東京あたふた族東京あたふた族

第130回

2.22(ニャーニャーニャー)「ネコの日」特別企画!! 益田ミリさんの作品に登場するネコの観察図鑑をつくりました

2023.02.22更新

 こんにちは、営業チームのスガです。いよいよ2月も終わりにさしかかっています。暖かいと思ったら今週は寒い日が続いたりと、心身ともにゆったりと備えたいところです。
 そんな本日は2月22日。今年もネコの日がやってきました!

 『東京あたふた族』には、ノラ猫「マックン」が登場します。そのほかにも、『ネコリンピック』『今日のガッちゃん』をはじめ、益田ミリさんが手がけた作品には、ネコがたくさん登場します。

 本日はネコの日を記念して、ミシマ社メンバーがミリさん作品に登場するネコたちの図鑑をつくりました!
 孤高のネコ、ふてぶてしいネコ、眉毛がチャームポイントのネコ、躍動するネコ、そして「にゃーにゃー 泣いても いいんだってにゃ〜」と励ましてくれるネコ。個性たっぷりのネコたちを観察しました!

『東京あたふた族』の「マックン」

makkun_2.JPG
分類:無頼(ぶらい)目 放浪の仮面科

メモ:頭部が黒く、それが目の下あたりまで続いていて、マスクのようでかっこいい。おやつの時間に現れて、わずかばかりの小魚をもらうだけ。そんなつかずはなれずの関係を人間と築く。よくしてくれた相手のことは決して忘れないが、去り際は潔い。

(観察者:編集チーム・スミ)

『東京あたふた族』書誌ページ

『ネコリンピック』(原作:益田ミリ 画、イラスト:平澤一平)の「ネコリンピック出場選手たち」

nekorin_3.JPG
分類:みんなちがって目 みんないい科

メモ:競わず争わず、世界一のびのびとしたネコたちである。人間が忘れている大切な何かを思い出させてくれるんだにゃ~。
(観察者:営業チーム・ヤマダ)

『今日のガッちゃん』(原作:益田ミリ 画、イラスト:平澤一平)の「ガッちゃん」

gacchan_2.JPG

分類:じっとみる目 妄想科

メモ:単独行動を好み、街中に生息する。ヒトを観察するようにじっと見つめる姿がたびたび目撃されている。その際、脳の想像力を司る部位が極度に活性化していることが、近年の研究で明らかとなっている(この一連の反応は、ガッちゃん研究者の間で「妄想反射」と呼ばれる)。その想像力はホモ・サピエンスをも上回るとする研究者もいる。
(観察者:営業チーム・イケハタ)

『今日のガッちゃん』書誌ページ

『今日の人生』の「ネコちゃん」(p107に登場)

jinsei1_2.JPG

分類:ふてぶてしい目 目が据わってる科

メモ:ミリさんに「どした〜」と優しく声をかけられるも、にらみつけながらオシッコをし、砂をガシガシする。ミリさんネコの中でも最も強いふてぶてしさを持つネコである。高い警戒心によるものという説も。

(観察者:営業チーム・スガ)

『今日の人生』書誌ページ


『今日の人生2』の「マユゲネコ」(p86に登場)

jinsei2_2.JPG

分類:まゆげ目 なくてもいいけどあってもいい科

メモ:白いマユゲみたいなのをもつ住宅街の黒ネコ。ネコにとってマユゲは、カレーに添えられる福神漬けや焼きそばの紅ショウガのようななくてもあってもいい存在であるが、人間としてはあった方が心惹かれる。

(観察者:経理チーム・サトウ)

『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』書誌ページ

『わたしのじてんしゃ』(原作:益田ミリ 画、イラスト:平澤一平)で「さりげなく大活躍しているネコ」

jitensha_2.JPG

分類:第2の主役目 わたしの相棒科

メモ:森からやってきたネコ。文中で言及されていないが、「じてんしゃ」の片隅でお風呂でびしょぬれになったり、トランポリンで飛び跳ねたり、絵本の「帯」のはじっこではラーメンをすすっていたりと、作中を通してさりげなく躍動している。表紙には招き猫が描かれている『わたしのじてんしゃ』は、隠れたネコ絵本と言えよう。

(観察者:営業チーム・スガ)

jitensha_obi2.JPGラーメンをすするネコ

『わたしのじてんしゃ』書誌ページ


 益田ミリさんが描くネコたちは、みんな生き方も存在も自由で、猫たちを観察しているうちに、こちらも自然に元気をもらえました。

 お気に入りのネコはどのネコでしたでしょうか? これから突入する新生活の季節、ぜひネコたちの姿を眺めて、ネコと一緒にのんびりとする時間をもつことをおすすめします!

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

【開催中!】有隣堂×ミシマ社『東京あたふた族』発刊記念 益田ミリフェア開催!

20230124-1-2.jpg

このパネルがフェアの目印です!!

フェア概要

●開催期間:1月25日から順次スタート(1~2カ月程度開催予定)
※フェアの開始、終了時期は店舗により多少前後いたします。

●開催店舗:有隣堂22店舗(下に開催店リストがございます)
※チェーン店でも開催しない店舗もございますのでご注意ください

●購入特典:益田ミリさん描き下ろしイラストを使用したポストカード
対象書籍ご購入の方にプレゼント(書籍1冊につき1枚)※

●対象書籍:ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作9点
・エッセイ:『東京あたふた族』『しあわせしりとり』『そう書いてあった』
・コミックエッセイ:『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』
・2コマ漫画:『今日のガッちゃん』(平澤一平さんとの共作)
※横浜駅西口ジョイナス店、ルミネ横浜店、たまプラーザテラス店では、『脚本版 ほしいものはなんですか?』(「コーヒーと一冊」シリーズ)も対象書籍として展開します。

※店舗やタイミングにより、書籍や特典の在庫状況は異なります。
開催状況や在庫状況については、店舗まで直接お問い合わせください。

フェア開催店

【神奈川県】
・伊勢佐木町本店
・横浜駅西口ジョイナス店
・ルミネ横浜店
・戸塚モディ店
・東急プラザ戸塚店
・たまプラーザテラス店
・アトレ川崎店
・武蔵小杉店
・新百合ヶ丘エルミロード店
・藤沢店
・テラスモール湘南店
・厚木店
・ラスカ小田原店
・ミウィ橋本店

【東京都】
・セレオ八王子店
・グランデュオ蒲田店
・アトレ目黒店
・アトレ恵比寿店
・町田モディ店
・ららぽーと豊洲店

【千葉県】
・アトレ新浦安店
・ニッケコルトンプラザ店

フェア詳細はこちら

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 仲野徹×若林理砂 

    仲野徹×若林理砂 "ほどほどの健康"でご機嫌に暮らそう

    ミシマガ編集部

    5月刊『謎の症状――心身の不思議を東洋医学からみると?』著者の若林理砂先生と、3月刊『仲野教授の この座右の銘が効きまっせ!』著者の仲野徹先生。それぞれ医学のプロフェッショナルでありながら、アプローチをまったく異にするお二人による爆笑の対談を、復活記事としてお届けします!

  • 戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    戦争のさなかに踊ること─ヘミングウェイ『蝶々と戦車』

    下西風澄

     海の向こうで戦争が起きている。  インターネットはドローンの爆撃を手のひらに映し、避難する難民たちを羊の群れのように俯瞰する。

  • この世がでっかい競馬場すぎる

    この世がでっかい競馬場すぎる

    佐藤ゆき乃

     この世がでっかい競馬場すぎる。もう本当に早くここから出たい。  脳のキャパシティが小さい、寝つきが悪い、友だちも少ない、貧乏、口下手、花粉症、知覚過敏、さらには性格が暗いなどの理由で、自分の場合はけっこう頻繁に…

  • 新しい「普通」を一個増やす

    新しい「普通」を一個増やす

    朴東燮

    みなさま、はじめまして。朴東燮(バクドンソップ)と申します。 僕は韓国の釜山(ブサン)生まれ育ちで、いまも釜山の日光(イルグァン)という街に住んでいる、 生粋の釜山人です。

ページトップへ