東京あたふた族東京あたふた族

第8回

有隣堂×ミシマ社コラボフェア 益田ミリさんフェアを開催します!

2023.01.24更新

 こんにちは! 横浜出身の営業チームのスガです。『東京あたふた族』の発刊を記念して、書店店頭での大型企画の開催が決定しました!

 ところで、なぜ私は突然、出身地を名乗ったのでしょうか。それは、横浜市民にとってはもはや実家の一部のような本屋さんでフェアを行うことになったからです。
 横浜は伊勢佐木町に本店を構え、神奈川・東京・千葉で展開する、そしてYouTubeも話題のあの書店チェーンと、コラボフェアを開催します!

【1/25〜順次開催】有隣堂×ミシマ社『東京あたふた族』発刊記念 益田ミリフェア開催!

 今回コラボフェアを行う書店、それは有隣堂さんです!

 明日25日(水)より、有隣堂さん22店でフェアを開催します!
(お店の状況により開始時期が前後する可能性がございます)

20230124-1-2.jpg

このパネルがフェアの目印です!!

ポストカード特典

 今回のコラボフェア、ミシマ社の益田ミリさん書籍をお買い上げの方へ、益田ミリさん書き下ろしのオリジナルポストカードのプレゼントがございます!
 YouTubeのキャラクター「R.B.ブッコロー」の元になるなど、有隣堂さんとかかわりの深いフクロウのイラストが入った、今回のコラボならではのポストカードです。

20230124-4-1-2-shiro-360.jpg

20230124-4-1-3-pink-360.jpg

20230124-4-1-midori-360.jpg

全3色!(ランダムに封入しています)

 あたふたするミリさんを見守るフクロウの目の優しさに、私も癒されました!
 今回のフェア限定特典となります!

有隣堂さんで読まれ続ける益田ミリさんの作品

 有隣堂さんでは、これまでもたくさんの読者の方に、益田ミリさんの本を手に取っていただいてきました。
 フェア開催時に書籍と並べるPOPは、すべて有隣堂さんで本を手に取られた方から届いたご感想を元に制作しました。

20230124-2-2.jpg

*有隣堂で本を手に取られた読者の方からいただいたご感想*

東京あたふた族
大好きなミリさんのエッセイが発売されると知り、発売日をとても楽しみに日々すごしていました。
今回の本もいつものように温かくて笑えて、ホッとするものでした。

しあわせしりとり
あつくるしい情熱でもなく、つめたくなく、とても人肌のあたたかさを感じる、優しさをもっていると思います。
ふっと心にすきまができてさみしいときに読みました。じんわりと安心感と満ち足りた何かが心にわいてきました。

そう書いてあった
一人で「あるある」と、つぶやいていました。
「ひとり五杯」(p.39~)が、特におもしろかったです。

今日の人生
この本を読んで、無駄な今日なんてないし、嬉しい出来事も、悲しい出来事も、全部ふくめて自分の人生なんだなあと思って、強くなるための知恵をいただきました。

今日の人生2 世界がどんなに変わっても
「あるある」と、つい共感してしまい、 うれしくなり、胸があつくなり、ホロッとなり、生活がふんわり、幸せにつつまれます。明日もがんばれる! と思えてしまうんですよねー。

ほしいものはなんですか?
わたしは「タエ子さん」ですが、「ミナ子さん」になる選択も過去にはあり、やっぱりどちらを選んでも満たされない何かを抱えて生きていくのだなあ・・・と思いました。
普通の人たちの普通の日常に寄り添ってくれる益田ミリさんがすばらしいです。

みちこさん英語をやりなおす
私も英語が苦手で、でも勉強したくて・・・でも難しくて・・・と思っていましたが、本の中のみちこさんが自分のかわりに気になることをどんどん聞いてくれて、「そこだ!! ききたいのは」と、スッキリした気持ちになる本でした。

今日のガッちゃん
ガッちゃんの思いを通して、好き、 ここちよいという感情にひたる良さって、いいなと感じました。 ガッちゃんというネコの立場になって、人々の暮らしを見る、「人の想像力」は、人としてとても大切なことだと改めて感じました。


 フェアのPOPをつくるとき、読者の方からいただいたはがきを拝読しました。有隣堂で益田ミリさん作品と出会われた方から、「ホロッとした」「寄り添ってくれた」などあたたかい声を、想像以上にたくさんのご感想をいただいていることに気づき、改めて今回のフェアを開催できることをうれしく思いました。

 今回のフェアをきっかけに、最新の『東京あたふた族』にくわえて、他の作品も合わせて展開されますので、多くの出会いが生まれることを願っています。ぜひ、ミリさんの作品でじんわりとしてください!

20230124-5.jpg

フェア概要

●開催期間:1月25日から順次スタート(1~2カ月程度開催予定)
※フェアの開始、終了時期は店舗により多少前後いたします。

●開催店舗:有隣堂22店舗(下に開催店リストがございます)
※チェーン店でも開催しない店舗もございますのでご注意ください

●購入特典:益田ミリさん描き下ろしイラストを使用したポストカード
対象書籍ご購入の方にプレゼント(書籍1冊につき1枚)※

●対象書籍:ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作9点
・エッセイ:『東京あたふた族』『しあわせしりとり』『そう書いてあった』
・コミックエッセイ:『今日の人生』『今日の人生2 世界がどんなに変わっても』『ほしいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』
・2コマ漫画:『今日のガッちゃん』(平澤一平さんとの共作)
※横浜駅西口ジョイナス店、ルミネ横浜店、たまプラーザテラス店では、『脚本版 ほしいものはなんですか?』(「コーヒーと一冊」シリーズ)も対象書籍として展開します。

※店舗やタイミングにより、書籍や特典の在庫状況は異なります。
開催状況や在庫状況については、店舗まで直接お問い合わせください。

フェア開催店

【神奈川県】
・伊勢佐木町本店
・横浜駅西口ジョイナス店
・ルミネ横浜店
・戸塚モディ店
・東急プラザ戸塚店
・たまプラーザテラス店
・アトレ川崎店
・武蔵小杉店
・新百合ヶ丘エルミロード店
・藤沢店
・テラスモール湘南店
・厚木店
・ラスカ小田原店
・ミウィ橋本店

【東京都】
・セレオ八王子店
・グランデュオ蒲田店
・アトレ目黒店
・アトレ恵比寿店
・町田モディ店
・ららぽーと豊洲店

【千葉県】
・アトレ新浦安店
・ニッケコルトンプラザ店

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

池袋で『東京あたふた族』コラボカフェ&書店フェア開催中です!

52f0477e4a558ff46d6c2ba388e12b6f45c0bb7b.jpeg

東京の池袋にある e.a.gran(イー・エー・グラン)西武池袋店さんで、『東京あたふた族』コラボカフェを、そして三省堂書店 池袋本店さんではコラボフェアを開催中です!

◆会期:2022年12月1日(木)~2023年1月31日(火)

◆各店舗情報
◎三省堂書店 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館・書籍館
TEL:03-6864-8900

◎イー・エー・グラン 西武池袋店
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館地下1階
TEL:03-6812-1650

コラボカフェ&コラボフェア詳細記事

【2/1(水)〜】益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展@福岡 開催します!

20230124-6.jpg

『東京あたふた族』の刊行を記念して、
益田ミリさんの「ことば」に焦点を当てた特別展を開催。
描き下ろしのイラストもたっぷりと展示。
益田ミリさんの作品世界をじっくりお楽しみください。
今後も全国を巡回予定です。決まり次第こちらでお知らせします!

★☆★会場限定特典★☆★
ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作ご購入のみなさまに、
カバーイラストをあしらったオリジナル缶バッジをプレゼント!
(※数量限定につきなくなり次第終了)

◆会期: 2023年2月1日(水)~2月26日(日) 水~金 11:00~17:00 土日祝 11:00~18:00 月・火 定休
◆会期: ブックスキューブリック 箱崎店 2Fギャラリー
〒812-0053 福岡市東区箱崎1丁目5-14ベルニード箱崎2F (JR箱崎駅から徒歩2分)

有隣堂さんのオフィシャルYouTubeチャンネル「有隣堂しか知らない世界」
森田真生さんの『偶然の散歩』が紹介されました

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ