一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

第4回

一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

2023.01.17更新

 こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。
 本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

***

 実はいま、『ここだけのごあいさつ』という本を作っています。「ここだけの」とはミシマ社サポーター制度を通してミシマ社を応援してくださっているサポーターの方々へ向けたお手紙です。5年前からミシマ社という会社のこと、またの名は生き物の歩みとその一喜一憂を月に一度、サポーターさんへ向けて記してきました。この赤裸々っぷりといったら!
 

saposhinbun.jpg

これまでのミシマ社サポーターさんへ向けたお手紙

 メンバーの起こした事件(またはプチハプニング)であったり、会社として本を出したり、イベントを行うまでの裏側など、読んでいただければ伝わると思うのですが、日々の仕事に安定、なんてことはないのだとつくづく痛感します。

 とくに昨年はミシマ社では初の新卒2人採用を行ないました。そのふたりが今この記事を書いている私オオボリと、もう一人のニシオです。今回は著者が代表・ミシマ本人ということもあり、新人ふたりが編集や営業施策といった、本がこうしてひとつの形となり、みなさま読者の方の手元に届くまでの過程に大きく携わらせていただいています。

 ミシマ社のレーベル、より濃く深く届くことを目指した「ちいさいミシマ社」から発刊するということもあり、ミシマ社がこうして日々姿形を変えながら、本作りとは、人々にとっての本とは、良い本とはと問いながら全力投球、まさに「一冊入魂」してきた過程を新人目線からドキュメンタリーレポートでお届けしていきます。

chiisai.jpg最近ちいさいミシマ社レーベルより発刊した
前田エマ『動物になる日』詩 ロビン・ロイド/絵 中川学『幸せに長生きするための今週のメニュー』那須耕介『つたなさの方へ』

***

 そして私はいま編集をメインに関わらせていただいているのですが、このお手紙たち、2018年4月から日を追って通して読み返していくと、月に一度届くお手紙とはまったく違った面白さがあります。今回で10号を迎えたミシマ社の総合雑誌『ちゃぶ台』ができるきっかけとなった話や新型コロナウイルス直下の会社として苦しい日々の話、先輩方の新人時代のお話など・・・正直、読んでいてこんなに面白い会社はないなと改めて思いました。

 私がミシマ社に出会い、魅力を感じたひとつに圧倒的面白さへの自由度があります。純粋に、ただ「面白い!」と思うことに対してその熱量のままに駆け抜ける。いまこんなにも縛りや隙あらば誰かを平気で咎めたり晒し上げる息苦しさがある世の中で、そんなシンプルなことが実は一番難しいのではないかと感じています。

 このできたてアツアツな状態で一冊の本としてみなさまに読んでいただけるように、引き続き食らいついていきますので、ぜひ楽しみにしていてください!

編集部からのお知らせ

2023年度ミシマ社サポーターを募集しています!

【募集期間】2022年12月1日(木)〜2023年3月31日(金)
【サポート期間】2023年4月1日(土)~2024年3月31日(日)

★お申し込み特典★期間中お申し込みの方全員に、非売品の特別本『ここだけのミシマ社』をプレゼントいたします。サポーターの皆様へ、代表三島が毎月、記した5年分のごあいさつにメンバーがコメントを書き加えて再編集し、一冊にします。

2023年度のサポーターの種類と特典

下記の三種類からお選びください。サポーター特典は、毎月、1年間お届けいたします(中身は月によって変わります)。

2023サポーター種類-特典一覧(right-2).jpg※特典の内容は変更になる場合もございます。ご了承くださいませ。

お申し込み方法

サポーター費のお支払いの方法によって、お申し込み方法が変わります。以下よりお選びください。

ミシマ社のウェブショップにてクレジット決済・コンビニ決済・PayPal・銀行振込 をご希望の場合

ミシマ社の本屋さんショップ(ミシマ社公式オンラインショップ)にてお申込みくださいませ。

ミシマ社の本屋さんショップ

郵便振替をご希望の場合

下のボタンから、ご登録フォームに必要事項をご記入のうえ、お手続きください。後日、ミシマ社から払込用紙をお送りいたします。

郵便振替をご希望の場合

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
E-mail:supporters@mishimasha.com
TEL:075-746-3438

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    『小さき者たちの』いよいよ発刊!!

    ミシマガ編集部

    2017年刊の『うしろめたさの人類学』と2021年刊の『くらしのアナキズム』では、エチオピアでの長年のフィールドワークをもとに、私たちが前提としている考え方の枠組みを外して、日常の暮らしを通して社会を変えていく可能性について綴られた、松村圭一郎さん。『小さき者たちの』では、初めて、生まれ育った故郷である熊本をテーマに執筆されました。「はじめに」で、松村さんは本書での試みの意図を、下記のように綴られています。

  • 一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    一冊の本ができるまで~新人全力レポート(1)

    ミシマガ編集部

     こんにちは。ミシマ社新人のオオボリです。本日よりなんと月一連載を務めさせていただくことになりました! その名も「一冊の本ができるまで~新人全力レポート」。つたないながらも新人による全力レポート、楽しんでいただけたら嬉しいです! どうぞよろしくお願いします!

  • 『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    『幸せに長生きするための今週のメニュー』刊行記念  ロビン・ロイドさん、中川学さんインタビュー

    ミシマガ編集部

    先日ちいさいミシマ社から発刊した『幸せに長生きするための今週のメニュー』。アメリカ出身の民族楽器奏者、詩人のロビン・ロイドさんと、京都のお寺の住職兼イラストレーターの中川学さんによる日英併記の詩画集です。  自然の移りかわりや、日常のささやかなよろこびを丁寧にすくい上げるロビンさんの詩と、中川さんの温かく想像力がかきたてられる鉛筆画がやさしく心に届き、折に触れて読み返したくなる一冊です。

  • 魚屋の息子

    魚屋の息子

    前田エマ

     家の近所に、同級生の家族が営んでいる魚屋がある。たまに買いに行くと、心地よい明るさのお母さんが「美容室で読んだ雑誌に、エマちゃん載ってたよ〜」と声をかけてくれる。バレーボールとかハンドボールの選手だったのかな、と思うような、快活でショートカットが似合う素敵な女性だ。私は「ありがとうございます。うれしい〜」と言って、刺身の盛り合わせをお願いしたり、南蛮漬けにするアジを捌いてもらったりして、あたたかい気持ちで家に帰る。住宅街に文字通りポツンと現れる個人商店で、駅からも遠いのに週末には長蛇の列ができる。この店の次男と私は、小中学校が同じだった。

ページトップへ