きんじよ

第40回

きんじよ 特別編

2018.06.27更新

 6月24日(日)、東急ハンズ京都店にて「いしいしんじの物語屋さん」を開催しました。当日は大にぎわいの店内でいしいさんが小説をかき、『きんじよ』に挟んでお渡し。おとなりではひとひくんが本にイラストを添えてお渡ししました。執筆中に「傘の小説を・・・」などリクエストされる方もあり、小説家と読者のあいだでその場かぎりの物語が紡がれたのでした。

 今回の「きんじよ」では、その場で生まれた小説三編を特別にご紹介いたします。イベント当日の雰囲気を味わいつつお読みください。

0627-2.jpg
0627-3.jpg
0627-4.jpg
0627-1.jpg

いしい しんじ

いしい しんじ
(いしい・しんじ)

1966年大阪生まれ。作家。現在、京都のミシマ社の「きんじよ」に在住。お酒好き。魚好き。蓄音機好き。2012年『ある一日』で織田作之助賞、2016年 『悪声』で第4回河合隼雄物語賞を受賞。『ぶらんこ乗り』『麦ふみクーツェ』『ポーの話』『海と山のピアノ』(以上、新潮社)『みずうみ』(河出文庫)など著作多数。

編集部からのお知らせ

『きんじよ』好評発売中です!

2018年5月22日に創刊したミシマ社の新シリーズ「手売りブックス」にて、「きんじよ」が本になりました。お気に入りの本屋さんで、ぜひお買い求めください。

kinjo_shoei.jpg

『きんじよ』いしいしんじ(ミシマ社)

【いしいしんじ×江弘毅 W刊行記念トークイベント 開催します】

■日時:2018年7月6日(金)19:00~21:00(開場18:30)
■場所:梅田蔦屋書店4thラウンジ
■参加費:1500円(税込)

■内容:
 ミシマ社の「手売りブックス」から『きんじよ』を上梓した作家・いしいしんじさんと、新刊『K氏の大阪弁ブンガク論』を6月22日発売予定の編集者、江弘毅さんに、お二人が愛する大阪とブンガクについて、お話いただきます。ともに大阪の下町で生まれ育ったお二人が語る、大阪とブンガクの魅力。

 元ミーツ・リージョナル名物編集長・江弘毅さんが長年みつめてきた大阪が生んだ街のブンガク。『ある一日』で、織田作之助賞を受賞した作家いしいしんじさんが描く愛おしい「きんじよ」。当日限定の「大阪弁ブンガク論」や、お二人の「きんじよ」についてもお楽しみに。

■お申し込み方法:
梅田蔦屋書店店頭、またはhttps://store.tsite.jp/item-detail/business/13728.htmlよりお申し込みください。

【いしいしんじ夏の『きんじよ』祭 開催決定!】

 7月14日から8月末にかけて、いしいしんじさんの「きんじよ」の本屋さんを総動員したイベントを開催します。いしいさん親子と一緒に京都の街を遊び尽くします。ぜひご参加ください。

 参加書店は以下のとおり。各書店の店内では、原画展、パネル展などお店ごとに個性的なフェアを開催します。とっておきのお土産もご用意します。また会期中はイベントも盛りだくさん! 随時お知らせしますのでおたのしみに!

イベントスケジュール

●ふたば書房ゼスト御池店
 「きんじよの描き方京都編」
  ゲスト:スケラッコさん(漫画家)
  7月14日(土)14時から・参加無料・要申込・定員20名

●ホホホ座浄土寺本店
 「夏の小説ゼミ 書き出し編」
  先生:いしいしんじ 生徒代表:山下賢二
  7月18日(水)19時から・料金1500円(ホホホ座浄土寺店1階商品券付き)

●誠光社
 「いしいさんとゆくごきんじよツアー」
  申し込み方法、詳細は後日発表します

●恵文社一乗寺店
 「『きんじよ』を食べる(仮)」
  日程、詳細は後日発表します

●丸善京都本店 
 「京都うちゅうじんトーク」
  日程、詳細は後日発表します

●京都岡崎蔦屋書店
 「いしいひとひのくねくね書道」
  日程、詳細は後日発表します

おすすめの記事

編集部が厳選した、今オススメの記事をご紹介!!

  • 特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    特集『三流のすすめ』発刊記念 安田登×平川克美 対談(前編)

    ミシマガ編集部

     7月22日、平川克美さんが店主をされている隣町珈琲のブックレビュー対談に、『三流のすすめ』著者の安田登さんがゲストとして登壇されました。リアルイベントにお客としてうかがったミシマ社のホシノとイケハタが、そのあまりの面白さに、これはもっとたくさんの方に届けたい! と切望し、その一部を公開させていただくこととなりました。 中国の古典から現代の政治まで、止まることなく転がり続けた、“落ち着きがない”お二人の対話、2日間にわたってお届けします。

  • 『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    『辛口サイショーの人生案内DX』刊行記念 最相葉月さんに訊く!「人生案内」の職人技 (前編)

    ミシマガ編集部

     先日ついに『辛口サイショーの人生案内DX』が発刊しました! 多種多様なお悩みに対する最相さんの回答は、「どうやったらこんな答えを編み出せるのか?」と思ってしまうものばかり。「誰かの悩みに触れつづけると、どんな感覚になるのだろう?」という問いも湧きました。とにかく、舞台裏が気になってしかたがありません。 そこで、新人スミが最相さんご本人にインタビューさせていただきました! 「人生案内」の職人技を垣間見れば、本に収録された回答も一層おもしろく読めること間違いなし。貴重なお話の数々を、2日間にわたってお届けします!

  • あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    あの仲野徹先生による「初」のエッセイ集を刊行します

    ミシマガ編集部

    大阪大学医学部教授の仲野徹先生による、初のエッセイ集『仲野教授の 笑う門には病なし!』を刊行いたします。明日8月21日よりリアル書店先行発売ということで、担当編集による制作裏話を掲載します。

  • 安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    安田登×いとうせいこう 一流めざすの、やめません? ~「三流」頂上対談!(前編)

    ミシマガ編集部

    『三流のすすめ』の発刊を記念して、著者の安田登先生×いとうせいこうさんの対談イベントをMSLive!にて開催しました。本書でいう三流とは、多流=いろいろなことができる人のこと。さまざまな分野で活躍し、まさにトップオブ三流=多流であるお二人の対話は、どこかに飛んでいったかと思えば、いつの間にか話の核心に着地していたり、かと思えばまたすぐにどこかへ飛んでいったり、まさに三流的、怒涛の展開でした。目が離せなかった対談の模様の一部を、2回にわたってお届けします!

この記事のバックナンバー

ページトップへ