利他的であること

第4回

業力-It's automatic その4

2020.11.18更新

人間の業、仏の業

 親鸞はこの地点から「業」について考察します。親鸞の議論のポイントは、業に突き動かされているのは人間だけではなくて、仏も同じだという点です。
 まず人間の側から見ていきましょう。繰り返しになりますが、人間は自己のどうしようもなさを、阿弥陀仏の「大悲の光明」に映し出されることで気づきます。他力に照らされた衆生が、「煩悩具足の凡夫」であることを深く認識し、「罪業深重の業」に気づく。これが「機の深信」といわれるものです。反省的契機の瞬間が、同時に仏からの救済の瞬間なのです。
 一方、仏の側の業(=仏業)ですが、これは阿弥陀仏の「大願業力」と表現されます。阿弥陀仏のはたらきで、衆生を救済する他力です。
 ここで重要になるのが法蔵菩薩の存在です。法蔵菩薩というのは阿弥陀仏(=阿弥陀如来)の前身です。法蔵菩薩は長い年月、修行を積み、功徳を積み重ねた末に阿弥陀仏になったのですが、その過程で「願」を起こします。これを「四十八願」と言います。
 48個ある「願」の中で重要なのが、「十八願」です。法蔵菩薩は、たとえ自分が仏になるとしても、全ての衆生が往生することがなければ 私は仏にはならないと宣言します。そして、最終的に「四十八願」が成就し、阿弥陀仏になりました。この法蔵菩薩の請願(四十八願)のことを「大願」と言い、四十八願に基づく衆生救済の力を「大願業力」と言います。阿弥陀仏が衆生にはたらきかける仏業、つまり「他力」です。「他力」はすなわち「仏の業」なのです。
 親鸞の主著『教行信証』には、次のように記されています。

【原文】一切善悪の凡夫、生まるることを得るは、みな阿弥陀仏の大願業力に乗じて、増上縁とせざるはなきなり、と。

【現代語訳】善人悪人を問わずどのような凡夫でも、阿弥陀仏の業力に乗託する限り、必ず極楽浄土に往生することができる。

 さて、ここで疑問がわきます。なぜ阿弥陀仏の「他力」は「業」なのでしょうか。
 「業」とは、止まらないものです。仕方がないものであり、どうしようもないもの。不可抗力であり、意思を超えた存在です。つまり「オートマティック」なものです。
 宇多田ヒカルさんのヒット曲に「Automatic」があります。この曲の歌詞に、次のような一節があります。

It's automatic/側にいるだけで その目に見つめられるだけで/ドキドキ止まらない Noとは言えない/I just can't help

 あなたがそばにいて、見つめられているだけで、ドキドキが止まらない。ドキドキしたいと思っているわけでも、ドキドキしようと思っているわけでもない。どうしようもなくドキドキしてしまう。それはオートマティックなもので、意思を超えたもの。不可抗力です。
 「業」とは、It's automaticなのです。私たち衆生の業もオートマティックなものですが、仏の業もオートマティックなものです。仏は衆生を救ってしまうのです。煩悩にまみれ、悪人としてしか生きることのできない私たちを、必ず救済する。そんな「他力」は、止まらないものです。
 仏はどうしようもなく、私たちを救済してしまう。だから仏の「業」なのです。

「聖道の慈悲」と「浄土の慈悲」

 さて親鸞は、ここから「利他」の問題を考えます。すなわち「慈悲」という問題です。
 『歎異抄』には、「慈悲」が明記されています。それは「聖道の慈悲」と「浄土の慈悲」です。

【原文】
 慈悲に聖道・浄土のかわりめあり。
 聖道の慈悲というは、ものを憐れみ愛しみ育むなり。しかれども、思うがごとく助け遂ぐること、極めてありがたし。
 浄土の慈悲というは、念仏して急ぎ仏になりて、大慈大悲心をもって思うがごとく衆生を利益するをいうべきなり。
 今生に、いかにいとおし不便と思うとも、存知のごとく助け難ければ、この慈悲始終なし。しかれば念仏申すのみぞ、末徹りたる大慈悲心にて候べき、と云々。

【現代語訳】
 慈悲といっても、聖道門と浄土門では違いがある。
 聖道門の慈悲とは、他人や一切のものを憐れみ、いとおしみ、大切に守り育てることをいう。しかしながら、どんなに努めても、思うように満足に助け切ることはほとんどありえないのである。
 それに対して、浄土門で教える慈悲とは、念仏によって速やかに浄土に生まれ、仏のさとりを開き、大慈悲心を持って思う存分、生を受けた人々に恵みを与えることをいうのである。
 この世で、かわいそう、なんとかしてやりたいと、どんなに哀れんでも、心底から満足できるように助けることはできないから、聖道の慈悲は、一時的で徹底せず、いつも不満足のままで終わってしまう。
こうしたわけだから、弥陀の本願に救われ念仏する身になることのみが、徹底した大慈悲心なのである、と聖人は仰せになりました。

 「聖道の慈悲」というのは、「いいことをしよう」「いい人になろう」「かわいそうだから施しをしよう」というもので、自力の利他です。しかし、これにはどうしても限界があります。一時的で徹底しないもの(=「この慈悲始終なし」)です。
 これに対して「浄土の慈悲」は、他力の利他です。自分はどうしようもない人間で、本質的な悪から逃れることのできない存在です。そのことを認識したとき、私たちに念仏がやって来ます。私たちは他力に導かれ、死後に浄土へ行きます。そして、浄土で仏になり、仏業によって衆生を救済します。これが「浄土の慈悲」です。
 私たち衆生には、「自力」を超えた「他力」の働きかけがやってきます。私たちは、その力を受けて生きています。「他力」を受けるためには、自己が「煩悩具足の凡夫」であることを自覚しなければなりません。自分の「罪業深重の業」を認識することで、仏業を受容するのです。人間が行う利他的行為は、この他力が宿ったときに行われるものです。意志的な力(=自力)を超えてオートマティカルに行われるもの。止まらないもの。仕方がないもの。どうしようもないもの。あちら側からやってくる不可抗力なのです。

中島岳志

中島岳志
(なかじま・たけし)

1975年大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。京都大学大学院博士課程修了。北海道大学大学院准教授を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専攻は南アジア地域研究、近代日本政治思想。2005年、『中村屋のボース』で大仏次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞受賞。著書に『パール判事』『朝日平吾の憂鬱』『保守のヒント』『秋葉原事件』『「リベラル保守」宣言』『血盟団事件』『岩波茂雄』『アジア主義』『下中彌三郎』『保守と立憲』『親鸞と日本主義』『保守と大東亜戦争』、共著に『現代の超克』(若松英輔、ミシマ社)などがある。

編集部からのお知らせ

中島岳志さんと土井善晴さんの対談本『料理と利他』発刊します!

本連載の著者、中島岳志さんと、テレビや『一汁一菜でよいという提案』などの著書で知られる料理研究家の土井善晴さんの対談をもとにした書籍『料理と利他』を12月15日(火)に発刊します。おふたりが家庭料理、民藝、地球環境、直観、自然に沿うこと・・・等々、縦横無尽に語らいました。MSLive!のライブ感をそのまま詰め込んだ書籍シリーズ「MSLive! Books」の第1弾です! ご期待ください!

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

この記事のバックナンバー

11月18日
第4回 業力-It's automatic その4 中島岳志
11月08日
第4回 業力-It's automatic その3 中島岳志
10月22日
第3回 業力-It's automatic その2 中島岳志
10月07日
第2回 業力-It's automatic その1 中島岳志
09月29日
第1回 はじめに 中島岳志
ページトップへ