バンド特設サイト

第6回

バンドTシャツ抽選会!

2019.11.04更新

 みなさんこんにちは! 『バンド』特設サイトです。

 『バンド』発刊から2週間が経ち、おかげさまで重版が決まりました! みなさまありがとうございます。ちなみに重版分には、初版限定のポストカードはついておりませんので、ご希望の方は、ただいま書店店頭に並んでいる初版本をお早めにお買い求めくださいませ。

 また、読んでくださったみなさまからの感想も徐々に届いてまいりました。こちらもありがとうございます!

 バンド書影_帯なし.jpg

『バンド』クリープハイプ 聞き手:木村俊介 (ミシマ社)

 そして先週の金曜日に、こちらの#バンド読んだ にコメントを寄せてくださった方へバンドTシャツをプレゼントするための抽選会を行いました。

キャンペーン.jpeg

 まずはこの抽選会が行われるようになった経緯を簡単に。抽選といえど、機械での抽選もあじけない。どうやったらもっと楽しんでもらえるかを話し合っていたところ、せっかくなので抽選箱を作って、そこにみなさまの感想を打ち出したものをおみくじのようにして入れ、メンバーでひとつずつ引いていく本格的な抽選会にしよう! ということになりました。そうと決まったら、さっそく#バンド読んだにコメントを寄せてくださった185通を紙に打ち出してチョキチョキ、そしてグルグルします。

 そして迎えた当日。インスタライブ配信をします! と宣言したものの、ミシマ社史上初の抽選会、そしてライブ配信で、果たして見てくださる方はいらっしゃるのか、不安でした。しかし始めてみれば100人近い方がみてくださり、そして配信中にもあたたかいコメントまでいただけました。本当にありがとうございました。もちろん、ミシマ社メンバーによるなりきり、なんちゃってクリープハイプ も勝手にやらしていただきました!

 また、この抽選会の最後でもお伝えいたしましたが、こちらのTシャツプレゼント企画を11月も開催することになりました。今回の抽選で当たらなかった方も対象になりますが、引き続き、#バンド読んだでコメントを寄せてくださると嬉しいです!

 さらに、もう一つのビックニュースは、こちら!

 京都のライブハウスnanoで、11月25日に、クリープハイプのメンバー4人によるトークライブを開催します! 詳細は今週中にはお伝えいたしますので、もう少々お待ちください。

 ちなみに、一昨日には、TBSの「王様のブランチ」でも紹介されました!

 そして、最後に。本日の朝日新聞朝刊に、新聞広告を出稿いたしました。作家の千早茜さん、書店員の新井見枝香さんのコメントも掲載しております。ご一読いただけましたら幸いです。

1104.jpg

 いかがでしたでしょうか。この広告が本書『バンド』の新たな読者との出会いのきっかけになれば嬉しいです。お近くの書店でお手に取ってくださいませ。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • MS Live! 制作室

    「こどもとおとなのサマースクール 2020」開催のごあいさつ&チケットのご案内

    MS Live! 制作室

    今年の夏、ミシマ社は、念願のサマースクールを開講することにしました。もとをたどれば2年前、周防大島でサマースクール(プレ)をおこないました(詳しくは「ちゃぶ台」Vol.3をご覧いただければ幸いです)。とはいえ、当時は一般の方々へ開いたかたちではありませんでした。昨年は多忙を理由に断念。このままいけば、今年も「ない」まま流されていたかもしれません。が、今年はなんとしても、開催しよう。しなければいけない、と思うに至りました。

  • 「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    「ど忘れ大賞」開催!? みんなの「ど忘れ」大募集!!

    ミシマガ編集部

    昨日発売となったいとうせいこうさんの新刊『ど忘れ書道』。その刊行を記念して、「ど忘れ大賞」という前代未聞の賞を開催することになりました! 審査員長はもちろんこの方! 「忘れの天才」こと、いとうせいこうさんです!!

  • 土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    土井善晴先生×中島岳志先生「一汁一菜と利他」(1)

    ミシマガ編集部

    2020年6月20日、MSLive!にて、土井善晴先生と中島岳志先生のオンライン対談が行われました。料理研究家と政治学者、そんなお二人のあいだでどんなお話が繰り広げられるのか、一見、想像がつきづらいかと思います。ですが、自分たちの足元からの地続きの未来を考えるとき、中島先生が最近研究のテーマに据えられている『利他』と料理・食事のあいだには、大切なつながりがあることが、対話を通して明らかになっていったのでした。今回の特集では前半と後半の2回にわけて、そんなお二人のお話の一部をお届けします。

ページトップへ