バンド特設サイト

第1回

クリープハイプ『バンド』(10/20日発刊)の特設サイトができました!

2019.10.01更新

 クリープハイプの新刊『バンド』(10月20日発売)を、バンド結成10周年記念を記念してミシマ社より刊行することになりました。

バンドカバー.jpg

今年の11月16日、現メンバーによるバンド結成10周年を迎えるクリープハイプ。

「このバンドを小さな会社だと思っている」(尾崎)

2009年11月16日、当時、メンバーが次々と脱退して尾崎世界観の「一人バンド」となっていたクリープハイプに、3人が正式に加わる。それから10年――。

順風満帆とは全く言えない10年間に起こった数々は、まさに「小説より奇」なり。

プチ失踪、メジャーデビュー、解散の危機、レーベル移籍、炎上、歌えない・演奏できない身体...。

次々に押し寄せる困難をどのように乗り越えていったのか? そもそもなぜ、この4人だったのか?

小泉拓(ドラム)、長谷川カオナシ(ベース)、小川幸慈(ギター)、そしてフロントマンの尾崎世界観。メンバー4 人が初めて怒涛の10年を語り尽くす。

今や、絶滅危惧種と言われる「バンド」。この時代に何かを表現すること、表現を生業にすること、チームで何かをおこなうこと、こうしたもの「すべて」に迫る、唯一無二のノンフィクション。

 組織論や音楽論など、さまざまな角度から読めるので、クリープハイプファンでなくとも楽しめる一冊です!

 そして、本書の魅力を余すことなく伝えようと、昨日ツイッターにて、『バンド』特設アカウントを開設いたしました。このアカウントでつぶやいた『バンド』に関する最新情報を、1週間分まとめてこちらのバンド特設ページに掲載する予定です。

1001.jpg

 ちなみにツイッターでは、週ごとにテーマを決めて、本日より毎日つぶやいていきます。その気になるテーマは、「本書『バンド』について」、「音楽をもっと楽しむために」、「クリープハイプに学ぶ会社の話」、「クリープハイプの曲を聴こう」、「この時代に表現で生きていく人へ」、「ノンフィクションの新境地として」、「バンドという曲と本書」、「この人たちはこう読んだ」、「仕事の技術・戦略各論として」、「若者たちへの応援歌」...など、まったく違った切り口から本書の魅力を紹介していきます。どうぞお楽しみに!

 また、本書は初版特典として、メンバーのサインが入った特製ポストカードがついていますので、お早めにお買い求めくださいませ。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

10月10日(木)新木場STUDIO COAST でのクリープハイプ・ライブ会場にて先行販売予定!
※ライブについての詳細は、クリープハイプオフィシャルサイトをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ないようである、かもしれない

    星野概念さん新刊『ないようである、かもしれない』まえがき&動画メッセージ

    ミシマガ編集部

    ミシマガの人気連載、『「ない」ようで「ある」』が、ついに単行本化! 『ないようである、かもしれない 発酵ラブな精神科医の妄言』と題して、2月19日に発刊となりました!今日のミシマガでは、本書の魅力に触れていただくべく、まえがきを全文公開します!さらに、概念さんからビデオメッセージもいただきました。最後までお見逃しなく!

  • 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    ミシマガ編集部

    1月29日、新刊『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)が発刊となりました! 本日のミシマガでは、中身を少しだけお見せしたり、三島の視点から光嶋裕介さんの人物像に迫ったり、刊行記念イベントについてお伝えしたり・・・『つくるをひらく』をより一層楽しむことのできる記事をお届けします。

  • 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    2月11日(木)、映画『すばらしき世界』が全国で公開となりました。佐木隆三の長編小説『身分帳』を原案とした本作、4年ほど前に企画が立ち上がった当初、ひょんなご縁からミシマ社も取材などに協力させていただきました。公開にあたり、西川監督にうかがった『すばらしき世界』制作秘話を、2日間にわたり掲載します。とにかくぜひぜひぜひ、劇場に足を運んで観ていただきたいです。

ページトップへ