バンド特設サイト

第3回

10月2週目のバンド情報

2019.10.13更新

 みなさんこんにちは。

 『バンド』特設ページです。いよいよ発刊が来週末に迫った10月2週目は、ニュースがたくさんございます! まず、クリープハイプの10周年特設サイト『#クリープハイプみが深い』が開設しました。このサイトのなかでも「#クリープハイプみが深い怒涛の10年」として、本書『バンド』のことを取り上げてくださっていますので、どうぞご覧くださいませ。

 そして、本書『バンド』のなかでも欠かすことのできないクリープハイプの名曲「バンド」。この曲が2019年ヴァージョンに新しく作られたMVが公開されました。

 この「バンド」の曲について、4人のメンバーが本書で語っている箇所を取り出すと・・・ 

--尾崎くんが書いた「バンド」という曲に、ぼくは救われたんです。自分たちの音楽でもあるんだけれども、まず、ぼく自身にとって、すごく心に響きました。バンドがある、音が鳴るという幸せについて、歌にしてくれたから。(小泉p9)

--演奏する際のテンポについては、みんなでそれぞれメトロノームを聴きながらやることも多いんです。(...)しかし、あの曲は、それをやらず、ナマで演奏したんです。そういうのも、本来のバンドっぽさがありますよね。ぼくにとっては、そういうところも「バンド」という曲の好きなところです。(長谷川p117)

--あれは、会場の雰囲気をすごく変える曲なんです。だからこそ、毎回はできない曲で。(...)お客さんが、「ずっと四人の演奏だけを聴く」というように、空気が変わる。その時間は素敵でしたね。だからこそ、あの曲を演奏するのには、緊張感があるんですけれど。(小川p225-226)

--バンドを始めた頃から、ずっと変わらずやってきたことを曲にしたわけですが、「ずっと感じてきたことをはじめて曲にできた」んです。(尾崎p290)

 それぞれのメンバーがそれぞれの感じ方で大切にしているこの曲。公開されたMVはこちらです。

 そして、10月10日(木)は新木場COASTにてクリープハイプのワンマンライブがあり、そこで本書『バンド』の先行販売を行いました。自由が丘オフィスの新人・スガがその様子レポートしたので、お届けします!

"一夜限りの" 使い捨てワンマン supported by TBSラジオ「ACTION」レポート

 こんにちは。自由が丘オフィスのスガです。おととい10月10日、クリープハイプのワンマンライブ、「"一夜限りの" 使い捨てワンマン supported by TBSラジオ「ACTION」」が開催されました! 

1013-1.jpg

 場所は東京・新木場STUDIO COAST
 ミシマ社一同も10月20日発売の『バンド』の先行発売にお邪魔しました。

 11時に会場に到着して、15時開始の先行販売の準備を行いました。

1013-2.jpg

印刷会社さんから運ばれてきたばかりの『バンド』

1013-3.jpg この日用意した数、なんと1000冊! 本を一冊一冊、缶バッジと一緒に袋詰めにします。

 そうこうしていると12時から、"ふらんす食堂M×クリープハイプ"フードコートの営業が始まりました。フランス食堂の店主は尾崎世界観さんと小中学校のころからの友達です。普段は武蔵小杉で営業している「ふらんす食堂M」が、ライブ会場に出張してきました。

 ちなみにミシマ社ブースのとなりは、クリープハイプグッズの物販コーナーでした。
 営業時間中は、「ACTION」のロンTや、「ざきだるま」など、限定グッズが販売されていました。

1013-4.jpg

 まもなく15時です。なんとか1000セット、袋詰めを終えました。

1013-5.jpg

 いよいよ先行販売がはじまりました。たくさんの方が、ミシマ社ブースにお越しくださいました。ファンのみなさんの熱がすごいです!!! 販売に一生懸命すぎてレポート用の写真を撮れず・・・それくらいものすごい勢いでたくさんの方にお買い求めいただけました。

 ライブ前、ライブ後と販売を行い、なんと完売!! 楽しみにしていただいたのに売り切れで購入できなかったみなさま、大変申し訳ございませんでした。10/20(日)全国書店さんにて一斉発売となりますので、ぜひ本屋さんでお手にとっていただけるとうれしいです。

1013-6.jpg

 そしてなによりライブがすごかったです!!!!!

 四人での大音量の演奏と、笑いを誘う尾崎さんのMC。(実は私スガ、人生初のライブ体験でした・・・)

『イノチミジカシコイセヨオトメ』をはじめ、『バンド』でも紹介されている曲も演奏されました。

 『バンド』には、バンドを結成してからの困難についても語られています。その困難を乗り越えて、この素晴らしいステージを繰り広げるクリープハイプさん。奇跡的なことだなと思いました!

 みなさまも『バンド』、ご覧くださいませ!

1013-7.jpg

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ないようである、かもしれない

    星野概念さん新刊『ないようである、かもしれない』まえがき&動画メッセージ

    ミシマガ編集部

    ミシマガの人気連載、『「ない」ようで「ある」』が、ついに単行本化! 『ないようである、かもしれない 発酵ラブな精神科医の妄言』と題して、2月19日に発刊となりました!今日のミシマガでは、本書の魅力に触れていただくべく、まえがきを全文公開します!さらに、概念さんからビデオメッセージもいただきました。最後までお見逃しなく!

  • 『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)を刊行しました!

    ミシマガ編集部

    1月29日、新刊『つくるをひらく』(光嶋裕介 著)が発刊となりました! 本日のミシマガでは、中身を少しだけお見せしたり、三島の視点から光嶋裕介さんの人物像に迫ったり、刊行記念イベントについてお伝えしたり・・・『つくるをひらく』をより一層楽しむことのできる記事をお届けします。

  • 映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    映画『すばらしき世界』公開記念・西川美和監督インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    2月11日(木)、映画『すばらしき世界』が全国で公開となりました。佐木隆三の長編小説『身分帳』を原案とした本作、4年ほど前に企画が立ち上がった当初、ひょんなご縁からミシマ社も取材などに協力させていただきました。公開にあたり、西川監督にうかがった『すばらしき世界』制作秘話を、2日間にわたり掲載します。とにかくぜひぜひぜひ、劇場に足を運んで観ていただきたいです。

ページトップへ