パパパネル

第4回

今日は父の日!! 『パパパネル』全国の書店で発売中!

2020.06.21更新

今日は父の日!! 

一昨日のこちらのページでは、tupera tuperaのお二人からの「刊行によせて」の手書きメッセージを掲載させていただきました。そして本日は、いよいよ昨日に発刊を迎えたこの『パパパネル』が全国の書店さんで展開されている様子を、営業担当のコメントとともにご紹介いたします。まわりがパーッと明るくなる贈り物としておすすめのこの『パパパネル』。オールシーズン通して楽しめるのはもちろんなのですが、今日だけは、「父の日」のプレゼントを買いにお近くの本屋さんへ足を運んでいただけると嬉しいです。

そしてぜひ、本屋さんで買ったあとは、このパパパネルで遊んだ様子を「#パパパネル」のハッシュタグとともに、お寄せくださいませ!


0621-1.pngPLAY! MUSEUM(東京都立川市)
6/10にオープンしたてのPLAY! MUSEUMさんでは、企画展「tupera tuperaのかおてん.」が開催されています。
相性ぴったりの『パパパネル』、『かおPLAY!』や『あかちゃん』と一緒に置いていただいています。tupera tuperaさんの顔だらけ!(営業 オカダ)


0621-2.pngオリオン書房 ルミネ立川店(東京都立川市)
ご近所であるPLAY! MUSEUMさんの関連コーナーにて、パネル付きで展開いただいています! パイロット→パイナップル→パイナップルというインパクトある配置・・・!(営業 オカダ)


0621-3.png
丸善 仙台アエル店(宮城県仙台市)
仙台駅に隣接するエリア切っての大型書店さん。専門書はもちろんですが、児童書も大充実なんです。(営業 イケハタ)

0621-16.png
0621-jpg
0621-18.png
青山ブックセンター 本店(東京都渋谷区)
入って一番手前のフェア棚でどーんと展開! パパパネルで、高橋さんの表情もますます男前に!(営業 イケハタ)

0621-5.pngクレヨンハウス 東京店(東京都港区)
子どもの本、おもちゃ、オーガニック食品や衣料、女性のための本など、それぞれのフロアに精通したスタッフさんがいるクレヨンハウスさん。発行されている雑誌「クーヨン」や、主催されている講座にはtupera tuperaさんが何度も登場されています。(営業 イケハタ)


0621-6.png

0621-7.png
0621-8.png
長崎書店(熊本県熊本市)
tupera tupera さんともご縁の深い長崎書店さん。パパパネル実践してくださったのは、社会書や実用書ご担当の宮川さん。
児童書担当の中山さんは、先日「一冊!ライブ!」にご登場くださいました!(営業 イケハタ)

0621-9.png未来屋書店 宮崎店(宮崎県宮崎市)
大きなイオンモールの中にある本屋さん。ショッピングにお子さんが退屈したときは、「パパパネル」でパパーっとリフレッシュ!(営業 イケハタ)


0621-10.png大垣書店ビブレ店(京都市北区)
京都の北区、北大路ビブレの4階にあるお店です。この特製パパパネルボードの裏側も楽しいことになっています。ぜひ見に行ってほしいです。店内には、ミシマ社本のコーナーもあります!(編集 ノザキ)


0621-11.jpg
金沢ビーンズ明文堂書店石川金沢市)
石川県庁前にある豆型建築の超・大型路面店。3階の児童書フロアの一角にtupera tupera さんのコーナーがあります。『パパパネル』動画も流れてますので探してみてください!(営業 ワタナベ)

0621-15.png
大垣書店イオンモール堺鉄砲町店(堺市堺区)
南海本線の七道駅すぐ、大和川沿いにあるイオンモール内の大垣書店さんです。店内入ってすぐの「話題書コーナー」に展開中!(営業 ワタナベ)

0621-13.jpg
ふたば書房御池ゼスト店(京都市中京区)
なんとショーウィンドーを使っての展開! 上に吊り下げられているこのパパパネルの顔のイラストも描いてくださいました。社長を含めスタッフのみなさんも実演してくださった動画も感激です。(こちら)(営業 タブチ)

0621-14.png
大垣書店イオンモールKYOTO店(京都市南区)
エンド台ではなんとひまわりともに。パイナップルとひまわり、そしてパパパネル。この一角だけ「パーッと」明るいオーラに包まれ、異様な輝きを版っております。(営業 タブチ)

いかがでしたでしょうか。
それぞれの遊び方で楽しんでいる様子をぜひ「#パパパネル」のハッシュタグとともに、お寄せいただけると嬉しいです。
記事を読み終わったら、本屋さんへGo!!!!!!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

企画展「tupera tuperaのかおてん.」が開催中です!

2020年の6月10日に、東京の立川に新たにオープンしたPLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)。そのオープニングを飾るのが、tupera tuperaさんの「tupera tuperaのかおてん.」です!こちらのミュージアムショップでも『パパパネル』を販売させていただきます。ぜひ足を運んでみてください!

詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • ダンス・イン・ザ・ファームダンス・イン・ザ・ファーム

    珍しい日々 〜「ダンス・イン・ザ・ファーム」刊行に寄せて〜

    中村 明珍

    『ダンス・イン・ザ・ファーム』が、いよいよ明日刊行です。本日は著者の中村明珍さんに発刊までの日々についてご寄稿いただきました。たくさんのご縁と思いが詰まったこの一冊。記事の最後にアップされている動画にもご注目ください!

  • コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    コモンのつくり方、ひらき方(1)光嶋裕介×斎藤幸平

    ミシマガ編集部

     2021年1月に刊行した、建築家・光嶋裕介さんによる著書『つくるをひらく』。後藤正文さん、内田樹さん、いとうせいこうさん、束芋さん、鈴木理策さん、5名の表現者とともに「つくるとはどういうことか?」を考え続けた、著者の思考の軌跡が詰まった一冊です。  本書の刊行記念トークイベントの第1弾では、『縁食論』著者の藤原辰史さんと「あいだ」のつくり方、ひらき方についてお話しいただきました。そして、第2弾となる今回は、対談ゲストとして『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんがご登場! 人新世、資本主義、気候変動といった大きな問題に対峙し、「コモン」という切り口から、新たなコミュニズムのかたちを提示する斎藤さんと、「コモン」のつくり方、ひらき方について対談した模様を、今日、明日で掲載いたします!

  • 46歳で父になった社会学者

    『46歳で父になった社会学者』感想続々&刊行記念イベントのお知らせ

    工藤 保則

    3月に刊行した『46歳で父になった社会学者』、もうすぐ発売から1カ月を迎えようとしています。連日この本へ寄せられる感想がとにかく熱く、本日はその一部をご紹介します。

ページトップへ