど、やっぱり、こういうのをやったときに、熱い熱いって、子どもさんが入れなくって。だから基本、浅いところはぬるめにしてて、熱いのが好きな人はそういうところに行ってもらおうって。

0627_4.jpg

伝統は守りつつ、新しいことも

ーー お子さん向け以外にも、何か工夫されたことはありますか?

晴美さん 前は女湯の脱衣所の入り口に、ついたてしかなかってん。

ーー いまはカーテンがついてますよね。

晴美さん 最初、あそこにカーテンをつけたいって言ったら、お義父さんたちにすごい猛反対を受けて。そんなん、危ないって。貴重品とられたりとか、抑止力になるから、見えるほうがええんや、って。当時は若いお客さんもそんなにいなかったし、「誰も見られても、何にも思たらへん」って言われて。でも、そんなこと絶対ないわと思って、もう英男さんに半ば強引に、カーテンつけてもらって。
 そしたら、「つけてくれてありがとう」ってみんな言いに来てくれはって。めっちゃ腰まがったおばあちゃんとかが、「やっぱりなあ、いくつになっても嫌やねん」って言ってはって、それ聞いたときに、すごいうれしくって。
 いまは古い体質のところと、そうでないところが、二極化してるかもね。変化するのって結構めんどくさいから、上の世代の人とかは、それもしんどいやろうし。私らも少しずつ、自分らでできる範囲で変えていって、いろんな人に刺激されて。

ーー SNSを見ていると、玉の湯さんって、他の銭湯とのつながりや交流が結構あるのかなと感じました。

晴美さん 密に、ってわけじゃないけれども、それこそ、SNSでフォローしてくれて、自然とお互いに。うちが好きで、お風呂屋さんになります、って東京に修行に行った子とか、銭湯始めようと思ってるんです、って会いに来てくれたりとか。みんな若いのに頑張ってる、応援する〜!って気持ち。

ーー 去年のうちのフェアとか、晴美さんたちも、いわゆるみんながイメージする銭湯の枠にとらわれず、いろんなことをされてますよね。

晴美さん いまやっている染物屋さんの展示も、息子さんが継いで、新しいことやろうと思ってるんです、って言ってはって。それやったらうちでなんか展示してみて、何になるかわかんないけど、なんかにつながるかもよ、みたいな話をして(編集部注:この展示は終了しました)。          

 一見さんももちろん大事やけど、常連さんに、楽しいんでもらえたらいいなと思って。毎日来る人とか、週に一回でも来る人に、あー今日はこんなんしてはんねやとか、思ってもらえるようなところにできたらいいなと思ってる。

0627_6.JPG

脱衣所に置いてある、お客さん用のノート。


 玉の湯の二階に住んでいる、晴美さんご家族。実はお家のほうにお風呂はなく、みなさん、お客さんと一緒に入っています。 常連さんと世間話をしたり、お子さんの面倒を見てもらったり。地域の人に見守られながら、日々を過ごす晴美さん。常連さんも、一見さんも、みんなを受け入れる玉の湯のアットホームな雰囲気は、そんなお客さんとの関係からできているのかもしれません。仕事帰りや旅の途中、みなさんもぜひ、行ってみてください!

0627_7.jpg


201906玉の湯.jpg

玉の湯ウェブサイト

玉の湯ツィッター

お知らせ

玉の湯さんで、6月28日&29日の二日間限定で、珈琲風呂をやります!ブラジルの豆を大阪のカフェから仕入れて、お風呂をいれるんだとか。 ほか、関西の3箇所の銭湯で同時開催です。お近くにお住まいの方はぜひ〜!

同時開催の銭湯・都湯さんが作った紹介動画です↓

動画はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • バンド特設サイト

    『バンド』の聞き手・木村俊介さんご寄稿&なりきりクリープハイプ営業

    ミシマガ編集部

     こんにちは! ミシマガ編集部です。『バンド』発刊から1週間経ちました! すでにお手に取ってくださったみなさま、誠にありがとうございます。

  • 月刊ちゃぶ台

    白川密成さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    みなさま、おととい10/20(日)、クリープハイプ『バンド』とともに、『ちゃぶ台』Vol.5「宗教×政治」号が発刊となりました!その発刊を記念して、本日は白川密成さんのインタビュー記事を掲載いたします。『ちゃぶ台』Vol.5には、密成さんと岡田武史さんの対談記事「今治からの小さな革命」が掲載されています。

  • 「ほどよい量」を考えるしごとのわ通信

    「ほどよい量」を考える

    しごとのわ編集部

     9月25日に、しごとのわの新刊『ほどよい量をつくる』が発刊となりました。この発刊を記念して、著者の甲斐かおりさんに、本書には収めきれなかったエピソードや、本書を綴りながら考えたことなどを、5回にわたって短期連載していただきます。

  • 今日の人生今日の人生

    今日の人生

    益田 ミリ

    益田ミリさんによる大人気コミックエッセイ「今日の人生」をお届けします。現在、千葉と福岡で「本としあわせしりとり展」が開催中です!

この記事のバックナンバー

ページトップへ