きんじよ

第40回

きんじよ 特別編

2018.06.27更新

 6月24日(日)、東急ハンズ京都店にて「いしいしんじの物語屋さん」を開催しました。当日は大にぎわいの店内でいしいさんが小説をかき、『きんじよ』に挟んでお渡し。おとなりではひとひくんが本にイラストを添えてお渡ししました。執筆中に「傘の小説を・・・」などリクエストされる方もあり、小説家と読者のあいだでその場かぎりの物語が紡がれたのでした。

 今回の「きんじよ」では、その場で生まれた小説三編を特別にご紹介いたします。イベント当日の雰囲気を味わいつつお読みください。

0627-2.jpg
0627-3.jpg
0627-4.jpg
0627-1.jpg

いしい しんじ

いしい しんじ
(いしい・しんじ)

1966年大阪生まれ。作家。現在、京都のミシマ社の「きんじよ」に在住。お酒好き。魚好き。蓄音機好き。2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年 『悪声』で第4回河合隼雄物語賞を受賞。『ぶらんこ乗り』『麦ふみクーツェ』『ポーの話』『海と山のピアノ』(以上、新潮社)『みずうみ』(河出文庫)など著作多数。

編集部からのお知らせ

『きんじよ』好評発売中です!

2018年5月22日に創刊したミシマ社の新シリーズ「手売りブックス」にて、「きんじよ」が本になりました。お気に入りの本屋さんで、ぜひお買い求めください。

kinjo_shoei.jpg

『きんじよ』いしいしんじ(ミシマ社)

【いしいしんじ×江弘毅 W刊行記念トークイベント 開催します】

■日時:2018年7月6日(金)19:00~21:00(開場18:30)
■場所:梅田蔦屋書店4thラウンジ
■参加費:1500円(税込)

■内容:
 ミシマ社の「手売りブックス」から『きんじよ』を上梓した作家・いしいしんじさんと、新刊『K氏の大阪弁ブンガク論』を6月22日発売予定の編集者、江弘毅さんに、お二人が愛する大阪とブンガクについて、お話いただきます。ともに大阪の下町で生まれ育ったお二人が語る、大阪とブンガクの魅力。

 元ミーツ・リージョナル名物編集長・江弘毅さんが長年みつめてきた大阪が生んだ街のブンガク。『ある一日』で、織田作之助賞を受賞した作家いしいしんじさんが描く愛おしい「きんじよ」。当日限定の「大阪弁ブンガク論」や、お二人の「きんじよ」についてもお楽しみに。

■お申し込み方法:
梅田蔦屋書店店頭、またはhttps://store.tsite.jp/item-detail/business/13728.htmlよりお申し込みください。

【いしいしんじ夏の『きんじよ』祭 開催決定!】

 7月14日から8月末にかけて、いしいしんじさんの「きんじよ」の本屋さんを総動員したイベントを開催します。いしいさん親子と一緒に京都の街を遊び尽くします。ぜひご参加ください。

 参加書店は以下のとおり。各書店の店内では、原画展、パネル展などお店ごとに個性的なフェアを開催します。とっておきのお土産もご用意します。また会期中はイベントも盛りだくさん! 随時お知らせしますのでおたのしみに!

イベントスケジュール

●ふたば書房ゼスト御池店
 「きんじよの描き方京都編」
  ゲスト:スケラッコさん(漫画家)
  7月14日(土)14時から・参加無料・要申込・定員20名

●ホホホ座浄土寺本店
 「夏の小説ゼミ 書き出し編」
  先生:いしいしんじ 生徒代表:山下賢二
  7月18日(水)19時から・料金1500円(ホホホ座浄土寺店1階商品券付き)

●誠光社
 「いしいさんとゆくごきんじよツアー」
  申し込み方法、詳細は後日発表します

●恵文社一乗寺店
 「『きんじよ』を食べる(仮)」
  日程、詳細は後日発表します

●丸善京都本店 
 「京都うちゅうじんトーク」
  日程、詳細は後日発表します

●京都岡崎蔦屋書店
 「いしいひとひのくねくね書道」
  日程、詳細は後日発表します

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    『銀河鉄道の星』発刊記念対談 後藤正文×名久井直子(1)

    ミシマガ編集部

    11月22日、『銀河鉄道の星』(宮沢賢治・原作、後藤正文・編、牡丹靖佳・絵)が発売となりました。発売を記念して、この本の著者であり、12月5日にはNEW ALBUM「ホームタウン」を発表したASIAN KUNG-FU GENERATIONのボーカル&ギターを担当する後藤正文さんと、装丁を手がけてくださった名久井直子さんの対談を2日間にわたり、お送りします。昨日掲載した「あとがき」からさらに踏み込んで、後藤さんがなぜ、宮沢賢治を新訳しようと思ったのか、そして子どものころから宮沢賢治の作品に触れてきた名久井さんは、今回何を感じられたのか? たっぷりとお届けします。

  • 数学の贈り物数学の贈り物

    数学の贈り物

    森田 真生

    昨日、二年ぶりに、熊本の長崎書店で「数学ブックトーク」があった。会場の「リトルスターホール」は書店と同じビルの三階にある居心地のいい空間である。窓の外では、クスノキたちが気持ちよさそうに葉を揺らせている。大きな窓から、あたたかな春の光が差し込む。二年前と同じ場所で、同じ光に包まれながら、僕は、公演前最後の準備を進める。

  • 胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    胎児はめちゃくちゃおもしろい! ~増﨑英明先生と最相葉月さん、発刊後初対談(1)

    ミシマガ編集部

    発売から1カ月半ほど経った『胎児のはなし』、「本当におもしろかった! 知らなかったことがたくさん!」という読者のみなさまの声をたくさんいただいています。そして新聞などメディアでの紹介が続き、おかげさまで3刷大増刷中です!

  • イスラムが効く!

    『イスラムが効く!』刊行直前 内藤正典先生インタビュー(1)

    ミシマガ編集部

    今週末2019年2月23日(土)に『イスラムが効く!』が発売となります。イスラム地域研究者の内藤正典先生と、イスラム法学者でありムスリムである中田考先生による対談本。『となりのイスラム』(内藤正典著)から2年半ぶりに、ミシマ社からは2冊目のイスラムに関する本が登場です。本を書き終えた内藤先生に、とくにこれは日本人に効く!という場面を詳しく教えていただきました。2日にわたってお届けします。

この記事のバックナンバー

ページトップへ