おむすびのにぎりかた 自由が丘編

第4回

おむすびのにぎりかた 自由が丘編

2018.06.17更新

 5月22日、手売りブックス『おむすびのにぎりかた』が発売になりました。その『おむすびのにぎりかた』にはこんな一節があります。

学べば一様に作れる料理とは違い、その人自身がおむすびという形になって表れる。(『おむすびのにぎりかた』p.18)

 この一節を読んで思いました。オフィスのみんなでおむすびを作ったらどうなるんだろう? ふとした思いつきから、自由が丘オフィスで「おむすびをにぎる会」が開催されました。岡田がレポートします。

omusubi_shoei.jpg

『おむすびのにぎりかた』文:宮本しばに 写真:野口さとこ(ミシマ社)

***

 前日、「おむすびの好きな具を持ってきてね」とアナウンスし、開催日当日を迎えました。

 始まる前に集合写真をパチリ。

0617-5.jpg

 写真左より、デッチ染谷さん。(このおむすび会のために足を運んでくれました!)

 星野さんは明太子(魚卵好き)。

 岡田は梅みそ(祖母特製です)。

 野崎さんはとろろ昆布、梅干し、高菜(イチオシはとろろ昆布)。

 池畑さんは福神漬け(間違いない一品)。

 デッチ・須賀くんは鮭フレーク(定番ですよね!)。

 出揃った具材にかぶりはなく、早くも個性が出ています。

 お昼の時間に合うようにご飯を炊いて、いざおむすびをにぎる! ・・・と意気込んだものの、炊きたてのご飯は熱くて触れない。

 染谷さんから「あつー!」と声があがります。

0617-1.jpg

 一呼吸おいて仕切り直し。

 炊きたてご飯がにぎれるくらいの熱さになったのを見計らい、おむすび会を再開。

 さっそく人によってにぎりかたに違いが出ました。

 俵型ににぎる人、三角ににぎる人、のりを先に巻く人。取る具材もさまざま。

 「その具材の組み合わせ良いね」、「そのやり方は初めて見た!」など自然に会話が生まれ、いつも以上に賑やかな食卓に。

0617-2.jpg

0617-8.jpg

 実際にやってみると、なかなかきれいな三角のおむすびをにぎるのは難しいことがわかりました。手を三角に・・・と意識するも、ご飯の量や具材の乗せ方もあり、うまくいきません。

 「水を手につけてからにぎる」という動作を忘れてにぎり始めてしまった須賀くんは、手にご飯粒をたくさんつけて大慌て。途中で水を追加して事なきを得ました。

 池畑さんも、最初のおむすびはご飯の量が多すぎてうまくむすべませんでした。昔に作った記憶を思い出し、二個目から安定してむすべるようになった様子。

 野崎さんはとろろ昆布でご飯を覆ったおむすびを作ります。見た目が面白い。

0617-7.jpg

 そうして、思い思いに作ったおむすびがお皿の上にどんどん出来上がっていきます。

0617-6.jpg

 じゃじゃーん。みんなで懸命に、無言の瞬間もありながらたくさんにぎりました。

 出来上がったおむすびを実際にいただきます。自分で作ったおむすびも、誰かが作ったおむすびも、好きなように手に取って食べます。わいわいとご飯を楽しむ時間もつかの間、おむすびは気づけばお皿からなくなっていました。

 思いつきで開催した「おむすび会」でしたが、普段以上にそれぞれの個性が出る会になりました。

 最後、星野さんが「おむすびを作ると、お腹がすくことがわかった」と一言。その場にいたみんなが頷いたのでした。

〈レシピ〉

用意するもの
・ごはん・・・人数分(今回は5合)
・具材・・・みんなで好きなものを持ち寄り
・はらぺこのお腹・・・人数分

1.炊きたてのご飯と具材をちゃぶ台に用意する。
2.それぞれ思い思いのおむすびをにぎる。
3.みんなでちゃぶ台を囲んで食べる。

【京都】6月30日(土)『おむすびのにぎりかた』著者・宮本しばにさんと「羽釜で炊いたほかほかごはんでおむすびをにぎる」ワークショップを開催します!@恵文社一乗寺店コテージ

180602-1.jpg

 創作野菜料理家・宮本しばにさんと、写真家・野口さとこさんによる『おむすびのにぎりかた』。ほかほかごはんに好きな具材を合わせるだけ。シンプルで、だれでも作れる「おむすび」を訪ね歩いた本書の刊行を記念して、おむすびの持つおいしい秘密を一緒にさぐる、ワークショップを開催します。

 ワークショップでは、羽釜で炊いたごはんをおひつに入れて、ほかほかのおむすびをにぎるほか、おむすびの具となるふりかけ作りも、参加者のみなさんに体験いただきながらご紹介します。

 試食タイムはお味噌汁もご一緒に。完成したあとは、写真家・野口さとこさんのアドバイスのもと自分でにぎったおむすびをパシャりと写真におさめてみましょう!

 当日は、羽釜やおひつなど「おむすびのまわり」を彩る道具のご紹介もいたします。羽釜で炊いたごはん、とんでもなくおいしいのでぜひこのおいしさを体験して、おむすびの魅力を再発見してください。お子様とのご参加も大歓迎。ぜひどうぞ!

『おむすびのにぎりかた』宮本しばにさんと「羽釜で炊いたほかほかごはんでおむすびをにぎる」ワークショップ

■日時:2018年6月30日(土)
第一部 12:00~13:30/第二部 15:00~16:30(各回、内容は同じです)
場所:恵文社一乗寺店
■定員:各回25名
参加費:1200円

■予定内容:
・おむすびのはなし(宮本しばに、野口さとこ)
・すり鉢を使って、ふりかけを作ろう
・羽釜で炊いたごはんをおひつに入れて、おむすびをにぎろう(おむすびは1人2つ、お味噌汁つき)
・完成後は、写真家・野口さとこさん指導のもと、おいしくおむすびの写真をパシャり(スマホ、コンデジなどカメラはなんでもOKです)

■お申し込み方法:event@mishimasha.com まで
お名前、参加人数、電話番号、ご参加希望回(第一部、第二部どちらをご希望か)をご記入のうえ、タイトルを「0630おむすび」としてメールをお送りください。
また、上記メールのほか075-746-3438(ミシマ社京都オフィス)、恵文社一乗寺店店頭でもご予約承ります。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

ページトップへ