一冊!取引所「現場からは以上です。」

第9回

カランタ、一周年。

2021.01.20更新

「一冊!取引所」とは?

書店と出版社をつなぐ、クラウド型受発注プラットフォーム。
株式会社カランタが運営し、ミシマ社は共同開発として関わっているサービスです。

一冊!取引所はこちら

おかげさまで創業一周年。ありがとうございます!

 皆さんこんにちは。「一冊!取引所」のワタナベです。さて、私が所属する「株式会社カランタ」が設立されたのが2020年1月。そうなんです。おかげさまで、このたび会社を設立して「一周年」を迎えることができました。この間支えてくださった皆さま、応援してくださった皆さまに厚く御礼申し上げます。ありがとうございます!
 ちょうど一年前、株式会社カランタは、ITエンジニアリングの力で出版支援サービスを行う目的で立ち上がりました。その設立には、出版社である「株式会社ミシマ社」の代表・三島、ウェブ制作会社である「ディーエスケープロダクション合同会社」の代表・蓑原、システム制作事業のエンジニアチーム「株式会社CICAC」の代表・今氏の3社(3者)が関わりました。この3名がカランタの役員、経営陣で、代表には蓑原が就任しました。現在は週に1回、私も書記として加わりつつ定例会議をリモートで行っています。

開発と運営の日常、日々の仕事の様子は?

 開発の現場は、今氏率いるCICACの辣腕エンジニア、薗田さんをヘッドに複数名体制で構築されています。余談ですが、CICACは渋谷にオフィスを構えていますが、薗田さんは群馬県桐生市在住。この物理的距離を超えるべく、日々のやり取り・進行管理には、チャットツールである「Slack」や、タスク管理ツールの「Asana」を活用しています。エンジニアさん的には、こんなの常識かもしれないですが、出版出身のワタナベ的には、リモート環境で仕事をどんどん走らせる「爆速なスピード感」は、とても驚きでした。しかし慣れると非常に心地よく、いまでは、同じオフィスで仕事をしているような感覚さえ芽生えております。薗田さんはレスがいつも早くてありがたいです。
 そして、運営と普及の現場を担うのが、私ワタナベ。カランタ設立当初は、ミシマ社の営業と兼任でカランタの業務をしておりましたが、昨年8月に移籍して以降、「一冊!取引所」の専属スタッフとして、その運営・普及に日々つとめております。普段は、京都の自宅をリモートワークの拠点にしつつ(YouTubeライブの配信をしているのも自宅です)、月に何回か、ノートパソコンをリュックに入れて自転車を20分ほど走らせ、ミシマ社の京都オフィスにも顔を出して、机を借りて仕事させてもらっています。あと、東京に出張へ行く際は、外回りの合間に、渋谷のCICACやミシマ社の自由が丘オフィスを借りて仕事を前進させることも。パソコンとネット回線があれば、どこでも仕事ができる体制です。ちょうどこの原稿を書きはじめる前にも、東京の出版社の方と、「Zoom」で打ち合わせを実施。ありがたいことに、「一冊!取引所」への参加を決めてくださいました。よし、がんばるぞ!
 一年経った現在、株式会社カランタはそんな構成で、「一冊!取引所」の開発・運営は、こんな日常です。

「一冊!取引所」の近況

 1月に立ち上がったカランタは、サービスの要件定義を進めながら、3月に「一冊!取引所」サービスの出版社向け説明会を実施。その様子は、YouTubeチャンネルにアーカイブ動画を残しており、今でも閲覧可能です。(ご視聴はこちら)並行して開発チームがすごい勢いでコーディングを行い、6月に本稼働を迎えました。ですが、開発はそれで終わりではなく、必要な機能の開発・実装はその後も続きます。運営がユーザーの声を聞き、開発と連携しながら、それは今でも続けられております。「永遠に開発が終わらない、進化するシステム」「自分たちのシステム」として、やっております。
 直近の出来事としては、4月に開催される「書店向けWeb商談会」に、「Web注文機能」を提供することとなりました。それに伴い、必要な要素を洗い出し、実装に向けて動かしているところです。
 普及の面では、6月のスタート時、参加出版社が38社、参加書店が230店舗でした。それが現在は、出版社50社、書店505店舗となっています。これは、今年の6月までに「出版社100社、書店1,000店舗」を目標に掲げています。ご参加くださっている皆さまには感謝しかありません。もっと使っていただけるよう、どんどん良くして参る所存です。

スタートアップサポーターさんへの感謝

 このように、現在進行形のカランタ、そして「一冊!取引所」。社として一周年を迎えることができ、忘れてならないのが、「一冊!取引所」の「スタートアップサポーター」さんの存在、その善意です。新しい事業は、最初のスタートに最大の困難を迎えるものですが、皆さまからいただいた支援、そのお気持ちに応えるべく、日々、心を込めて仕事にあたることができています。この取り組みを世に定着させ、またこの取り組みが出版の裾野を広げ、世の中の写し鏡ともいえる出版の多様なありよう、出版の豊かさに貢献できるような存在になりたい。それが、私のやりたいことです。
 この場をお借りして、改めて皆さまに御礼申し上げます。

 ちょうど一年前から始まっていた、新型コロナウイルスのこと。その影響で、世の中の流れも大きく変化しました。リモート、オンライン、こんなに日常になるなんて想像もできませんでした。ここから先もきっと、いまから想像もできないこと、まだまだ起こると思います。しかしどうであれ、「出版社と書店をつなぐ」「出版支援サービス」として、カランタができることを考え、形にして、変化し続け、世に貢献したい。貢献できる。やるぞ。そんな一周年です。
 やったるで。現場からは以上です。

一冊!取引所 運営チーム

一冊!取引所 運営チーム
(いっさつとりひきじょ うんえいちーむ)

株式会社カランタが運営する、出版社と書店をつなぐクラウド型受発注サービス「一冊!取引所」。

運営・開発チームの生の声をお届けします。主にカランタの営業・ワタナベが執筆しています。

一冊!取引所

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    クリープハイプのフロントマンであり、4年半ぶりの小説「母影」が第164回芥川賞の候補となるなど、今、大注目の尾崎世界観さん。バンド結成10周年となった2019年には、クリープハイプのメンバー4人全員がバンドについて語った『バンド』をミシマ社から発刊しています。そんな尾崎さんと、『バンド』を含め、ミシマ社の数多くの書籍のデザインを手掛けてくださっている寄藤文平さんの対談をお届けします!

  • 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    ミシマガ編集部

    1月29日、新刊『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)が発刊となりました! 本日のミシマガでは、中身を少しだけお見せしたり、三島の視点から光嶋裕介さんの人物像に迫ったり、刊行記念イベントについてお伝えしたり・・・『つくるをひらく』をより一層楽しむことのできる記事をお届けします。

  • 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    2月11日(木)、映画『すばらしき世界』が全国で公開となりました。佐木隆三の長編小説『身分帳』を原案とした本作、4年ほど前に企画が立ち上がった当初、ひょんなご縁からミシマ社も取材などに協力させていただきました。公開にあたり、西川監督にうかがった『すばらしき世界』制作秘話を、2日間にわたり掲載します。とにかくぜひぜひぜひ、劇場に足を運んで観ていただきたいです。

この記事のバックナンバー

02月13日
第10回 カランタ、変化のとき 一冊!取引所 運営チーム
01月20日
第9回 カランタ、一周年。 一冊!取引所 運営チーム
12月19日
第8回 YouTubeライブを振り返る その3 一冊!取引所 運営チーム
11月29日
第7回 YouTubeライブを振り返る その2 一冊!取引所 運営チーム
10月24日
第6回 YouTubeライブを振り返る 一冊!取引所 運営チーム
09月23日
第5回 トップページを解説します 一冊!取引所 運営チーム
08月21日
第4回 ワタナベ、本格始動 一冊!取引所 運営チーム
07月24日
第3回 参加出版社をそれぞれ140字以内で紹介してみるチャレンジ 一冊!取引所 運営チーム
06月24日
第2回 いよいよ本格オープン! 今日も明日もカイゼンだ 一冊!取引所 運営チーム
05月22日
第1回 ついに走り出した「一冊!取引所」 一冊!取引所 運営チーム
ページトップへ