きんじよ

第40回

きんじよ 特別編

2018.06.27更新

 6月24日(日)、東急ハンズ京都店にて「いしいしんじの物語屋さん」を開催しました。当日は大にぎわいの店内でいしいさんが小説をかき、『きんじよ』に挟んでお渡し。おとなりではひとひくんが本にイラストを添えてお渡ししました。執筆中に「傘の小説を・・・」などリクエストされる方もあり、小説家と読者のあいだでその場かぎりの物語が紡がれたのでした。

 今回の「きんじよ」では、その場で生まれた小説三編を特別にご紹介いたします。イベント当日の雰囲気を味わいつつお読みください。

0627-2.jpg
0627-3.jpg
0627-4.jpg
0627-1.jpg

いしい しんじ

いしい しんじ
(いしい・しんじ)

1966年大阪生まれ。作家。現在、京都のミシマ社の「きんじよ」に在住。お酒好き。魚好き。蓄音機好き。2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年 『悪声』で第4回河合隼雄物語賞を受賞。『ぶらんこ乗り』『麦ふみクーツェ』『ポーの話』『海と山のピアノ』(以上、新潮社)『みずうみ』(河出文庫)など著作多数。

編集部からのお知らせ

『きんじよ』好評発売中です!

2018年5月22日に創刊したミシマ社の新シリーズ「手売りブックス」にて、「きんじよ」が本になりました。お気に入りの本屋さんで、ぜひお買い求めください。

kinjo_shoei.jpg

『きんじよ』いしいしんじ(ミシマ社)

【いしいしんじ×江弘毅 W刊行記念トークイベント 開催します】

■日時:2018年7月6日(金)19:00~21:00(開場18:30)
■場所:梅田蔦屋書店4thラウンジ
■参加費:1500円(税込)

■内容:
 ミシマ社の「手売りブックス」から『きんじよ』を上梓した作家・いしいしんじさんと、新刊『K氏の大阪弁ブンガク論』を6月22日発売予定の編集者、江弘毅さんに、お二人が愛する大阪とブンガクについて、お話いただきます。ともに大阪の下町で生まれ育ったお二人が語る、大阪とブンガクの魅力。

 元ミーツ・リージョナル名物編集長・江弘毅さんが長年みつめてきた大阪が生んだ街のブンガク。『ある一日』で、織田作之助賞を受賞した作家いしいしんじさんが描く愛おしい「きんじよ」。当日限定の「大阪弁ブンガク論」や、お二人の「きんじよ」についてもお楽しみに。

■お申し込み方法:
梅田蔦屋書店店頭、またはhttps://store.tsite.jp/item-detail/business/13728.htmlよりお申し込みください。

【いしいしんじ夏の『きんじよ』祭 開催決定!】

 7月14日から8月末にかけて、いしいしんじさんの「きんじよ」の本屋さんを総動員したイベントを開催します。いしいさん親子と一緒に京都の街を遊び尽くします。ぜひご参加ください。

 参加書店は以下のとおり。各書店の店内では、原画展、パネル展などお店ごとに個性的なフェアを開催します。とっておきのお土産もご用意します。また会期中はイベントも盛りだくさん! 随時お知らせしますのでおたのしみに!

イベントスケジュール

●ふたば書房ゼスト御池店
 「きんじよの描き方京都編」
  ゲスト:スケラッコさん(漫画家)
  7月14日(土)14時から・参加無料・要申込・定員20名

●ホホホ座浄土寺本店
 「夏の小説ゼミ 書き出し編」
  先生:いしいしんじ 生徒代表:山下賢二
  7月18日(水)19時から・料金1500円(ホホホ座浄土寺店1階商品券付き)

●誠光社
 「いしいさんとゆくごきんじよツアー」
  申し込み方法、詳細は後日発表します

●恵文社一乗寺店
 「『きんじよ』を食べる(仮)」
  日程、詳細は後日発表します

●丸善京都本店 
 「京都うちゅうじんトーク」
  日程、詳細は後日発表します

●京都岡崎蔦屋書店
 「いしいひとひのくねくね書道」
  日程、詳細は後日発表します

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    尾崎世界観×寄藤文平 いま、表現者であるということ(1)

    ミシマガ編集部

    2018/9/26(水)に発売されたクリープハイプの新アルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』。そのデザインを手がけた寄藤文平さんと尾崎世界観さんは、4月にミシマガで対談しています。ミシマ社とも縁の深いお二人の対談、この機にぜひお読みください。(実は、今回の新アルバムの特装版の詩集と、タワーレコード特典の豆本の編集をミシマ社がお手伝いしています!)

  • 西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    西村佳哲×ナカムラケンタ 最近〝仕事〟どう?(1)

    ミシマガ編集部

    みなさん、最近、仕事どうですか? ナカムラケンタさんの『生きるように働く』と、『いま、地方で生きるということ』の著者でもある、西村佳哲さんの『一緒に冒険をする』(弘文堂)の2冊の刊行を記念して、2018年9月18日、代官山 蔦屋書店にてトークイベントが行われました。「最近〝仕事〟どう?」をテーマに、それぞれの角度から「仕事」について考え続けてこられたお二人が、自著の話、人が働くことの根っこについて、そして「働き方改革」までを語り合いました。そんなお話の一部を、前・後編2日間連続でお届けします。どうぞ!

  • 町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    町田 康×江 弘毅 「大阪弁で書く」とはどういうことか(1)

    ミシマガ編集部

    2018年6月22日、編集者であり長年街場を見つめてきた江弘毅さんがはじめて「ブンガク」を描いた、『K氏の大阪弁ブンガク論』が刊行になりました。司馬遼太郎や山崎豊子といった国民的作家から、黒川博行、和田竜など現代作家まで縦横無尽に書きまくっている本作で、2章を割いて江さんが絶賛しているのが、作家・町田康さん。本書の刊行を記念して(そして江さんが熱望して!)、紀伊國屋書店梅田本店にておこなわれた、お二人の対談の様子をお届けします。

  • 凍った脳みそ

    特集『凍った脳みそ』後藤正文インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    『凍った脳みそ』。なんとも不思議なタイトルである。いったい何の本なのか? と題名だけ見てわかる人はかなりのゴッチファンにちがいない。ぞんぶんにお好きなように本書を楽しんでくださいませ! 実は、アジカンファンだけど「この本はどうしようかな」と思っている方や、必ずしもアジカンやゴッチのファンでもないけど音楽は好きという方や、ゴッチもアジカンも音楽もとりわけ好きなわけじゃないけど面白い本は好き! という方にも、本書はおすすめなのです。その理由の一端に迫ることができればと思い、著者の後藤正文さんに直接お話をうかがいました。

この記事のバックナンバー

11月05日
第44回 夏のじぞうぼん いしい しんじ
10月26日
第43回 せいりけん いりまへんか〜〜 いしい しんじ
08月04日
第42回 みやこじま ミヤコジマ 宮古島 いしい しんじ
07月25日
第41回 にがおえいしいしんじの いしい しんじ
06月27日
第40回 きんじよ 特別編 いしい しんじ
05月25日
第39回 2-2 3ばん 石井一日 いしい しんじ
04月12日
第38回 はじめて FLY ME TO THE MOON いしい しんじ
ページトップへ