パパパネル

第9回

発表!第1回パパデミー賞

2021.07.11更新

パパデミー賞発表バナー(軽).jpg

 こんにちは。ミシマガ編集部です。季節はすっかり夏ですね。とうとうこの日がやってまいりました。「パパデミー賞」結果発表!! ・・・とその前に。今日はじめてミシマガを読んだ方のために、「パパデミー賞とは?」。

パパを笑わそう!パパデミー賞2021
今年の父の日は、パパを思いっきり笑わせよう! お子さんの『パパパネル』をやってみた動画/写真を募集します。演技力で笑わせるも良し、オリジナルパネルを作ってびっくりさせるも良し・・・ミシマ社から出ている顔はめパネル『パパパネル』を使って、パパの最高の笑顔を引き出してください。(パパデミー賞告知記事より抜粋)

 そんなわけで、今年の5月から父の日にかけて約1ヶ月間、S N Sやミシマガにて、みなさまからの作品を募集していました。特別審査員は、なんと作者のtupera tuperaさん。しかもこの賞のために、金の「オスパー像」を作ってくださいました。

d576edf8d31358d44a8bb392987185cad9d2702a.jpeg

 見事大賞に輝いた方には、このオスパー像にお名前を入れて(下の方をよーく見ると、プレートに少しスペースがありますよね?)プレゼントいたします。さあ、栄光のオスパー像は誰の手に?! ミシマ社オフィスにて選考会スタート!

IMG_2838のコピー.JPG

 かわいらしい作品、笑える作品、オリジナルパネルで勝負した作品・・・どれもそれぞれの味があり、一つに決めるのが難しい! 「おお〜っ!」とか「わ〜」とか言いながら楽しく拝見しつつ、 最終的に4つの作品まで絞りました。さぁ、ここから大賞をお一人・・・と思ったのですが、せっかくなので急遽方針を変え、この時点で残った全員の方に、tupera tuperaさんから何かしらの賞をお贈りましょう、ということに。まずは特別賞の3作品をご紹介します!

パプ〜で賞

 とにかくかわいくて、みんなメロメロだったのがこちらの動画。ご投稿くださったパパさんは、昨年『パパパネル』の読者ハガキも送ってくださいました(ありがとうございました!)。

 中川「かわいい」
 ミシマ「これはかわいい」

パーフェクトマダム賞

見ているこちらも思わず笑顔になっちゃう、ビックスマイル!それぞれのパネルに合わせた表情もナイスです。なんとアカウント名に「Mishima」の文字が。

 亀山「ミシマさんのお母さんですか?」
 ミシマ「違います(笑)」

パラダイス賞

『パパパネル』の新しい遊び方発見!と一同大絶賛だったこちらのエントリー。

 中川「アイデア賞だね」
 亀山「これは天才」
 ミシマ「うまい具合にみんな合ってますねえ」

 特別賞の時点でハイレベルなパパデミー賞・・・さあ、いよいよ大賞の発表です!

最優秀パパデミー賞(大賞)

こちらの作品は応募時、パパからこんなコメントが。

 コロナ禍で太ったため毎日トレーニングをしていて娘もそれを見ているのですが、パワーアップと言った後に娘が見せる表情は、僕がトレーニング中に必死になっている表情を真似しているのだそうです。その表情の変化が注目ポイントです!

 お二人が注目していたのは、キュートなパフォーマンスもさることながら、体(目線)の向き!

 中川「パパのマネをしてるんだね」
 亀山「誰かに『パパパネルをやってる感』がいいね。やっぱ『パパパネル』なんでね。パパのほうをちゃんと見てやってる、っていうのが受賞ポイントです」

 実は今回もう一つ、おめでたい出来事がありました。大賞のパパさんに、この記事を掲載するにあたり事前に受賞の連絡をしたところ・・・なんと、その日がお子さんのお誕生日だったんです! うれしいお知らせに、ミシマガ編集部もしあわせな気持ちになりました。受賞おめでとうございます。

「第2回パパデミー賞」開催決定!

今回応募くださったみなさま、すてきな作品をありがとうございました。残念ながら受賞を逃してしまった方・・・ここでニュースです!その後tupera tuperaさんが特別にもう1体、オスパー像を作ってくださいました!! というわけで、来月8月8日 "パパの日"を記念して、「第2回パパデミー賞」を開催します。リピーターさんも大歓迎ですので、ぜひまたチャレンジしてみてくださいね。そしてこの夏も『パパパネル』でいっぱい遊んでください!

【募集期間】2021年7月11日(日)〜8月15日(日)

【応募方法】「#パパデミー賞 」をつけて、ご自身のツイッター、もしくはインスタグラムに『パパパネル』やってみた動画や写真を投稿ください。パパの反応がわかる映像や画像、コメントなども一緒にあるとなおグッド!(S N Sをやってらっしゃらない方は、下のボタンより専用フォームからご応募ください。)

応募はこちら

 ※専用フォームからご投稿いただいた写真は、結果発表以外で公開することはございません。掲載にあたっては、こちらから事前にご連絡いたします。

【結果発表】2021年8月中旬頃(予定)「みんなのミシマガジン」やミシマ社のS N Sにて発表いたします(オスパー像はミシマ社から郵送にてお届けいたします)。

★応募いただいた作品の中から「パパデミー賞」に選ばれた1名の方に、「オスパー像(tupera tuperaさん手作りのトロフィー)」をお名前入りでプレゼントいたします!!!

『パパパネル』が買える本屋さん

 『パパパネル』ミシマ社の本屋さんショップほか、全国の以下の本屋さんで購入できます。町の本屋さんを応援する意味でも、お近くにお店がある場合は、店頭でご購入いただけるとうれしいです。

ラボラトリー・ハコ(北海道)
金沢ビーンズ明文堂書店(石川)
フリッツ・アートセンター(群馬)
青山ブックセンター 本店(東京)
ACADEMIA 港北店(神奈川)
アシーネ金沢八景店(神奈川)
ジュンク堂書店 名古屋栄店(愛知)
本のがんこ堂 守山店(滋賀)
丸善 京都本店(京都)
枚方 蔦屋書店(大阪)
ブックファースト 六甲店(兵庫)
ジュンク堂書店 西宮店(兵庫)
長崎書店(熊本)
本屋と活版印刷所(熊本)

予行演習.jpg

輝くオスパー像は誰の手に?!(受賞した時をイメージして予行演習してみました↑)

パパデミー賞応募に際してご不明点・ご質問等ございましたら、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    『くらしのアナキズム』(松村圭一郎 著)「はじめに」を公開!

    ミシマガ編集部

    今月、文化人類学者の松村圭一郎さんによる、著書『くらしのアナキズム』を刊行します。ミシマ社からは、『うしろめたさの人類学』以来、4年ぶりとなる松村さんの新刊です。本日は、9月24日(金)のリアル書店先行発売に先立ち、『くらしのアナキズム』より「はじめに」を公開いたします。刊行記念イベントも予定しておりますので、ぜひご注目ください。

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 本のこぼれ話

    作者・デザイナー・編集者による、もっと知りたい人への深掘り絵本トーク

    ミシマガ編集部

    網代幸介さんによる絵本『てがみがきたな きしししし』の刊行から2カ月が経ちました。昨日(9/4)より、広島のREADEN DEATにて原画展を開催中です。本日のミシマガジンでは、この作品をより深く知ってもらうべく、『てがみがきたな きしししし』が生まれるまでのきっかけや、ブックデザインの制作秘話についてお伝えいたします。

ページトップへ