東京あたふた族東京あたふた族

第6回

『東京あたふた族』池袋でコラボカフェ&書店フェアスタート

2022.12.05更新

 11月15日に刊行となった益田ミリさんエッセイ集『東京あたふた族』。各地で展示やフェアなどが続々開催されておりますが、このたび池袋でカフェ&書店とのコラボが実現しました! あたふた営業イケハタがさっそく直撃してまいりました!

atafutaplants.jpg

『東京あたふた族』

いざ、e.a.gran 西武池袋店さんへ

 池袋駅構内の地下通路を抜けて西武百貨店へ。
 本館地下1階から別館への通路を抜けると・・・
 左手にコラボカフェのポスターがどーんと目に飛び込んで来ました!

1200atafutacafe.jpg

 通路左手にはコラボカフェ開催中の e.a.gran(イー・エー・グラン)西武池袋店さん。
 この右手にはコラボフェア開催中の三省堂書店 池袋本店さんがあります。

 今回、このお向かい同士のカフェと書店で、それぞれ『東京あたふた族』にちなんだオリジナルのメニューや特典をご用意しているのです・・・!

 それではさっそく、e.a.granさんでコラボメニューをいただきます!

【コラボメニュー①】あたふたカフェラテ

 寒い冬にほっとひと息といえば・・・そうカフェラテです!

1200afafutacoffee.jpg

 表紙のあたふたイラストがラテアートに。
 師走であたふたしていた気持ちも、なんだか和みます。

 そしてこのカフェラテ、見た目がかわいらしいだけでなく、風味がとっても豊か! カラメルを煮詰めたような香りの「アイリッシュフレーバー」が入っているそうで、コラボカフェとは関係なくリピートしたくなる味わい深さです。

【コラボメニュー②】ポテトサラダが食べたい!サンド

 ちょっと小腹が空いたら食べたいサンドイッチ。
『東京あたふた族』収録の「ポテトサラダが食べたい!」(p.193)からイメージを膨らませて完成したこのメニュー。溢れんばかりにポテトサラダがぎっしりです・・・!

1200atafutapotato.png

 このポテトサラダのおいしいこと。レタスシャキシャキ、ポテトほっこり、それに入っているソーセージがよくある普通のソーセージじゃない・・・ソロで食べてもおいしいやつだきっと・・・。

 じつはメニュー開発担当者さんも益田ミリさん作品をご愛読くださっているそうで、「見た目は映えるけど味はイマイチ・・・なメニューには絶対したくない!」という思いで、今回のコラボメニューもつくってくださったそう。おいしさに納得です。

【コラボメニュー③】ちょっぴり贅沢になった、思い出のホットケーキ

 そしてデザートはこちら! ホットケーキ!
 こちらは本作収録のエッセイ「ホットケーキ」(p.38)から着想を得てコラボメニューになりました。

1200atafutahotcake.jpg

 デザートといいつつ、ごはん代わりにも十分なボリューム!

 バター、メイプルシロップ、いちご、ホイップクリーム、マーマレード・・・添えてあるトッピングが多彩すぎて、どれから手をつけるか悩ましいです。

 ちなみにマーマレードは、同じく本書の収録エッセイ「マーマレードはお好き?」(p.107)から。
 乗せて食べてみると、これがホットケーキにもよく合うのです。
 柑橘の酸味がアクセントになっている気がする!

コラボメニューには特典も!

 上記コラボメニューいずれかご注文いただくと、特典のしおりがもらえます。
 裏面には『東京あたふた族』から印象的な一節が。
 全5パターン、何がもらえるかはお楽しみです。

1200atafutashiori.jpg

『東京あたふた族』から飛び出してきたようなコラボメニューたち。
 あたふたな日々にぜひ、作品とあわせてご堪能ください。

※特典はなくなり次第終了となります。
※書籍はお向かいの三省堂書店池袋本店さんで販売しております。カフェ内で展示している見本以外の書籍は、カフェへお持ち込みいただけませんのでご注意ください。

1200atafutacafeall.jpg

三省堂書店 池袋本店さんではコラボフェアを同時開催中!

 お向かいの三省堂書店 池袋本店さんAゾーンレジ横では連動してコラボフェア開催中です。

1200atafutafairtana.jpg

『東京あたふた族』はもちろん、エッセイ、コミックエッセイ、絵本・・・益田ミリさん作品はどれも、あたふたな日々にほっとひと息つかせてくれるようなことばが詰まったものばかり。印象的な一節を抜き出したPOPとともにフェア展開中です。
 年末年始の慌ただしい日々に、ぜひお手にとっていただきたいです。

1200atafutacoaster.jpg

 そしてこちらの棚で展開中の、ミシマ社より刊行の益田ミリさん著作(全13点)いずれかお求めの方には、コラボフェア限定特典の「あたふたコースター」プレゼント! あたふたしているお茶くん(仮)を眺めていると、「ちょっと落ち着こうか」とこちらが冷静になります(こぼれたら一大事)。

 カフェでしおり、本屋でコースターのおまけ付き。
 ぜひ両方お立ち寄りいただけますとうれしいです。

 毎日がんばっている自分や、大切な誰かへのプレゼントにもおすすめの『東京あたふた族』。本とカフェで、ぜひほっとひと息を。
 ご来店お待ちしております*

コラボカフェ&フェア概要

16908abdb0cce8765fab28e9c4623f01-scaled.jpg

◆会期:2022年12月1日(木)~2023年1月31日(火)

◆各店舗情報
◎三省堂書店 池袋本店
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館・書籍館
TEL:03-6864-8900

◎イー・エー・グラン 西武池袋店
〒171-8569 東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店 別館地下1階
TEL:03-6812-1650

1200sanseido_atafutafair.jpg

ミシマガ編集部
(みしまがへんしゅうぶ)

編集部からのお知らせ

東京あたふた族 エッセイのことば展@大阪

500masudamiri_kotobaten_osaka.jpg

 益田ミリさん最新刊『東京あたふた族』の刊行を記念して、益田ミリさんの「ことば」に焦点を当てた特別展を開催します。
 会場には、描き下ろしイラストもたっぷりと展示されます! 「益田ミリの世界」を、じっくりとお楽しみください。

益田ミリ『東京あたふた族』エッセイのことば展

<会期>
2022年12月16日(金)~2023年1月18日(水)
11:00~19:00/火曜、第1・第3月曜休

<会場>
「本」のお店スタントン
〒546-0043 大阪府大阪市東住吉区駒川5丁目14−13 1F
近鉄針中野駅から徒歩1分

*本展示は全国を巡回予定です!詳細はこちらをご確認ください。

*東京・山陽堂書店での展示(※終了しました)の様子をミシマガでレポートしました! こちらをご覧ください。

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ