パパパネル

第5回

みんなのパパパネル写真を大募集中です!

2020.06.23更新

6月に発売したtupera tuperaの『パパパネル』。現在ミシマ社では、『パパパネル』をやってみた写真(動画もOK!)を募集しています。

omotepapa.JPGurapapa.JPG

ハッシュタグ「#パパパネル」をつけて、TwitterやInstagramなどのSNSにどしどしご投稿ください(投稿いただきましたお写真を今後ミシマ社のウェブサイト等でご紹介させていただく場合は、ミシマ社の担当者より直接ご連絡させていただきます)。

陽気なパパがやっても、真面目なパパがやっても、パパの姿に思わず笑ってしまう、とっても楽しいアイテムです。みなさんからのとっておきのパパパネル写真、お待ちしています!

papapa_shoei1.jpg

パパパネル
tupera tupera さく

ISBN:9784909394392
Cコード:C8776
定価:¥1,888+税
発売日:2020.06.20


ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ダンス・イン・ザ・ファームダンス・イン・ザ・ファーム

    珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜

    中村 明珍

    『ダンス・イン・ザ・ファーム』が、いよいよ明日刊行です。本日は著者の中村明珍さんに発刊までの日々についてご寄稿いただきました。たくさんのご縁と思いが詰まったこの一冊。記事の最後にアップされている動画にもご注目ください!

  • コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    ミシマガ編集部

     2021年1月に刊行した、建築家・光嶋裕介さんによる著書『つくるをひらく』。後藤正文さん、内田樹さん、いとうせいこうさん、束芋さん、鈴木理策さん、5名の表現者とともに「つくるとはどういうことか?」を考え続けた、著者の思考の軌跡が詰まった一冊です。  本書の刊行記念トークイベントの第1弾では、『縁食論』著者の藤原辰史さんと「あいだ」のつくり方、ひらき方についてお話しいただきました。そして、第2弾となる今回は、対談ゲストとして『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんがご登場! 人新世、資本主義、気候変動といった大きな問題に対峙し、「コモン」という切り口から、新たなコミュニズムのかたちを提示する斎藤さんと、「コモン」のつくり方、ひらき方について対談した模様を、今日、明日で掲載いたします!

  • 46歳で父になった社会学者

    『46歳で父になった社会学者』感想続々&刊行記念イベントのお知らせ

    工藤 保則

    3月に刊行した『46歳で父になった社会学者』、もうすぐ発売から1カ月を迎えようとしています。連日この本へ寄せられる感想がとにかく熱く、本日はその一部をご紹介します。

ページトップへ