一冊!取引所「現場からは以上です。」

第1回

ついに走り出した「一冊!取引所」

2020.05.22更新

「一冊!取引所」プレオープンしました!

 出版社と書店をつなぐ新しいクラウド型受発注サービス「一冊!取引所」が、いよいよ始まりました。2020年4月よりプレオープンしています。(運営:株式会社カランタ

200522-1.jpg

 このシステムを通して、参加出版社と書店は、楽しく簡単に書籍の受発注をすることができます。一般読者の方も、参加する各社のプロフィールや書籍情報などを写真付きでご覧いただくことが可能です。
 書店から読者まで「こんな本あったんだ」「この出版社の本、面白いな」「近所にこんな書店が!」などなど、これまでになかった本や書店との出会いを楽しめる場にしていきたいと、開発チーム一同、日々励んでいます。

 というのも、ミシマ社はこの「一冊!取引所」の共同開発をおこなっているのです。なぜ新しいシステムの開発をするのか? その思いや理念については、代表・三島によるこちらの記事をご覧ください。

 で。社内で三島から「新しいシステムをつくるどー!」とはじめて聞いたのは、たしか2018年の秋ごろ、だったでしょうか。
 いまから遡ること13年前、最古参兵・ワタナベが入社した2007年から自社営業体制をスタートしたミシマ社。その際、三島とワタナベが急ごしらえで構築した流通・販売管理システムを、この間、ずっと使い続けてきました。
 社内でガラパゴス的に使い続けられたこのシステムは、気づけば「ワタナベ城」と呼ばれるほどに、外からはどうなっているのか皆目わからない=要塞化を遂げていたのでした(詳しくはこちら)。
 ITテクノロジーがここまで進化したのに、アナログの職人技に支えられる運用体制・・・。こりゃなんとかせんといかんということで、はじめは自社のシステム革命を起こすべく考えられていた模様。しかし、どんどん三島のなかであっちとこっちとそっちがガシャーンとつなぎ合わされ、まずは「一冊!取引所」をやるべ、ということになったようです。
 (なったようです、と他人事のように言っているのは、これを書いている私・アライがちょうど産休中の出来事だったから。職場復帰後、怒涛の勢いで進むシステム開発の荒波にいつの間にか巻き込まれていったのはまた別のお話・・・)

 ミシマ社メンバーでは三島のほかに、上記の最古参兵ワタナベ、IT会社から転職してきたというミシマ社では異色の経歴を持つモリ、ビジュアル面にしつこいアライを中心に動いています。
 このページでは、その裏側についてどどーんと綴っていく予定です。

で、ワタナベ城はどうなったの?

 要塞化され、それを壊すべく新しいシステムを作るぞ! と、「壊すべきもの」とされてしまったワタナベ城。城主・ワタナベは実際のところ、どう思っていたんでしょうか。聞いてみました。

ワタナベ
「膨大なFAX、メール、電話メモといった、多岐に渡る受注情報を、属人的なひとりの職人技によって仕分け、統合、また仕分け・・・。デジタルデータも一旦紙にしてから再入力など日常茶飯事。それを、東京と京都を繋ぐ激重サーバーの中に入れられた激重ExcelファイルとAccessデータに取り込んで運用していたワタナベ城。やや、これはこれで、システムなんですよ。取次出身である私がこのシステムに込めた設計思想は、「事故を起こさない!」でした。しかし、そこに知識と経験という「職人的技能」が求められる限り、脆弱性は解消できません。いつ、大事故が起きてもおかしくなかった。もう、限界でしたね。

「一冊!取引所」は、そんな状況のなかで、システム刷新の第1フェーズとして、書店さんからの受注をこの取引所内でのやり取りに一元化する狙いがあります。くわえて、営業の質・量が落ちない。むしろ、高まることを目指しています。そうやってデジタル情報として届く受注を、起票、出荷、請求に直結させていくのが次のフェーズ。これは、「一冊!番頭」という別サービスとして開発する構想です。

ワタナベ城に捧げた情熱は、いま全部、「一冊!」サービスに注いでいます。他の出版社さんにも喜んで使っていただけるような、いいものに絶対しますから。」

永遠に未完成なシステム、目下進化中!

 さてそんなこんなで進めている「一冊!取引所」。プレオープンし、機能も日々実装されていっています。開発チームとのやりとりは、チャットツール「Slack」でおこなわれているのですが(ITっぽい〜)、構築を担当している株式会社CICACの凄腕エンジニア、今氏さんと薗田さんが使う「おけす」(おっけーです)が私的流行語なワタナベとアライです。なんかかわいい。

200522-4.jpg

 5月上旬には、書店さんが実際に書籍を注文できる「取引機能」が追加されました! この機能、超大事。というかこのシステムの肝です。
 この取引機能は大きな課題で、日々ミーティングを重ね構築メンバーもすっっごくがんばっていました。
 開発環境に反映したので、確認お願いします!」「これってどうなってますか?」など怒涛のSlackやりとりがつづく。そして薗田さんからの返信がきている時間を見ると午前3時だったりして。ヒィー遅くまで本当にすみませんありがとうございます・・・(これが毎晩つづいてるわけじゃないよ、と言ってくださっていましたが)。

 そんな、このサービスの要である取引機能が実装されたあと、実際に動く様子をYouTubeで配信しました。YouTubeでのリアルタイム配信も初の試み。社長がエクセルも使えなかったはずのミシマ社、このコロナ禍のあいだにどんどん進化しています。

200522-2.jpg(散髪していない髪の毛を隠すために一人帽子をかぶる左下の三島)

「チャットができるの? これはすごい!」「めっちゃええやん!」と、三島をはじめ、ライブ配信を見ていたミシマ社メンバーも絶賛。書籍を注文すると、この取引所上で注文をくださった書店さんとメッセージのやりとりができたりするんです。

200522-3.jpg

 (こういう感じです。YouTubeの解説画面より)

 書店さんとのやりとり、ここからたくさんできるといいなー。書店さんは参加無料です! ぜひ注文して、「初注文!」とメッセージをください!

第0回配信(出演:三島、蓑原、今氏、渡辺)の動画です。

第1回には、ナナロク社代表の村井光男さんをゲストにお招きしました!

 「一冊!Live」、今後も定期的にやっていく予定です。こういうことを取り上げてほしい、などあればどしどしご意見ください。
 また、「一冊!取引所」はクラウド型サービスなので、ブラウザから使えます。アプリのダウンロードとかは必要ありません。楽ちん便利で快適。
 書店さん、出版社、読者、いろんな人に使いやすいものになるよう常に成長する、「永遠に未完成」なシステムです。ぜひちらっと覗いてみてください。現場からは以上です。

一冊!取引所 運営チーム

一冊!取引所 運営チーム
(いっさつとりひきじょ かいはつちーむ)

株式会社カランタが運営する、出版社と書店をつなぐクラウド型受発注サービス「一冊!取引所」。

運営・開発チームの生の声をお届けします。主にカランタの営業・ワタナベが執筆しています。

一冊!取引所

編集部からのお知らせ

一冊!取引所 ツイッターやってます。

Twitter(@1satsu_torihiki)にて、「一冊!ライブ」や最新の情報をお知らせしています。

参加書店、出版社 募集中!

「一冊!取引所」に参加くださる書店様、出版社様を募集しています。
ご興味をお持ちの方は、以下フォームよりお気軽にお問い合わせください。折り返し詳細をご連絡差し上げます。なお、運用テスト期間中は、月額使用料(出版社)は発生いたしません。

出版社様フォームはこちら

書店様フォームはこちら

一冊!サポーター募集

出版関係者にとどまらず、個人の方から企業の方まで、本取り組みを支えてくださる「一冊!サポーター」を募集しています。
今回のシステムをしっかりと世に定着させるためには、最初の一年を乗り切れるかどうかが大きなポイントになります。具体的には、半年の間に、少なくとも1,500万円を集める必要があると思っております(現状、目標達成まで20%程度です)。
お力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

<御礼に代えて> 一年以内に、本取り組みについてまとめた書籍をつくる予定をしております。その一冊を御礼に代えて、献本いたします。

サポーターお申し込みはこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催します!

    MS Live! 制作室

    2020年の8月に初めて開催した「こどもとおとなのサマースクール2020 」では、全国から参加者が集まり、オンラインだからこそできる親密さのなか、生命力の高まる学びの場が生まれました(講座内容・開催のご挨拶はこちら)。参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました! そしてサマースクール から半年弱。この度、2021年の1月下旬に「こどもとおとなのウィンタースクール2021」を開催することとなりました!

  • 料理と利他

    『料理と利他』の「はじめに」を公開します!

    ミシマガ編集部

    12月15日に発刊し、はやくも4刷りが決定した土井善晴さんと中島岳志さんの『料理と利他』。本日は、中島先生による「はじめに」を公開します。土井先生の魅力と謎、中島先生の考える利他とのつながり、などなど、本文を読みたくなる前菜というべき文章、どうぞお読みください!

  • 縁食から世界を変える(1)

    縁食から世界を変える(1)

    ミシマガ編集部

    お金の「円」ではなく、人と人、また人間以外のものとの「縁」をベースに「食」を考えなおした、藤原辰史さんの新刊『縁食論』。「縁食」のようなしなやかなつながりが、コロナ後の社会の鍵となる、とすでに多くの反響をいただいています。 そんな本書の発刊を記念して、『うしろめたさの人類学』の著者である文化人類学者の松村圭一郎さんとの対談イベントをMSLive!で開催しました。 松村さんが投げかける問いから、とてつもないスピード感でおふたりの思考が深まっていき、「縁食論のその後」のようなお話にまで議論が及びました。その模様を、本日と明日の2日間にわたってお伝えします。

この記事のバックナンバー

12月19日
第8回 YouTubeライブを振り返る その3 一冊!取引所 運営チーム
11月29日
第7回 YouTubeライブを振り返る その2 一冊!取引所 運営チーム
10月24日
第6回 YouTubeライブを振り返る 一冊!取引所 運営チーム
09月23日
第5回 トップページを解説します 一冊!取引所 運営チーム
08月21日
第4回 ワタナベ、本格始動 一冊!取引所 運営チーム
07月24日
第3回 参加出版社をそれぞれ140字以内で紹介してみるチャレンジ 一冊!取引所 運営チーム
06月24日
第2回 いよいよ本格オープン! 今日も明日もカイゼンだ 一冊!取引所 運営チーム
05月22日
第1回 ついに走り出した「一冊!取引所」 一冊!取引所 運営チーム
ページトップへ