東京あたふた族東京あたふた族

第1回

あたふたニュース#1「展示に、フェアに、サイン本に、盛りだくさん! あたふた祭りだぁ~!!」

2022.11.03更新

 いよいよ11月10日にリアル書店先行発売(11月15日公式発売)となる益田ミリさん新刊エッセイ集『東京あたふた族』。発売に向けて、全国の書店さんで展示やフェアなどの開催が続々と決定しています! こちらの特集コーナーでは、「あたふたニュース」と題して、本書にまつわるホットな話題をお届けしてまいります。

本書について

(担当:あたふた営業I)

<あたふたニュース#1・今週のトピック>

【1】見本が届きました!
【2】先行して全国99店舗でコラボフェア開催中ですと...!?
【3】スペシャルな展示も! 準備なう!
【4】全国各地で刊行記念フェア開催!
【5】一部の店舗で益田ミリさん直筆サイン本も...!
【6】初版限定「あたふた東京タワー」写真付!

【1】見本が届きました!

では早速。 こちらです! どん!

221103_atafutashoei (1).jpg

 『今日の人生』シリーズも手掛けられたデザイナー・大島依提亜さんによる装丁。
 カバーには益田ミリさんがカバー用に描き下ろした「あたふた」なイラストたち。
 か、かわいすぎる...。

221103_siritori_atafuta.jpg

 前作エッセイ集、『しあわせしりとり』と対になる、姉妹本のような装丁。
 2冊並べるとかわいさ倍増です。

*本書の内容や、装丁・造本については、見どころが多すぎてここでは語り切れませんので、また次回。乞うご期待です!

 続きましては本屋さんでのフェア企画について。

先行して全国99店舗でコラボフェア開催中ですと...!?

 じつは新刊発売に先行して、全国のくまざわ書店グループ99店舗でコラボフェアを開催中です。

 注目は益田ミリさん描き下ろしイラストをあしらった限定ブックカバー!
 ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作(絵本を除く)をご購入の方にプレゼントです。

221103_kumabookcover.jpg

 これがまた、かわいいではないですか...(部屋に飾りたい)

 下は実際に展開中の店舗の様子(くまざわ書店 池袋店さん)

221103_kumafair.jpg

 店舗により会期が多少前後しますが、おおよそ11~12月にかけて開催中です。
 お近くの方はこの機会にぜひ*

開催店などはこちら

【3】スペシャルな展示も! 準備なう!

11/22(火)~12/3(土)、表参道の山陽堂書店さんギャラリーで刊行記念の展示が決定しました。目下、仕掛け屋チームを中心に準備中です。


展示は題して「益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展」

221103_sanyodo.JPG

 コミックエッセイだけではなく、エッセイも味わい深い益田ミリさん作品。
 その「ことば」に焦点を当てた今回の特別展では、『東京あたふた族』のみならず、『しあわせしりとり』『そう書いてあった』などエッセイ作品を中心にことばを集めました。
 そして描き下ろしのイラストもたっぷりと。

 ミリさんの作品世界をじっくりお楽しみください。

 また展示会場限定の特典として、カバーイラストをあしらったオリジナル缶バッジをプレゼント!
 こちらも見逃せません!

展示の詳細を知る

【4】全国各地で刊行記念フェア開催決定!

 全国各地の書店さんで刊行記念フェアも開催します!

221103_fairpanel.jpg

 テーマは「あたふたな日々に読みたい! 益田ミリのことば」。

 年末に向けて「あたふた」度もどんどん高まりつつあるこの頃。
(「師走」が向こうから走ってくる...)

 あたふた族と聞いて、「わたしもそう!」と思った方、多いのではないでしょうか?

 そんなときこそ、益田ミリさん作品を手にとっていただきたいです。
 エッセイはもちろん、コミックエッセイも、絵本も、あたふたハートを穏やかにしてくれることばが詰まっているのですから!!!

 そんなわけで、今回のフェアでは、ミシマ社より刊行の益田ミリさん作品の数々から、あたふたな心に効く「ことば」を集めてPOPにしました。ぜひお立ち寄りくださいませ。(11/10より順次スタート予定です)

開催店などはこちら

【5】一部の店舗で益田ミリさん直筆サイン本も...!

 フェア開催店などの一部店舗では、11/10(木)のリアル書店先行発売に合わせて、益田ミリさんの直筆サイン本も販売します。

221103_signedbook.jpg

 数に限りがありますので、手に入った方はとってもラッキー&ハッピーです!

取扱店はこちら

【6】初版限定「あたふた東京タワー」写真付!

 本屋さんへのおでかけがむずかしい方にも朗報です。
 初版本にはもれなく「あたふた東京タワー」の写真が綴じ込まれています。

 もしサイン本が手に入らなくても、もし展示やフェアの開催店に行けなくても、初版本であれば、店頭でも、通販でも、この写真が綴じ込まれています。

「そもそも『あたふた東京タワー』ってなに?」

 そう思った方は、ぜひ初版本があるうちに、本書をお求めいただけますと幸いです。

最後に

 ここまでご覧になった結果、

「いろんなところで展示やフェアをやっていて、どこで買ったらいいかわからない!」

 そう思われた方、多いと思います。
 私も同じ思いです(おいおい)。

 あたふたしながら本屋さんと盛り上がって準備を進めた結果、企画が盛りだくさんになってしまいました。

 ということで、ピンチはチャンス(!?)
 これはたくさんの作品を手にするチャンスです!

 それぞれのフェアや展示の特典は『東京あたふた族』以外のミシマ社刊行益田ミリさん書籍にも付いてまいりますので、ぜひ『東京あたふた族』をきっかけに、他のエッセイ集、コミックエッセイ、絵本などもお手にとっていただけますとうれしいです。

次回予告

 次回の『東京あたふた族』特集では、本書の装丁や中身について編集チームがお届けします。11月10日(木)リアル書店先行発売日にあわせて掲載予定です。

 読めば『東京あたふた族』が1.5倍味わい深くなる。そんな特集(になるはず)です。
(編集チームさん、よろしくお願いします!)

 それではまた次回、どうぞお楽しみに!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    『東京あたふた族』エッセイのことば展 スタート!

    ミシマガ編集部

     本日より、東京・表参道の山陽堂書店さん2Fギャラリーで、益田ミリさん新刊『東京あたふた族』刊行記念の展示がスタートしました!その名も、益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展。

  • 『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    『ちゃぶ台』10号記念!!読者もひっくり返るこの一節!!

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマガ編集部です。生活者のための総合雑誌『ちゃぶ台10 特集:母語ボゴボゴ、土っ!』が、いよいよ来月の10日(土)に、リアル書店先行発売となります!!(一般販売は12月15日)

  • 『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    『東京あたふた族』刊行記念!「私の上京物語」座談会(前編)

    ミシマガ編集部

    こんにちは。ミシマガ編集部です。 11月15日、益田ミリさんの『東京あたふた族』が公式発刊となりました!  本書は「上京物語」「東京あたふた族」「終電後」の3部構成となっており、第1章の「上京物語」には、益田ミリさんが26歳で、イラストレーターになるために大阪から上京したときのことが描かれています。

  • 『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    『ちゃぶ台』次号は10号! こんどの特集は「ボゴボゴ」!?

    ミシマガ編集部

    こんにちは、ミシマガ編集部です。現在、『ちゃぶ台9』の特集「書店、再び共有地」に、読者の方々よりたくさんのご感想のおはがきをいただくなど、大きな反響をいただいています。取材記事で登場する「共有地」の本屋さんに、「記事を読んで行ってみました」というお声もいただいていて、すごく嬉しいです。

ページトップへ