パパパネル

第1回

tupera tupera の『パパパネル』、発売が目前です!

2020.06.05更新

 こんにちは。編集チームのノザキです。みなさま、父の日の贈り物はお決まりですか? 今年の父の日は 6 月 21 日(日)、その前日にミシマ社より、とっておきの新刊を刊行します。その名も『パパパネル』。やればパパっと人気者になれる、顔はめパネルセットです。作者は、絵本やイラストレーション、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、さまざまな分野で幅広く活動するユニット tupera tupera さん。デザインは DICTOMDESIGN の竹藤智弥さん、印刷はサンエムカラーさんにお願いし、親子の最強コミュニケーションツールが誕生しました。

papapasyoei.jpg あそびかたはとっても簡単。10 枚のパネルから好きなものを選び、パネルを顔にはめて「パパ〜」、ひっくりかえして「パイナップル!」とさけぶだけ!  ただそれだけなのに、思わず笑ってしまう。一気に笑顔があふれます。このパネルでモヤモヤした空気を一刀両断!  家のなかでぜひ楽しんでいただきたいです。

営業タブチが実演している動画です。ぜひご覧ください!

代表ミシマ(2児のパパ)より

papapamishimacoment.jpg

6/6(土) 14 時〜オンラインイベント開催決定!

papaparty1-thumb-660x371-735.jpg

『パパパネル』をいち早くご覧いただくために、tupera tupera のお二人にご出演いただき、お披露目イベントを開催します。当日は、発売直前の『パパパネル』を tupera tupera が実演!  アイデアのきっかけになった出来事や、制作秘話をたっぷりとお届けします。

イベント詳細
日時:2020 年 6 月 6 日(土)14:00〜 (※イベントは約 60 分を予定しております。)
出演:亀山達矢・中川敦子 (tupera tupera)、三島邦弘・渡辺佑一(ミシマ社)
参加方法:「一冊! 取引所」の『パパパネル』ページ上にて、YouTube LIVE 配信します。
(どなたも無料でご参加できます。予約不要。)

※イベント終了後も、一冊!取引所から、アーカイブ動画をご覧いただけます!(詳しくはこちら

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

企画展「tupera tuperaのかおてん.」が開催になります!

2020年の6月10日に、東京の立川に新たにオープンするPLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)。
そのオープニングを飾るのが、tupera tuperaさんの「tupera tuperaのかおてん.」です!
こちらのミュージアムショップでも『パパパネル』を販売させていただきます。
ぜひ足を運んでみてください!

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    ミシマガ編集部

     本日より、東京・表参道の山陽堂書店さん2Fギャラリーで、益田ミリさん新刊『東京あたふた族』刊行記念の展示がスタートしました!その名も、益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展。

  • 『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマガ編集部です。生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台10 特集:母語ボゴボゴ、土っ!』が、いよいよ来月の10日(土)に、リアル書店先行発売となります!!(一般販売は12月15日)

  • 『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。 11月15日、益田ミリさんの『東京あたふた族』が公式発刊となりました!  本書は「上京物語」「東京あたふた族」「終電後」の3部構成となっており、第1章の「上京物語」には、益田ミリさんが26歳で、イラストレーターになるために大阪から上京したときのことが描かれています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

ページトップへ