パパパネル

第6回

『パパパネル』原画展開催のお知らせ

2020.07.10更新

 6月に発売となりました『パパパネル』。tupera tuperaが贈る、とっておきの親子コミュニケーションツールです。刊行からおよそ1カ月が経ち、ミシマ社にはたくさんのパパたち、ママたち、こどもたちからのパパパネル写真や動画が届いています。父の日の直前には山陰放送の「テレポート山陰」で紹介されたり、ちょうど今日放送予定の山陽放送「あれスタ」でも取り上げられるとのことで、話題と笑いの絶えない作品です。

 そんな各地で笑顔を巻き起こしている『パパパネル』の原画展の開催が、ついに決定しました! 題して「tupera tuperaとパパパネル展」。なかなか遠出が難しい夏ですが、お近くの方はぜひ『パパパネル』原画の初めての公開に足をお運びください。

0709_000.jpg

 会場は群馬県前橋市の「フリッツ・アートセンター」です。ミシマ社の本も並ぶ絵本屋さんでありつつ、パン屋、CDショップ、コーヒースタンドなどたくさんの顔を持つ素敵な「絵本みたいな場所」です(最近はさらに、井戸を掘ったり、レモンの木を植えたりしているとのこと・・・!)。フリッツ・アートセンターは今年の7月18日に35周年を迎えるのですが、まさにその日から原画展を開催していただくことになりました。

会場ではここに注目!

 今回の展示では、『パパパネル』の制作に関わった「チーム・パパパネル」(←勝手に命名)のみなさまにたくさんご協力いただいております。『パパパネル』のおもしろさを120%披露するべく、誕生秘話や、制作の裏側など、様々な角度から展示する予定です。今日はその一部をちょっとだけ、ご紹介します。まずははなんと言っても、『パパパネル』の原画!

0709_01.JPG
 パパのパネルと、裏側のパイナップル、パンダ、パン・・・の変身後のパネル、総勢20枚の原画をズラーっと展示します。tupera tuperaファンのみなさまはもうご存知かもしれませんが、実は原画を近くでよーく見てみると・・・

0709_1.JPG

 一枚の絵の中で、紙を切り貼りしていたり、色を塗ったり、細かく線を描き込んでいたり、とってもとっても手がこんでいるんです。完成したパネルとはまたひと味違った、tupera tuperaさんの手仕事を、ぜひ間近で体感ください。

 また、先日この原画展のミーティングをした際、「こんなものも持ってきました」と亀山さんがテーブルの下から出したのが・・・

0709_2.JPG


 あれっ? これって『パパパネル』・・・ではなく、なんと『パパパネル』の試作バージョン!他にもラフスケッチや、アイデアのメモ、下書きなど、たくさんの制作資料を持ってきてくださいました。これにはミシマ社メンバーも大コーフン。tupera tuperaさんの制作風景が垣間見える、スペシャルコーナーになりそうです。

 他にも、印刷担当・サンエムカラーさんから送っていただいた、『パパパネル』の色校(テスト印刷したもの)なども展示します。tupera tuperaさんの絵本といえば、やっぱり色は超大事! デザイン担当・竹藤さんや、ミシマ社編集チームも加わって、みんなで最後の最後まで入念にチェック、チェック、チェック!!! そんな制作現場の裏側も、惜しみなく紹介します。

0809_3.JPG

 もちろん、展示の最後にはお楽しみの『パパパネル』体験コーナーも計画中。『パパパネル』最高! パパって最高!! そんな展示を目指して、ただいま急ピッチで準備中です。

開催情報

tupera tuperaとパパパネル展

会期 2020年7月18日(土)- 8月30日(日)
会場 フリッツ・アートセンター / ギャラリー
住所 〒371-0036 前橋市敷島町240-28(敷島公園内)
開館時間 11:00-18:00(時短中)
休館日 火曜日(祝日の場合はその翌日)
入館料 無料
電話 027-235-8989(代表)

感染症予防について
新型コロナウィルスの感染予防のため、安全性に十分配慮しつつ、慎重に開催して参ります。ご来場の際はマスクの着用と消毒のご協力をお願い致します。開館に関する最新情報は、フリッツ・アートセンターHPをご覧ください。

開催情報の詳細はこちらをご覧ください。

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

みんなのパパパネル写真を大募集中です!

ハッシュタグ「#パパパネル」をつけて、TwitterやInstagramなどのSNSにご投稿ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

ページトップへ